So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

砂糖摂取5%の攻防 これって多いの少ないの? [その他の健康情報]

■ 砂糖5%って多いの少ないの?


「 摂取量は総カロリーの5%未満が望ましい 」


これは、砂糖新指針のこと。WHOってありますよね?世界保健機関のことです。そこが発表した、砂糖を減らさず健康を維持するには砂糖の摂取量の新しいガイドラインというのが、この5%という数字。

WHOでは、これまで成人の砂糖摂取量を、「1日に摂取する総カロリー量の10%未満が望ましい」と定めていました。しかし、今回のガイドラインでは下方修正。生活習慣病の予防に望ましい水準として、50%引きにあたる5%未満という厳しい数字を出してきたんです。

甘党としては、嘆くしかありません。


ところで、この5%という数字。砂糖に換算すると、どれくらいに当たると思います?
平均的な成人の場合では、約25g砂糖の量に相当します。

「 25g? 」

これじゃ、多いのか少ないのかピンときませんが。。。?
  ↓ 具体的には ↓

炭酸飲料(350ml)を1本飲んだだけでオーバーする


「 ひぇ~!! 」

わたしは、炭酸飲料を含めて、飲まない日はありません。缶コーヒーかコーラかジュースか。種類は違えど、最低1本は飲んでます。夏ともなれば、もっとです。しかも私たち日本人は、和食を作るときに砂糖をたくさん使います。25gを毎日のように守るのは厳しいのではないでしょうか・・・・?


入れたものは仕方がありません。
同じだけ外に出せばいいのです。


現代の食習慣を考えると、砂糖の摂取量を極端に減らすことは難しいです。デザートなどは特別な日にしか食べないようにしなくてはなりませんし、市販の飲料はお茶くらいしか飲めなくなります。現実的に厳しいですね。減らすことばかり考えないては、憂鬱になるので、摂取した砂糖をどうすれば消費できるかを考えるべきでしょう。

体内での砂糖・糖分の消費を増やすためには、砂糖から摂取された体内のエネルギー消費を増やします。そのためには、効果的な運動法を知ることです。運動には二つの種類があります。赤い筋肉の運動、そして、白い筋肉の運動です。


1 「赤い筋肉」を使う運動

「赤い筋肉」とは遅筋線維・赤筋のこと。この筋肉は脂質を主なエネルギー源にしています。代表的な運動はウォーキングなど。ゆっくりと身体を動かす運動です。

2 白い筋肉を使う運動

「白い筋肉」とは速筋繊維・白筋のこと。グリコーゲンをエネルギー源にして行なう運動になります。グリコーゲンの原料はブドウ糖。体内に蓄えられている元気の源です。白い筋肉を使う運動は「無酸素運動」といわれるものです。短距離走や筋トレ、スクワットなどがその代表です。


体を健康的に鍛えるには、この二つの筋肉をバランスよく鍛えます。今回のように、摂り過ぎが砂糖を消費したいときは、筋トレのような「白い筋肉」を使う運動をしてみても良いでしょう。


現代人は砂糖の摂り過ぎているということですが、裏を返せば「体を動かしていない証拠」だともいえます。きちんと運動をしている人は、炭水化物や糖類をしっかりと摂らないと体が持たないもの。たしかに、WHOの糖分摂取の規制は過剰だとも思えます。しかしそれは、自らの運動不足を招いた現代人への警告なのかもしれません。


人間は生きています。栄養バランスばかり気にするような生活はストレス以外の何者でもありません。だから、しっかりと体を動かして、ある程度、甘い物が食べられるような毎日を送りたいですね。

nice!(3) 
共通テーマ:健康

nice! 3

最近の「病気と症状」記事

  1. 原因不明の腹痛や下痢や発熱はクロー..
  2. 血液をさらさらにするには?
  3. ヒアリに刺された場合の対処
  4. お腹の右上が痛いなら、胆石症かも
  5. わかっていたつもり白内障
  6. ほうれい線などの顔のシワを即効で消..
  7. 身体が壊れるロコモとは?
  8. 恐い 子宮頸がんワクチンの副作用
  9. 子供だけじゃない 大人の喘息
  10. 食物アレルギーの死亡者は増加してる..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法