So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

大人でも発達障害が。その人の脳の特徴とは [その他の健康情報]

■ 大人でも発達障害が。その人の脳の特徴とは


一見すると、「自分勝手」とか「わがまま」にしか見えない発達障害。周囲からはなかなか理解されない傾向がある、家族にとっても負担の大きな病気です。現在では発達障害は脳機能の障害によるものと分ってきてます。子供の成長不足は、親の責任にされがちですが、しつけや教育が原因ではありません。

発達障害は、子供のころに発症するものですが、気付かないまま大人に成長していることも珍しくありません。
そんな「大人の発達障害」についてです。


発達障害には様々なケースがありますが主なものは次のとおり。

 自閉症
 高機能自閉症
 学習障害(LD)
 注意欠陥/多動性障害(ADHD)
 アスペルガー症候群

いずれの症状も、基本的には中枢神経系に何らかの要因による機能不全がある……そのように推定されています。

いまや発達障害は、子どもだけの問題ではありません。知的発達には問題のない大人であってもじつは発達障害だったということが起こってます。社会の中で生きる困難さを体験して、ようやく「自分は発達障害かもしれない」と疑いを持つケースでてきてるのです。

大人の発達障害の症状は分りにくくなってます。

人と目を合わせにくくなったり、朝寝坊しやすかったり、などは健常者にもあり得る症状です。特徴がないために、医師であっても診断が困難な場合が多く認められます。症状が薄いため、外来では症状に気づきにくいことから、明確に診断できる医師は少なくあります。うまく診断や投薬の指示がなされたときでも、一人ひとり異なる症状に対して、説明してくれるところはほとんどない現状です。「なぜそうなっているか」「どうすれば悩みが解決するか」が明確に説明されないのです。


・海馬とその周囲の発達の遅れが原因

何度同じことをやっても身に付かない。人との交流が深く発展しない。自分の感情がコントロールしにくい。すぐに一方的に怒ってしまう。周囲の環境になじめない。不器用。タイムマネジメントができない。記憶力に不安がある。自分には心当たりがないのに上司や家族から責められる……。

こんなふうに、発達障害が疑われる人の症状はさまざまです。とはいえ、その主な原因には共通点があり、脳の中にある海馬の発達の遅れ「海馬回旋遅滞症」にあると考えられます。発達障害はコミュニケーション障害に知的障害を合併することから、海馬とその周囲の成長発達に問題があるのでは? という仮説を立てられるからです。



脳のうち、記憶をつかさどる部位が「海馬」です。胎児のときから、回転しながら発達しており、右の海馬のほうが、左の海馬よりも少し速く発達することがわかっています。このとき、左の海馬の発達のスピードが右と比べて極端に遅れることがあります。この遅れが、さまざまな脳の発達障害や、性格の特徴、コミュニケーション障害などを生み出していると考えられているのです。

現在医学では、「海馬回旋遅滞症」はMRIによる脳画像で比較的簡便に診断することができるようになりました。このとき、大切なのは「今の自分の脳がどういう状態にあるのか」を知り、そのうえで、「これからどうすればいいのか」対策を立てることです。

海馬は、わずか5センチの器官です。こんなものが未発達だったとしても、周辺の脳を成長させていくことは十分可能。「海馬回旋遅滞症」をカバーすることこそが、最も有効なアプローチであるという考えがあるのです。


・海馬に直接影響を及ぼす感情系脳

脳には、1000億を超える神経細胞があります。これらはそれぞれ役割を持ってますが、同じ働きをする細胞同士で「基地」をつくっています。この基地と、そこに集まっている脳細胞を大きく次の8つに分類することができます。

1 思考系脳―― 人が何かを考えるときに深く関係する脳
2 感情系脳―― 喜怒哀楽などの感情を表現するのに関与する脳
3 伝達系脳―― コミュニケーションを通じて意思疎通を行う脳
4 理解系脳―― 与えられた情報を理解し、将来に役立てる脳
5 運動系脳―― 体を動かすこと全般に関係する脳
6 聴覚系脳―― 耳で聞いたことを脳に集積させる脳
7 視覚系脳―― 目で見たことを脳に集積させる脳
8 記憶系脳―― 情報を蓄積させ、その情報を使いこなす脳


このなかで、海馬が所属するのが8「記憶系脳」であり、この部位と密接にかかわるのが、2「感情系脳」です。「感情系脳」は、脳の側頭葉にあり、「記憶系脳」のすぐ前方に位置します。感情を大きく揺さぶられた出来事が記憶に残るように、この「感情系脳」の影響は、「記憶系脳」にダイレクトに作用します。
うれしいときはうれしい記憶が引き出され、辛いときにはツライ記憶が蘇ることがあります。これこそが、記憶を感情が密接にある証拠です。

感情のコントロールを強化すれば、海馬にプラスの影響を与えることができるのです。

「感情系脳」を鍛えるトレーニングには、感情をゆさぶるのが極意。「過去の楽しかった思い出のベスト10を挙げる」「まわりの人にその人の印象を伝える」「自分で自分をほめるノートをつける」など、少々強引であっても喜怒哀楽に結び付けて行動するのです。


・海馬が弱ったら思考系脳番地を鍛える

海馬が萎縮して正常に働かなくなれば、「記憶力」の低下がサインとし表れます。このとき、萎縮して正常に働かなくなっている海馬に対して、「これを覚えなさい」と無理な命令を出しても、効果はあまり得られません。



このときに、有効なのは思考力です。「思考系脳」を鍛えることが重要なのです。たとえば、他の人とコミュニケーションを図るなどして情報交換の機会を増やし、思考力を強化していけば、記憶力を低下させていた海馬の働きも回復していきます。

「思考系脳」を鍛えるのは他にもあります。

「1日の目標を20字以内でつくる」
「じゃんけんや囲碁、将棋などでわざと負ける」
「寝る前に必ず3つのことを記録する」

このようなトレーニングが有効は働きます。

海馬とつながったさまざまな脳番地を強化すれば、海馬の弱点をカバーできます。それだけでなく、海馬自体にもプラスの影響を及ぼすことが可能となるのです。自分の長所と短所を把握し、その周辺の脳番エリアを意識して鍛えることは、「海馬回旋遅滞症」の対処に限ったことではありません。

これらは、脳を成長させるうえで、非常に重要なポイントなのです。



タグ:発達障害
nice!(5) 
共通テーマ:健康

nice! 5

最近の「病気と症状」記事

  1. 原因不明の腹痛や下痢や発熱はクロー..
  2. 血液をさらさらにするには?
  3. ヒアリに刺された場合の対処
  4. お腹の右上が痛いなら、胆石症かも
  5. わかっていたつもり白内障
  6. ほうれい線などの顔のシワを即効で消..
  7. 身体が壊れるロコモとは?
  8. 恐い 子宮頸がんワクチンの副作用
  9. 子供だけじゃない 大人の喘息
  10. 食物アレルギーの死亡者は増加してる..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法