So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

むくみ ブログトップ

むくみについて [むくみ]

「足がむくんでクツが入らない。」

こんな経験はありませんか?

身体の一部が膨れ上がって、なんとなく重く太くなる。それが多くの人が感じている「むくみ」の症状です。具体的にはどういうものなのでしょうか?


むくみとは、医学的には浮腫(ふしゅ)と呼ばれます。血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして、手足、顔などの皮膚の下に溜まった状態のことをいうのです。誰もが経験している「むくみ」の症状は、顔と足に特に出やすいようです。

 顔のむくみ
  朝起きがけで鏡を見たとき、目や頬、顎のラインが大きめ。
 足のむくみ
  靴やブーツを履いたときなど、脚や ふくらはぎ が窮屈。


一度「むくみ」が起こってしまうと、細胞への養分の取り入れや、老廃物の排出も上手くいかなくなります。むくみが悪化しやすくなるのです。慢性化しやすいということがいえるので、気をつける必要があるのです。


このカテゴリーでは、むくみについて、調べていきたいと思います。
次回からの内容です・・・

むくみのメカニズム(仕組み)
むくみの原因
むくみ解消法

タグ:むくみ
nice!(0) 
共通テーマ:健康

むくみを解消するには [むくみ]

むくみは、年齢に無関係に起こります。でも若いうちは、それほど感じることはないはずです。20代くらいまでは、細胞が若く血行も良いものです。長い時間の同じ姿勢でむくみが発生したとしても、少しの運動で解消されてしまいます。むくみを実感する前に、解消されてしまうわかですね。

むくみを経験したことのない人はいないと思います。年齢を重ねるほどに、その実感は大きくなります。むくみは、2足歩行の動物である人間の宿命とも言えるでしょうか。

病気を原因としたむくみは、治療をしない解消できませんが、生活の中で発祥した「一時的」なものは比較的早く解消できます。


むくみは、体の様々な部位で起こります。

 下半身のむくみ(ふくらはぎ・足のむくみ)
 目のむくみなどの顔のむくみ
 手のむくみ


また、生理のむくみや、妊娠のむくみなど、女性特有のむくみというのもあります。

これらのむくみを解消するには、下半身、足、手、目(まぶた)、顔などむくみ、生理、妊娠でのむくみが出る原因やメカニズムを知ること。それに、むくみ解消法を正しく理解して実践することです。むくみの種類にもよりますが、理解して実践すれば、かんたんに解消できることも多いのです。


解消の方法は、本やテレビなどでも紹介されています。解消するためのグッズも、様々なものが販売されてもいます。足であれば、むくみ解消のストッキングや、顔であれば、むくみ解消のためのコロコロマッサージ器具など、実に様々です。生活習慣、食事の改善で、むくみが出にくくなるような身体を作りましょう。


■ むくみの解消法とむくみに効く食べ物

一時的なむくみに対する一般的解消法

1.マッサージでほぐす
2.お風呂などでよく暖める
3.一定の姿勢をとらないでこまめに体を動かす
4.顔のむくみには冷水・温水で交互に顔を洗うなど血行を改善する
5.運動をして筋肉、基礎代謝を上げる
6.食事改善でビタミン、ミネラルをきちんと取る

女性で、生理前にむくむ方には「ビタミンB6」が有効といわれています。


むくみに効果のある食べ物は、利尿作用のあるもの・カリウムを多く含むもの・ビタミンB1を多く含むものとされています。

1.利尿作用のあるウリ科の食べ物
   すいか
   きゅうり
   冬瓜など

2.カリウムを多く含む食べ物
   バナナ
   りんご
   昆布など

3.ビタミンB1を多く含む食べ物
   豚肉
   豆腐
   小豆
   かぼちゃなど


また「あずき」は、昔からむくみに効果的と言われていました。経験から伝わったことなのでしょうが、現代になって、利尿作用のあるサポニンが多く含まれていることがわかってきました。昔の人は偉いですね。


こうした方法を試しても、一向に改善しない場合は、医師に相談してみてください。

タグ:むくみ
nice!(0) 
共通テーマ:健康

むくみの原因 [むくみ]

むくみの原因


前回の仕組みに次いで、今回はむくみの原因を考えましょう。
一般的に、むくみの主な原因は次のようになります。


・塩分のとりすぎ
 液体は濃度の濃いほうに引かれていきます。インスタント食品など塩分の多いを食べ過ぎると、体内の塩分濃度が高くなります。塩分の影響で細胞の浸透現象を起こして、血管の外に水が染み出すことでむくみの原因となります。

・同じ姿勢を長時間続けること
 座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同じ姿勢を続けると、水が動かずに一定のところに溜まってしまいます。夕方の足がむくむのは、重力の影響で水が足のほうにたまってくるからです。

・冷えや血行不良など
 冷えは、血流を悪くします。筋肉の疲れやストレスなどによる筋肉の緊張は、血行不良を引き起こします。

・新陳代謝の低下
 運動が不足してくると、筋力が下がるとともに筋肉の量も低下します。そうすると基礎代謝も下がるので、新陳代謝が悪くなるという悪循環が起こします。

・ホルモンの影響
 女性の場合、ホルモン濃度の関係でむくむ人が多いくなります。時期は、生理が始まる前の一週間ぐらいといわれます

・ビタミン・ミネラルの不足
 どれが不足しても影響はあるのですが、カリウム・カルシウム・マグネシウムなどの不足は、特にむくみに影響してきます。



一般的に、女性は、男性よりも筋肉量そのものが少なくなっています。基礎代謝も少ない上に、足からの血流も心臓に戻ってきにくい身体つきをしています。そういうこともあって、男性に比べると、女性のほうが脚のむくみの訴えが多い傾向があります。

そのほかにも、心臓病、腎臓病などの病気によるむくみ。薬の影響でむくむといったことがあります。あまりにひどい場合は病院で検査することをお勧めします。


むくみの原因を大きく分けると2つに分かれます。
 それは、「一時的なもの」と、「病気が関与するもの」です。
 

 
 ほとんどの方が経験するのは、「一時的なむくみ」でしょう。原因は、1日中同じ姿勢を続ける仕事などにあります。接客やレジなどの立ち仕事が多い人や、1日中デスクに向かってパソコンに向かう仕事など、とにかく同じ姿勢を長時間続けると、むくみが起きます。

 下部に滞留した水分が、血の流れを邪魔して、酷使した筋肉が疲れや汚れた血液を心臓に戻す力が弱くなっていくという悪循環を招いているのです。 「一時的なむくみ」の解消法は比較的簡単であり、いますぐにでもできることもあります。

問題は、病気を原因としたむくみです。
むくみが症状となって現れる病気は、思いのほか多いものです。顔や下半身、足のむくみがなかなか解消されずに長引く。むくみ以外の症状がある場合は、腎臓や心臓、甲状腺の病気などが関連するかもしれません。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

むくみのメカニズム(仕組み)  [むくみ]

「 むくみのメカニズム(仕組み) 」


むくみの出る原因を、医学的に説明するとこんな感じになります。
  ↓
「体内の組織など血管の外に、余分な水分(血しょう成分)が溜まった状態」


血しょう成分とは、血液の液体部分のこと。血液が運んできた栄養分や酸素を、腎臓や肺などの組織に運ぶ働きを持っています。「血しょう成分」は、本来の役割を果たし後、血液に戻っていきます。これがうまくいかないと、余分な水分が溜まるのです。

ではなぜ、余計な水分が溜まるのでしょうか?


人間の身体には、動脈と静脈の二つの血管とリンパ管が、全身を巡るように張り巡らされています。血しょう成分は、行きと帰りでそれぞれ重要な役割を担います。

・行き>
 血液は、心臓というポンプから送り出され、動脈を通り身体の隅々まで行き渡ります。このとき、血液中の血しょう成分が、細胞間の細胞間液となり、細胞に酸素や栄養を届けるのです。

・帰り>
 細胞間液は、酸素や栄養を届けた後、細胞で使われた二酸化炭素や老廃物を回収します。そして再び、血液の「血しょう成分」となりって、静脈やリンパ管を通って心臓に戻るのです。


帰りのときに静脈の働きが悪いと、リンパに送られる細胞間液(血しょう成分)の量が増えます。

「むくみ」の仕組みは、静脈がつまったり、リンパ液がスムーズに流れないことが原因です。

細胞間液が血管に戻らず、細胞と細胞の間に残ってしまうのです。この残った「血しょう成分」は余分な水分であり、溜まってしまう状態を「むくみ」と呼んでいるのです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

むくみ対策にこんなシューズも [むくみ]



むくみについて、以前、お話したことがありました。

これです> むくみの原因と対策

むくみとは、医学的に「体内の組織など血管の外に、余分な水分(血しょう成分)が溜まった状態」のということ。血液や体液は、心臓から動脈で送られて、静脈を使って帰ってきます。その戻りが悪くなって、あちこちに水分が溜まっている状態が「むくんでいる」ということでした。

その原因となってるのは、次のような場合。

 塩分のとりすぎ
 同じ姿勢を長時間続けること
 冷えや血行不良など
 新陳代謝の低下
 ホルモンの影響
 ビタミン・ミネラルの不足

思い当たることが、あるのではないでしょうか?
一方、むくみを解消するには、運動やマッサージやお風呂など。食べ物を選ぶことで、体質的な改善も望めます。解消利尿作用のあるもの・カリウムを多く含むもの・ビタミンB1を多く含むものが、むくみに効果的と言われます。


■ できないものは、できません・・・

身体が むくむ のは、年齢的な事情に加えて、その人の生活や体質が原因だったりします。

原因に挙げた、「塩分のとりすぎ」や「ビタミン・ミネラルの不足」というのは、食生活の問題だと、誰がみてもわかります。でも、濃い味付けに慣れたひとが、薄味の食事にに満足できるでしょうか。

無理とは言いませんが、難度はかなり高いか想像します。
味付けというのは、子供の頃からの習慣。地域性もあります。
家族や知り合いの全てが、「濃い味仲間」なのは珍しことではありません。

そんな中、あなた一人だけが、薄味メニューをぽつんと食べるのは、難しいということです。
例えば、みんなでラーメン屋に入ったときに、それぞれ、思い思いの濃い味ラーメンを注文しています。

「 こってり風味噌ラーメンっ 」
「 塩バターコーンラーメンっ 」
「 味噌チャーシューラーメンっ 」
「 豚キムチ唐辛子ラーメンっ 」

その中、あなたは、

「 あっさり昔風ラーメンを・・・ 」

注文するのは勇気がいります。
あっさりが好きなら丸く収まるのですが、元々こってり好きには苦痛そのものではないでしょうか??


体の血行についても同じことがいえます。
「同じ姿勢を長時間続け」ていれば、「冷えや血行不良など」を招くわけで、やがて「新陳代謝の低下」へと悪化していきます。こうしたことは、仕事や生活の毎日のサイクルとして、ほぼ決まっている人が多い。毎日のことなので、「直す」とか「改善」ができるものではないですよね。


つまり、根本的な本気の生活改善を行わないことには、いつになっても、ムクミの原因は解消できないことになります。


■ 本気でやったとしても時間がかかる。

なんとしてでも、むくみを治したい!
マジで考えて、行動を開始しても、やはり、回復には時間はかかるものです。
むくむ場所は、顔から足まで、それぞれです。たいてい、一日のうちで、時間が遅くなるほど、むくみが進んでいきます。朝ではなく、昼や夕方に向かって、パンパンになっていくのです。

顔や腕なら、見た目の問題なので、行動にはあまり差しさわりがないかもしれません。もちろん、悩みとしては、大変な思いがあるでしょうが、とりあえず、体が動かなくなったり、歩くのがシンドいわけではないということです。

しかし、足のむくみは実害があります。

朝は、普通に出勤できても、午後を回って、帰りになる頃には、足がパンパンで、靴がきつくなってます。
こうした場合の対策としては、別の靴を用意することができます。出社と退社で、サイズの異なる別の靴を履くわけです。

片一方のの靴を、いつも持ち歩くことになりますが、運動のひとつと割り切れば、悪い方法ではありません。


しかし、これがいつまで続くのかが、問題です。
勤務体系が、月~金曜日の出勤の会社なら?

1週間で、むくみが解消できれば、持ち歩くのはほんの5日間。
1月なら、20日間です。
2月かかれば、40日。
6月かかれば、120日。。。。


常識で判断すれば、たった1週間で体質が変化するとは考えにくいもの。
それが可能なら、ダイエットだって、みんなカンタンに成功しているはずです。

根拠はないのですが、個人的には、最低ひと月はかかると踏んでいます。ちなみに、皮膚の入れ替わりは28日。筋肉の細胞は1ヶ月で約60%入れ替わるそうですが、細胞によっては200日かかるとか。

痛みを我慢して、靴を履き続けるか。
靴の荷物を毎日持ち歩くか。

どちらかを、選ばなくてはいけません。


■ むくみ専用の靴があります。


痛いとか、きついとか。
悩んでいるなら、専用の靴を履くってのはどうでしょう?

むくみや腫れ対応した靴なので、足への負担が無く楽に履くことができます
ちょっと、デザインは野暮ったいかもしれませんが、しんどい思いが無くなるのですから。









このサイトは、リハビリ用のシューズを扱っています。
見た目が「アレ」なモノが多いので、通勤に適したデザインは少ないです。

気兼ねのないオフィスの中や、社内なら、わりとオススメできます


安全で快適な歩行をサポートする、介護靴、リハビリ靴(リハビリシューズ)の「ケアシューズあゆみ」

nice!(1) 
共通テーマ:健康
むくみ ブログトップ

最近の「病気と症状」記事

  1. 子宮筋腫ってどんな病気?
  2. 肌荒れや便秘の原因は、善玉菌の減少..
  3. 便に血が混じっているとき!
  4. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  5. 何度もできる、甘いカラダのチェック
  6. 加齢臭について
  7. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  8. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  9. ■ かかとが痛い症状と考えられる病..
  10. ダニよけ対策は住居全体で。アロマも..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法