So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

メガネブランドランキング

痩せる病気と理由 6 [痩せ]

■ 痩せる病気と理由 6


人間、痩せるよりも太るほうに敏感です。
とくに女性は、美しさの追求に余念がありませんからね。

 細身=キレイ  という現代方程式を信じて、痩身に邁進する傾向があります

しかし、この方程式は現代みに通用するもの。時代によっては、カンタンに崩れます。
実際、中世においては、日本でも西洋でも、「ぽっちゃり」が美しさのバロメータだったことがあります。

市井では、日々、食べることに不足していた時代ですからね。健康に太っていることは、裕福の証でもあったわけです。そして裕福な女性は着ている物だってゴージャス!!!

 ぽっちゃり = きれい

こういう方程式が成立していたことは、カンタンに想像できます。


「昔の話でしょ? 今は通用しないし」

そういう意見もありますが、そうとも限りません。
キレイをリードしているのは、ファッションの世界です。

で、ファッションをリードする国といえば、おフランス。

このほど、そのフランスでは、行き過ぎたダイエットを止めさせるために、ファッションショーに体重規制を取り入れると言います。

ガリガリな痩せすぎは、女性の健康を疎外しますからね。ホルモンバランスや生理不順を抱えた不健康なモデルが、世界のファッションをリードするのは、どこか歪んでいるというわけです。

この規制に反対する人はもちろん、います。

「自由なデザインを発表する自由を奪う物だ!」

それも当然の権利ですが、行き過ぎたガリガリさんが拒食症などの不健康を助長しているのは、潜在的な事実でしょう。



話しが偉く脱線しました。
痩せていく病気のラストで、今回は「内分泌疾患」で、要はホルモン異常による痩せ症です。

内分泌疾患は大きく3つに分類されます。

ホルモンが過剰(甲状腺機能亢進症など)
ホルモンが不足(甲状腺機能低下症など)
ホルモンは正常だけど内分泌臓器に腫瘍がある(脳下垂体、甲状腺、副腎など)

ほかの病気とかなり被るところがあるので、掘り下げません。また、必ずしも痩せるとも限りません。病気の種類にもよるのですが、多くても少なくても影響は大きいとだけ言っておきます。


低カリウム血症 バセドウ病 下垂体炎 甲状腺機能低下症 栄養失調・るいそう
リンパ管腫 ターナー症候群 ビタミンB2欠乏症 悪性リンパ腫/ホジキン リンパ腫/非ホジキン リンパ腫ニコチン酸欠乏症/ナイアシン欠乏症/ペラグラ 多発性内分泌腺腫症 インスリノーマ/インスリン産生膵島細胞腫 思春期早発症 ビタミンA過剰症 亜急性甲状腺炎 慢性甲状腺炎/橋本病 ビタミンA欠乏症 ビタミンD欠乏症 先端巨大症 ビタミンE欠乏症 ビタミンD過剰症 抗利尿 ホルモン分泌異常症/SIADH 無月経/乳汁分泌症 候群甲状腺腫瘍 骨形成不全症 特発性浮腫 甲状腺疾患 副腎性器症候群/先天性副腎過形成 下垂体前葉機能低下症 性腺機能低下症 副甲状腺機能低下症 ビタミンB1欠乏症 アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症 無痛性甲状腺炎 ビタミンK欠乏症 ビタミンC欠乏症/壊血病 褐色細胞 腫原発性アルドステロン症 成長ホルモン分泌不全性低身長症/下垂体性小人症 尿崩症 性分化異常 クッシング症候群


これだけあります。参考までに。


ちなみに、クッシング症候群は、コルチゾールという副腎皮質ホルモンの過剰生成です。
症状としては、腹部は太り、手足が細くなるという特徴があります。

そのほか、顔はむくんでニキビが目立ち、赤らみ、皮膚が薄く柔らかい状態となり、皮下の毛細血管が透けて見えることもあります。皮下出血しやすくなるので、アザもできやすく、太ももや腹部には、赤紫色の亀裂が生じることもあります。

痩せるというよりも、体型そのもののバランスが悪くなるのです。
予防も治療法も確立されてません。感染症にも弱くなるので、出歩くことさえ危険です。

タグ:病気 痩せる
nice!(5) 
共通テーマ:健康

痩せる病気と理由 5 [痩せ]

■ 痩せる病気と理由 5


望まないのに痩せてしまう原因はイロイロ。
今回は「甲状腺機能亢進症」についてです。


甲状腺は、首の辺りにある内分泌器官です。甲状腺ホルモン、カルシトニンなどのホルモンを分泌しています。

甲状腺機能亢進症というのは、甲状腺内の組織が異常に活発になって、甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になる病気です。この甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝を調節に重要です。細胞レベルで非常に大切なので、分泌量が多過ぎても少なすぎても、体のあらゆる組織に影響を及ぼします。

甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンが過剰になるので、細胞レベルで活動が活発になります。アドレナリンが分泌されているのと一緒で、常に興奮状態になっているのです。交感神経が刺激されるので、常に動悸がおこり、緊張したときの症状に似てます。自律神経失調症やパニック障害と間違がわれれたりします。


・主な症状

 まず、心臓の活動が上がるので頻脈(つまり動悸がする)になります。エネルギーの消費が進むので、食事量が増える一方で、体重減少がおこります。エネルギーの摂取が追いつかなくなるのです。喉が渇くために飲多になり尿量も増えます。
 
 ほかにも・・・

 発汗、高血糖などやめまい、抜け毛、鬱、不安感、イライラ、震え、暑さに耐えられない
 などの症状がおこります。
 
 場合によっては、不整脈(心房細動)、息切れ、性欲不振、吐き気、嘔吐、下痢などをともなうこともああります。

 また、ムダにエネルギーをする弊害から、治療をしないまま長期間放置していると、骨粗鬆症の原因となることもあります。いっぽうで、高齢者の場合にはそうした症状が見られないこともあるのは不思議です。


・甲状腺機能亢進症をおこす主な病気

 プランマー病(過機能結節)
 これも、甲状腺の働きすぎによって起こる病気です。甲状腺にできたしこり(結節)が、甲状腺ホルモンを過剰に分泌する状態のことです。
 
 無痛性甲状腺炎
 甲状腺が何らかの原因で破壊されて、甲状腺内に蓄えられていた甲状腺ホルモンが血液中に漏れて甲状腺中毒症を引き起こします。
 
 甲状腺中毒症
 甲状腺ホルモンを含んだものを摂取した結果におこる症状。体内に甲状腺ホルモンが増えてしまうせいで、体重減少、全身倦怠感、手のふるえ、動悸、息切れ、脈が速くなる、暑さに弱くなる・・・といった症状がでます。


事例としては少ないのですが、ほかにも次のような病気が、甲状腺機能亢進症を起してしまうことがあります。

 TSH(甲状腺刺激ホルモン)産生腫瘍
 妊娠甲状腺中毒症
 卵巣甲状腺腫
 甲状腺ホルモン不応症


女性が理由もなしに、食欲が旺盛になり急激に痩せるようなら「甲状腺機能亢進症」が疑われます。

nice!(5) 
共通テーマ:健康

痩せる病気と理由 4 [痩せ]

■ 痩せる病気と理由 4


望まないのに痩せてしまう原因はイロイロですが、中でも怖いのが「精神疾患」です。

精神と言ってしまうと、「特殊な心の病気でなないか」という固定概念がありますが、「ストレス」と言い換えてもいいとも思います。ストレスから太ってしまう人もいますが、重いストレスを抱えることで身体がやせてしまうこともあるのです。


緊張や不安などの精神的ストレスは交感神経を興奮させます。この状態が続けば、消化吸収の役割を果たさなければならない副交感神経の働きが抑制されてしまって、食欲に影響が出てきます。食べたい気分ではなくなる。食べようとする意欲が薄くなって、痩せるのです。

食欲が無くなるだけではありません。

胃炎や胃潰瘍、下痢などの症状が出やすくなり、消化吸収にも影響を及ぼします。こうしたことから、複合的に体重が減少し、痩せることに繋がるのです。

実際、痩せ症のほとんどはストレス反応から起こります。つまり、ストレスからの身体反応を受けて、心を含めて消化器系に影響を及ぼすというわけです。


ストレスを発端とした食欲不振も、程度が軽ければ短期間に復活します。
人は、意外としぶとく長い期間思い悩むのが不得意なのです。

ところが、なかなか復活しない食欲不振は、やがて精神疾患になり次のような病気へと格上げされてしまいます。

 神経性食欲不振症
   摂食障害 神経性無食欲症
   神経性食思不振症 思春期痩せ症
   アノレクシア・ネルヴォ―ザ


ストレスを払拭するには、早い段階で、気持ちの切り替えか行動による強制終了を行い必用があります。
病気になる前に、一歩踏み出したいものです。

nice!(4) 
共通テーマ:健康

痩せる病気と理由 3 [痩せ]

■ 痩せる病気と理由 3


病気になれば必ず痩せる・・・というのは、少量事情の悪かった時代の話。いまや、太っていても病気になる時代です。でもやはり痩せるて見える体は、いかにも悪い病気にかかったように見えてしまいます。

そんなわけで、今回は、「消化器疾患」についてです


人間は、食べた栄養で身体を作っていきます。食べたものを消化できなければ、自然と痩せていくわけです。

よって、食べたものを消化する「消化器」に、なんらかの病気を抱えてしまえば最悪です。食べた物の消化うまくいなかくなったり、そもそも食べ物を受け付けない症状に陥ります。消化器疾患による食欲低下と吸収不良により体重が減少します。痩せるというより「やせ細る」という体になるのです。

下痢と便秘の繰り返しがある場合には「大腸ガン」が得られます。また、みぞおちの痛みや背中の痛みが現れる場合には「胃がん」や「すい臓がん」が疑われます。痩せる疾患の代表は「消化器疾」ですが、必ずしも、専売ではありません。患消化器以外の悪性腫瘍でも体重減少が生じることがあるからです。

・痩せたときに疑われる病気

  大腸がん
  胃がん
  すい臓がん

どれもこれも、摂取した食料の消化を疎外する病気です。
可能性があるならば、早い段階で病院で検査を受け、真実を確かめてください。

タグ:病気 ガン yaseru
nice!(5) 
共通テーマ:健康

痩せる病気と理由 2 [痩せ]

■ 痩せる病気と理由 2

このテーマでの投稿は久しぶりですね(正直忘れてました)。


早速ですが、「痩せていく病気」には、食事の摂り方でタイプがありました。
前回は「食べる量が増えて」痩せるタイプ。
久々となる今回は、「食事の量が正常か低下」して痩せていくタイプです。


■ 食事の量が正常か低下して体重が減少する場合

 再び同じ病気項目を並べます。順を追って説明していきますね。

 悪性腫瘍
 感染症
 腎疾患
 心疾患
 消化器疾患
 精神疾患
 甲状腺機能亢進症
 アジソン病などの内分泌系疾患



・悪性腫瘍とは

遺伝子変異により、自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のうちで、周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍のこと。ほとんどの場合、そのまま放っておくと全身に転移して死に至らしめます。 いわゆる「ガン」のことです。

治療法がいろいろ確立されているので、早期発見で解決できることが多いです。さらに日々研究が進んでいってます。


・感染症

 細菌やウィルスが体内に入り込むことで発症する病気。風邪やインフルエンザが代表格。いつの間にか治ってしまう軽微なものから、治療法が確立していない重大な病気まで、感染症は幅が広い病気です。風邪で寝込んが状態を思い浮かべるとわかるでしょうが、高熱や下痢などで、食べる気力さえ湧かなくなることもあります。最低でも水分は口にしてください。

・腎疾患

腎臓に起こる病気全般のこと。腎臓は、血液をろ過して、尿をつくって老廃物とともに体から排泄するたいせつな役割を持ってます。腎臓の炎症が悪化すると、全身に毒素がまわって危険な状態になります。

腎疾患には、急性腎炎、慢性腎炎、腎盂炎、ネフローゼ症候群、腎不全・尿毒症などがあります。腎疾患になると、むくみや倦怠感をともないます。

・心疾患

心臓の病気の総称で、代表は狭心症と心筋梗塞です。
私たちの心臓は、1日にすると約10万回も鼓動して、血液を全身に送り出しています。このハードな運動を行っているのが、心臓の筋肉(心筋)です。心筋に酸素や栄養を供給しているのが冠動脈です。冠動脈に動脈硬化などが起こると、血液の通り道が狭くなったり、ときには血栓ができてつまってしまうことがあります。

血液を送っている心臓が病気になれば、身体のいたるところに血液が足りなくなります。それは胃腸についても同じです。消化器官も弱ってくるために食欲が湧かなくなり、痩せていくのです。

nice!(3) 
共通テーマ:健康

痩せる病気と理由 [痩せ]

痩せる病気と理由


太ることを気にしている人は多いです。痩せていることを気に病んでいる人も、同じくらいいます。
痩せる原因は、日常の習慣のズレやストレス、過剰ダイエットなどが一般的ですが、「病気によって痩せる」ケースも多々あります。

体重が減少していく疾患は、食べている食事の量を思い返します。「食べている割には・・・」「あまり食べていな・・・」というところから、病気の種類がある程度わかります。


食事量が増加して体重が減少する場合
 糖尿病
 バセドウ病
 甲状腺機能亢進症
 など


食事の量が正常か低下して体重が減少する場合
 悪性腫瘍
 感染症
 腎疾患
 心疾患
 消化器疾患
 精神疾患
 甲状腺機能亢進症
 アジソン病などの内分泌系疾患



どの病気であっても、体重が減る病気に、良性のものはないようです。

食べても太らない病気の代表として、「糖尿病」「バセドウ病」を挙げていますが、どうして太らないのでしょうか。これも、カンタンに話します。


まずは「糖尿病」から。

糖尿病は、血液中のブドウ糖(血糖)が細胞に取り込まれないために、血液中にブドウ糖が溢れて血糖値が上がります。ブドウ糖は細胞のエネルギーです。そのブドウ糖が取り込まれないと細胞は飢えてしまいます。細胞は、飢えをしのぐために、脂肪や筋肉からエネルギーを得ようとします。

こうして脂肪や筋肉が減っていくので、身体が痩せていくのです。

ただ、一般の糖尿病患者は、太っているイメージがあります。実は、糖尿病で痩せていく段階は、病気が相当進んだ状態といえます。


バセドウ病

甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌されて、全身の代謝が高まる病気です。(甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われているが厳密には違う病気)。

甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が活発になります。食欲が出てくるので、たくさん食べるのですが、体重は減っていきます。また暑がりになって、全身に汗をかくようにもなります。精神が興奮して活発になるのですが、まとまりがなくて、疲れやすくなります。

これだけみると、「無駄に元気」といった印象ですが、心臓への負担が増加するという恐ろしい病気です。適切な治療をしないでいると、心不全を起こす恐れが高まっていきます。

タグ:病気 痩せる
nice!(0) 
共通テーマ:健康

痩せ症・体重減少がもたらす病気 [痩せ]

体重についての悩みは尽きません。
私なんかは、食べれば食べたまんま体重に追加されます。

太ることに対して、あまり気にしてないほうです。でも、体重が限度を超えると、動くのがおっくうになり、日々の生活もメンドウになります。それは嫌なので、自分なりに目安を作って、それ以上は重くならないように注意を払っています。

太りやすい人がいる一方、痩せる体質の人がいます。

体質的な「痩せ症」と呼ばれるものですね。こういう方は、病院の検査でも特別な病気が見当たらないことがあります。本人は「標準的に太りたいと思っている」。でも、太れないのです。


太りたいのに太れない「痩せ症」タイプの方々は、それなりに食欲もあって普通に食事もしています。どうしても太れません。私なんぞは、うらやましいと思ってしまいますが、本人にとっては深刻なものとなります。病院でいろいろ検査してもらっても原因が分からないことがほとんどです。

正体不明の「痩せ症」とは別に、病理的な「痩せ症」もあります。急速な体重の増減はもちろんですが、徐々にでも体重が減少していくようならば病院で検査を受けるのがいいでしょう。こちらの痩せ症は、多くは精神疾患的要素を持つ病気であり、様々な呼び名で呼ばれています

 「神経性食欲不振症」
 「摂食障害」
 「神経性無食欲症」
 「神経性食思不振症」
 「思春期痩せ症」
 「アノレクシア・ネルヴォーザ」
 など。。


精神疾患性のもの以外にも、何らかの肉体的疾患が原因で痩せる場合があります。糖尿病やバセドウ病がその典型的な例となります。

一口に「痩せ症」といっても、病気は多いわけですね。治療は、どのような原因による痩せ症なのかを突き止めることが最善です。原因が不明の場合には、生活習慣を正しくすることも改善の一歩となります。諦めずに治していきましょう。


■ 痩せ症状が表れる病気例


食欲低下による食事摂取量の減少
   食道がん・胃がん・膵がん・大腸がん
   B型慢性肝炎・C型慢性肝炎・肝硬変
   肝がん・胆嚢ガン・胆管がん・腎がん・肺がん
   アジソン病
食欲低下・・・の精神的要因
   神経性食欲不振症・摂食障害、うつ病

食物の消化吸収障害によるもの
   胃潰瘍・十二指腸潰瘍・慢性膵炎・潰瘍性大腸炎・
   クローン病・吸収不良症候群

代謝亢進によるエネルギーの消費増大によるもの
  甲状腺機能亢進症・褐色細胞腫・肺結核

栄養素の利用障害によるもの
   糖尿病

その他
   アルコール依存症など




★ おしまいに

肥満と痩せの境目はどこにあると思います? それが分かれば、自分が本当に痩せているのかどうかがわかります。過度なダイエットを繰り替えす10代の女性は、美観的な痩せと健康的な痩せを混同しているように見受けられます。自分自身の正しい「痩せ」レベルをつかんでおきましょう。


「肥満」とは、体内の脂肪組織が異常に増加した状態を指します。一方の「痩せ」は体重が異常に減少した状態です。正確には体脂肪量を測定して判定しますが、日常では普通、BMI(ボディマス指数)で判断します。

 BMI: 体重(㎏)を身長(m)の2乗で割った数値

 判定

  肥満25以上
  やせ18.5未満

ちなみに標準体重とは、身長(m)の2乗に22をかけた数値です。


nice!(2) 
共通テーマ:健康

最近の「病気と症状」記事

  1. 神経にも効く ビタミンB1
  2. むくみの原因
  3. 足に力が入らない(腰が抜けた)
  4. 胃潰瘍を原因とする吐き気
  5. 予測体温と実測体温
  6. 冬の脱水症状と症状について
  7. 正確な体温を測定
  8. 危険な便秘サプリ キャンドルブッシ..
  9. 更年期の記憶力低下。女性ホルモンの..
  10. 「うつ病」早期発見と早期治療が必要..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法