So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

10日間無料で試せる!?噂の翌朝ドッサリ茶
前の2件 | -

帯状疱疹の予防接種とは [湿疹や皮膚の病気]


■ 帯状疱疹の予防接種とは

帯状疱疹とは、ブツブツした小さな水ぶくれが帯状に広がる病気のことです。

最初の症状は、皮膚にチクチクするような痛みが起こります。それが、痛みを感じた場所にブツブツした赤い発疹ができはじめ、やがて小さな水ぶくれとなって帯状に広がります。

とくに出やすい場所は、胸から背中、腹部など。顔や手、足も現れやすい場所です。特徴的なのは、体の左右どちらか片側だけにでること。また、一度に2ヵ所以上の場所に現れることはほとんどありません。

帯状疱疹の原因は、水疱瘡(みずぼうそう)です。

正しくは、水疱瘡のウイルスのせいで発症するもので、変わっているというか、発疹のなかでは特殊な発疹といえます。その水疱瘡ですが、成人の95パーセントは大人になるまでにかかります。かかった記憶ない人でも、気が付いていない時にかかっていた……ということもよくあります。

水疱瘡が原因でウイルスに感染した後、そのウイルスが知覚神経節に潜伏してしまうことがあります。何らかの刺激によってウイルスが再活性化して、知覚神経をたどって現れるのが帯状疱疹なのです。

体の免疫が低下している時に起こりやすいと言われています。高年齢、疲労、なにか病気のときに帯状疱疹になってしまうのはそのせいです。はっきりした理由無しでも、帯状疱疹にかかることはあります。


帯状疱疹の発疹は、水疱瘡と異なります。

カラダ全体に広がることはないのですが、別の特徴があります。それは、知覚神経節に潜伏しているウイルスが、その神経の支配する皮膚知覚領域に現れるということです。皮膚知覚領域のことを皮節と呼びますが、皮節は体の左右両側に帯状に広がってます。そこに発疹が出る症状から帯状疱疹の名がついたのです。

通常、帯状疱疹の痛みは1~2週間で治まりますが、いつでもそうとは限りません。とくに高齢者の場合、ひどい痛みが数週間から数カ月も続くこともあります。痛みが3カ月以上続いた場合を、帯状疱疹後神経痛と言います。


・帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹ワクチンは、帯状疱疹を予防したり、発症軽く押さえ込むことができます。60歳以上であれば、発症率を約半分まで減少させますし、帯状疱疹後神経痛の発症率を66パーセント抑えることができるとされます。
オーストラリア政府では、2016年11月から70歳以上の人を対象にこのワクチンを無料で一般開業医に配給しています。日本では……


帯状疱疹ワクチンは弱毒化生ワクチンです。皮下注射を1回しとけば、最低5年~10年、効果が保たれます。インフルエンザや肺炎球菌ワクチンとの同時接種もできるので、ついでがあれば一緒に打ってもらうのがいいでしょう。


禁忌や副作用があるので、しっかりと医者に相談してください。
前回の帯状疱疹にかかってから1年経過してないのなら、経過してから受けてください。

nice!(3) 
共通テーマ:健康

痩せる病気と理由 [痩せ]

痩せる病気と理由


太ることを気にしている人は多いです。痩せていることを気に病んでいる人も、同じくらいいます。
痩せる原因は、日常の習慣のズレやストレス、過剰ダイエットなどが一般的ですが、「病気によって痩せる」ケースも多々あります。

体重が減少していく疾患は、食べている食事の量を思い返します。「食べている割には・・・」「あまり食べていな・・・」というところから、病気の種類がある程度わかります。


食事量が増加して体重が減少する場合
 糖尿病
 バセドウ病
 甲状腺機能亢進症
 など


食事の量が正常か低下して体重が減少する場合
 悪性腫瘍
 感染症
 腎疾患
 心疾患
 消化器疾患
 精神疾患
 甲状腺機能亢進症
 アジソン病などの内分泌系疾患



どの病気であっても、体重が減る病気に、良性のものはないようです。

食べても太らない病気の代表として、「糖尿病」「バセドウ病」を挙げていますが、どうして太らないのでしょうか。これも、カンタンに話します。


まずは「糖尿病」から。

糖尿病は、血液中のブドウ糖(血糖)が細胞に取り込まれないために、血液中にブドウ糖が溢れて血糖値が上がります。ブドウ糖は細胞のエネルギーです。そのブドウ糖が取り込まれないと細胞は飢えてしまいます。細胞は、飢えをしのぐために、脂肪や筋肉からエネルギーを得ようとします。

こうして脂肪や筋肉が減っていくので、身体が痩せていくのです。

ただ、一般の糖尿病患者は、太っているイメージがあります。実は、糖尿病で痩せていく段階は、病気が相当進んだ状態といえます。


バセドウ病

甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌されて、全身の代謝が高まる病気です。(甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われているが厳密には違う病気)。

甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が活発になります。食欲が出てくるので、たくさん食べるのですが、体重は減っていきます。また暑がりになって、全身に汗をかくようにもなります。精神が興奮して活発になるのですが、まとまりがなくて、疲れやすくなります。

これだけみると、「無駄に元気」といった印象ですが、心臓への負担が増加するという恐ろしい病気です。適切な治療をしないでいると、心不全を起こす恐れが高まっていきます。

タグ:病気 痩せる
nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の2件 | -

最近の「病気と症状」記事

  1. 帯状疱疹の予防接種とは
  2. 痩せる病気と理由
  3. うつ症状の予防と改善できる?食べる..
  4. つわりの吐き気 楽にできるか?
  5. あなたの血液が語る「死にたい気分」
  6. 子供が起きられない起立性調節障害と..
  7. よくおこる頭痛の症状と原因 偏頭痛..
  8. 子供の めまい2 種類
  9. 物忘れが増えたと感じたら? 認知症..
  10. 子供の頭痛 その4(予防法)
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法