So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

鼻血の原因と出血のしかた [鼻血]

鼻血って、何デスカ?


子供のころ、よく鼻血を出したものです。サッカーボールが顔に当たったり。友達と走り回って、お互いぶつかったり。プールに飛び込んだ勢いで、鼻血が出たこともあります。

おとなになっても、鼻血は出ます。寝苦しい真夏の夜にのぼせたり。ムズムズした鼻の中をいじり過ぎたり。ちょっとしたことで、カンタンに出血するのが鼻血であり、日常生活において様々なシーンで発症します。

鼻血は、深刻な問題を含むような原因がないので、ほとんどの場合は心配するに及びません。でも中には、危険信号を含んでいる鼻血もあります。あまりに珍しくないことから、重大かどうかの見極めが難しいのが、鼻血の欠点といえます。

ここで改めて正しい知識を覚えて、鼻血について、対処できるようにしておくようにしましょう


● 鼻血の症状

あらためて確認しましょう。鼻血とは、なんらかの原因で鼻から出血を伴う病気です。大半の鼻血は深刻な問題ではなく、数分で出血が止まってしまいます。誰もが、一度くらいは経験したことのある病気と言えるでしょう。

大人と比較すると、子供のほうが鼻血のでるケースが多いようです。とくに多い年齢期は3~8歳。何度もおきるため心配になることもあるでしょう。子供が鼻血を出したら、慌てず止血を行います。


● 鼻血の原因

 鼻血の多くは、鼻腔の中になんらかの原因があり起こる場合が多いですが、なかには、全身的な病気と原因とするケースもあります。鼻血を起こす鼻腔のなかの原因による鼻血は大きく分けて下記のとおりです。


・キーゼルバッハ部位損傷による鼻血

 左右の鼻の孔を仕切っている鼻中隔の前部が傷ついておこることが最も多くなります。は鼻の穴の入り口にある柔らかい部分のことで「キーゼルバッハ部位」といいます。ここが、なんらかの原因で傷つくと鼻血が出てしまいます。鼻血の約8割の原因がこれです。

鼻かぜやアレルギー性鼻炎をおこしているときは、鼻の粘膜が充血し、加えて強く鼻をかんだり、直接指で触ったりすることでもこの部位が傷つきやすくなります。また、日ごろから鼻の孔に指を入れる癖のある子どもは、だいたいこの部位に傷ができています。

キーゼルバッハ部位は血管が多くいうえに、脆い場所です。鼻の中を直接触るだけでも損傷します。ただし、出血量は少なめです。


 >主な原因
  鼻の中を直接触る
  刺激の強い食べ物
  のぼせる
  興奮する
  外部からの衝撃


・鼻咽腔粘膜炎症による鼻血

 鼻の奥にある粘膜が炎症を起こし動脈が傷ついてまうことで鼻血がでてしまうケースです。この粘膜は、咽頭上部の鼻咽腔にあります。主に、血管が細く弱っている高年齢層の鼻血の原因として多く見らけます。加齢による潜在的な、高血圧や動脈硬化などが原因です。動脈の損傷による鼻血なので、出血量は多く、口からも出てくることもあります。それで「キーゼルバッハ部位の損傷による鼻血」と見分けられます。


・鼻腔ガンによる鼻血

 鼻腔にガンが発生したことによる鼻血です。鼻水の処理をしたときに、血が混じったりしますが、その状態が長期間継続します。


・大気汚染による鼻血

 光化学スモッグといった汚染物質の多い地域にあっては、多くの人が鼻血になりやすいようで。汚染物質による、鼻粘膜の損傷が原因だと考えられます。


・全身的な病気による鼻血

 鼻腔以外の部位を原因とする鼻血です。全身の至る所で出血が起こりやすい血友病、血小板減少症といった血液の病気、血管が衰弱する動脈硬化症・高血圧症・糖尿病が一般的です。



● 鼻血の止血方法(キーゼルバッハ部位損傷)


子供の場合

1 横にさせず座らせる
   頭を上げると鼻血が喉に達するので、正面を向いた普通の姿勢にさせる。

2 鼻を押さえる
   鼻血が出ている方の鼻を指で押さえて、冷やしたタオルで鼻の付け根を冷やす。鼻血が止まるまでそのままの姿勢にする。


このまま、5~10分ほどすれば鼻血は止まります。鼻血が止まったら、無理な運動をさせず、暑い太陽の下で遊ばないように注意します。


大人の場合

1 何かに寄りかかるようにして顔を上向きに向かせる
   大人の場合は血が多少喉に達しても問題ありません。

2 鼻に栓を詰める
   適度な大きさの綿で“栓”を作る。栓の先にクリームを塗って鼻に詰める。数分ほどで鼻血は止まるが、30分ほどは栓を抜かいないよう。慌てて抜いてまうと血の塊がはがれて、再び出血する可能性がある。


止血がうまくいかなくて、鼻血がなかなか止まらない時は耳鼻科に行き治療を受ける必要があります。薬の服用で止血を行う場合もあります。止血を行っても定期的に鼻血が出る場合は、しっかりと診断を受け原因を探りましょう。

とくに子供の場合、多くの原因が考えられます。

 慢性副鼻腔炎
 鼻中隔湾曲
 アレルギー性鼻炎
 ほか。。



子供の場合は、キーゼルバッハ部位損傷がほとんどですので、あまり心配はないでしょう。大人であってもすぐに止まるようなら大丈夫です。もしも、出血のしかたに異常を感じたなら、お医者に診てもらうことをオススメします。

タグ:原因 鼻血
nice!(0) 
共通テーマ:健康

最近の「病気と症状」記事

  1. 膣の病気と症状
  2. 呼吸器からの疾患
  3. うつ病の原因とタイプ
  4. 甘酸っぱい臭いの病気
  5. あなたはもう「うつ病」だった? 大..
  6. 子供の めまい2 種類
  7. 肩甲骨はがしとは、しかも寝たまま?
  8. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  9. 子供の めまい3 まとめ
  10. 禁煙と胃のむかつきの関係が明らかに..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法