So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

メガネブランドランキング
膝の痛み ブログトップ

化膿性関節炎とは [膝の痛み]


■ 化膿性関節炎とは


年はとりたくないものですが、どうしても、頼みもしないのに月日は勝手に進んでいきます。20年たてば20歳、30年たてば30歳。そして50年たてば50歳です。若い頃には気付かなかった事実ですね。

年をとって困ることはたくさんありますが、直に実感できるのが関節の痛み。
運動不足や逆に運動のしすぎ、その他、様々な要因が原因となって節々が痛むのです。
関節の痛にもいろいろありますが今回は化膿性関節炎でいきましょう。

関節痛の一種である「化膿性関節炎」の症状と原因、その治療方法についてお話します。


・「感染化膿性関節炎」の症状とは

化膿性関節炎とは、関節に細菌が入り込んで感染し、炎症を起こす病気です。主な細菌はブドウ球菌・連鎖球菌・肺炎球菌・MRSAなどになります。

関節に炎症が起こると、その部位が激しく痛んで、表面の皮膚が赤くはれあがって熱を持ちます。その部分だけではなく、全身にも症状が現れることもあり、悪寒や倦怠感、食欲の低下などがおこります。
関節の炎症が長く続くと、関節を包む膜が伸びきってまれに脱臼を起こすこともあります。さらに、皮膚に孔があき(瘻孔(ろうこう)という)、うみが排出されることもあります。

関節の表面の軟骨が壊されてさらに骨まで破壊される恐い病気なのです。治療が遅れてしまうと関節の障害が残ります。そうしたことから、緊急性を要する病気のひとつだといえます。

感染化膿性関節炎は関節が感染する病気ですので、体中のあらゆる関節に起こる可能性があります。なかでも、膝関節での発症が最も多いようですが、ほかに股関節、肩関節、足関節でも発症します。小児の股関節におこった場合、身体の深いところで関節の状態がわかりにいのですが、強い痛みのためほとんど関節を動かさなくなります。オムツ交換時にひどく泣くといった症状が診断の手がかりとなります。

誰でも発症しますが、年齢的には、抵抗力・免疫力の低い幼児や高齢者に多く見られます。


・化膿性関節炎の原因

関節が細菌に犯されるということは、その場所に細菌が侵入する事態があって発症します。たとえば、下記のようなケースが見受けられるようです。

 他の部位の炎症から、血液を介して関節に感染した
 深部にまで達する深い傷口から侵入した細菌に感染した
 敗血症、扁桃炎、膀胱炎など、他の病気の発症に関連する細菌に感染した
 細菌が付着した注射器を消毒せず(または消毒不足)に使った注射で感染


化膿性関節炎が進行すると、骨や関節軟骨などが破壊されて変形してしまいます。よって、早期診療と早期治療が肝心になってきます。対応が遅れてしまって症状が進行してしまうと、日常生活にも支障が出るような後遺症を被ってしまいます。


・膿が溜まってしまうと手術も必要

早期発見ができて、関節内に膿が溜まっていない段階なら治療も比較的簡単です。一般的には、関節をギプスなどで固定して、抗菌・抗炎症効果のある抗生物質の点滴による治療がほどこされるでしょう。

ところが膿が溜まっているところま進行してしまった段階だと、早急に膿を排出することが必要となります。注射器を挿入して吸引するなどで溜まった膿を吸引します。それでも効果が不十分な場合は、手術という選択になります。

化膿性関節炎の手術では、膝を切開して膿や傷ついた組織を取り除き、関節内を洗浄するという準を踏みます。膿が多かったり炎症が止まっていない場合には、膿を排出するための管を一時的に入れておく場合もあります。
病巣が小さい場合は切開まではしないで、切開が不要な関節鏡(内視鏡)を使った手術「関節鏡下郭清術」で対応することもあります。


・化膿性関節炎を予防法するには


化膿性関節炎は、細菌の感染による炎症が原因です。発症してしまうと個人でどうこうできるものではなく、食事療法や運動療法といった治療法で回復するものではありません。

予防法も難しく、目には見えない細菌の感染を完全に防ぐのは不可能です。それができたなら誰も風邪やインフルの心配はしなくなります。それくらい難しいのですが、発症に幼児や高齢者が多いことがヒントになります。感染に対する抵抗力をつけておくことで発症率を下げることができるのです。それは同時に、感染したとしてもその後の治りを早めることにもつながります。

身体の抵抗を増すには健康的なライフサイクルが重要です。普段から、栄養・運動・睡眠を充実させることは、抵抗力アップになります。また、疲労やストレスを溜めすぎないように注意することも大切です。



nice!(3) 
共通テーマ:健康

膝が痛いんですけど。 [膝の痛み]


私事ですが、いま、膝が痛いです。
膝の全部でなくて、特定の部分だけが、傷むんです。

症状ですが、押したり膝立ちしたりすると、「ピリリ」となります。
歩いても痛くないし、膝を曲げても関係なし。
どういうことなんでしょうか?

ネットで調べたところ、膝の痛くなる原因は次のとおり。


1.変形性膝関節症などの病気
2.スポーツなどによる膝の酷使
3.イベント的なジョギング、自転車、山登り
4.O脚・X脚の影響
5.合わない靴の使用
6.足元が不安定な土地
7.肥満・体重増加
8.太ももの筋肉の衰え
9.過去の怪我の影響


どれもこれも、可能性はあるが、「傷み方」は違うようです。「曲げると痛い」「歩くと痛い」のがほとんどです。わたしのように、「押したり触れたりして痛い」のは、ケースが違うのでしょうか。

せっかくなので、掲載しておきますね。



■ 膝の痛みや違和感の原因


膝痛は進行性が特徴です。

膝には、平地を歩いているときでも体重の約3倍、走っているときには約10倍、階段の上がり下がりでは約7倍の荷重がかかります。膝関節には、大きな衝撃が加わるために、障害が発生しますが、膝痛を訴えている人のうち、半数以上が変形膝関節症です。特の40才以上の中高年の人の多く、圧倒的に女性に多いのが特徴です

変形性膝関節炎ではつぎのような症状が現れます
ただし、これらの症状は、急にひどくなるものではなく、何年もかけて徐々に進行するのが特徴です

最初のうちは、膝の違和感。そのうちに「こわばり」を感じて、「膝の痛み」へと進行していきます。軽症のうちは、歩き始めや、膝を動かし始めたときに痛みますが、症状が進行すると機械の油が切れたときのようなギシギシとした痛みが生じます。動かしているうちに少しずつ痛みが引きますが、動かしすぎると、また痛み始めます。さらには、膝に水が溜まる人もいます。膝が腫れ、水のため膝をまげようとするとはったような感触を受けます。


1.変形性膝関節症などの病気


変形性膝関節症は、膝への衝撃を吸収するクッション材である関節軟骨がすり減って傷んでしまい、日常生活でも膝に痛みを感じるようになる病気です。

よくある膝の病気の一つで、慢性関節リウマチなどの病気を除くと、多くの膝の痛みの原因となっています。軟骨の代謝異常など体質の問題があると発症しやすいとも。40代以降の女性に目立ちますが、スポーツで膝に負荷をかけてきた人にも見られ、年齢を問わず発症します。

膝の関節は、太もも部分にある骨(大腿骨)と膝下部分の骨(脛骨)が繋がるように位置しますが、膝への衝撃吸収力の低下が続き悪化すると、関節の変形へもつながり、膝を支える筋肉の働きもさらに低下していく恐れがあります。


2.スポーツなどによる膝の酷使
膝の痛みを予防するためには、下半身の筋力強化が重要。スポーツをしていると筋肉も発達していきますが、過度に体を動かし続けると膝痛のリスクが高まることもあります。

競技で特定の筋肉にばかり負荷がかかり、その疲労が解消されずに再び運動を始めると、膝を支える筋肉や靭帯への負荷が増し、関節軟骨の磨耗を早めることに。(効果的な運動トラブルの予防法は、「ウオーキング&ランニングでの膝トラブル予防法」をご覧下さい。)


3.イベント的なジョギング、自転車、山登り

長期間に渡る趣味ではなく、ジョギング初心者や、久しぶりの山登りをした場合などは、少ない運動回数でも膝に痛みが起きるケースがあります。日頃のトレーニングがない状態で無理な負荷をかけると、太ももやふくらはぎの筋肉が一時的に硬くなり、膝を支える複数の筋肉の機能バランスが崩れて痛みを起こすことがあります。


4.・X脚の影響

腰や骨盤、股関節周りの筋肉バランスが悪く、後天的にO脚やX脚になってしまった場合、O脚では膝の内側へ、X脚では膝の外側へ負荷がかかりやすくなり、膝痛へ発展することがあります。

先述した「変形性膝関節症」になってしまうと膝の変形が進み、O脚・X脚が目立ってくることも。ひどい場合は、膝が伸びにくくなるなどの支障も出てくるリスクもあります。

この場合は関節軟骨のすり減りも進んでいるため、骨と骨の間はさらに狭くなっていきます。


5.合わない靴の使用

サイズの合わない靴や、痛いハイヒールを履き続けていると、足指の関節に徐々に負荷がかかり、外反母趾や土踏まずのアーチが下がる偏平足になることも。足の痛みをかばいながら歩いたり、体重のかかる部位が変化したりするため、太ももやふくらはぎの筋肉が疲労し、膝への負荷が強まる恐れがあります。


6.足元が不安定な土地

砂利道など足元の不安定な状態の場所を歩いていると、不意に足を滑らせて転びそうになることがあると思います。この時に、膝の関節へ捻るような方向の負荷がかかると、膝を痛めてしまうことがあります。また、スポーツのトレーニングメニューや競技の中で、横に動いたり急に立ち止まったりするような動作でも、捻りの負荷がかかり痛めることがあります。ケースは違いますが、あぐら姿勢や横座りをする時も要注意です。


7.肥満・体重増加

減量で膝の痛みが軽減するケースも少なくありません。「減量したら膝の痛みも改善された」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、肥満や急激な体重増加は、膝の痛みを引起すリスクが高くなります。

歩くだけでも、自分の体重の約3倍の重みが膝へかかるのですが、もし10キログラム体重が増えてしまった場合、膝への荷重は約30キログラム増加! 肥満により運動が億劫になると、膝を支える筋力も衰え、膝にとっても良くない状態が続くことになりかねません。


8.太ももの筋肉の衰え

膝の曲げ伸ばしをスムーズに行い、あらゆる活動において膝への負荷を和らげるためには、太ももの前・後面にある複数の筋肉の働きが重要になります。運動不足により筋力不足になったり、日頃の癖や姿勢、疲労などの影響で太ももの筋肉の働きが低下したりと、太もも筋肉がベストな状態を維持できなくなる要素は、日常生活習慣の中にも沢山あります。


9.過去の怪我の影響

過去にスポーツによる怪我や交通事故などで膝の靭帯を損傷したり、膝付近の骨折で関節軟骨が傷ついてしまった場合は、後々に変形性膝関節症になったり、膝の不調を訴えやすくなったりします。

怪我自体は治っていても、関節軟骨の修復は不十分で本来の機能まで回復しない場合もあり、膝関節が不安定になる要素が残るかもしれません。


ーーーーーーーーーーーーーーー

ここによれば、「急性の痛み」が該当しそうです。治すには「薬」ですね。運動も有効のようです。

医者に診てもらわないことには、なんともいえないようです。



nice!(0) 
共通テーマ:健康
膝の痛み ブログトップ

最近の「病気と症状」記事

  1. 神経にも効く ビタミンB1
  2. むくみの原因
  3. 足に力が入らない(腰が抜けた)
  4. 胃潰瘍を原因とする吐き気
  5. 予測体温と実測体温
  6. 冬の脱水症状と症状について
  7. 正確な体温を測定
  8. 危険な便秘サプリ キャンドルブッシ..
  9. 更年期の記憶力低下。女性ホルモンの..
  10. 「うつ病」早期発見と早期治療が必要..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法