So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

陰茎の病気 ブログトップ

亀頭包皮炎の対応 [陰茎の病気]


亀頭包皮炎の症状と原因について、数回に分けて投稿してきました。
大人も子供も関係なく、炎症になる可能性がありますが、原因については年令や生活によってかなり左右されるようです。

でも、原因はどうあれ、亀頭包皮炎にかからない・悪化させないためには、普段からの心がけが大切となります。


人間の体は、どうして普段は細菌や真菌に侵されることがないと思いますか?
その理由は細菌と真菌が均衡状態を保っているからなのです。

何らかの原因から均衡状態が崩れると、どちらかが勢力を拡大し細菌バランスの秩序が保てなくなってしまう。その秩序の乱れが、「炎症」という結果になって体に現れるのです。

 細菌が勢力を拡大
 >> 白血球や免疫が働いて細菌を攻撃

 真菌勢力が優位
 >> 白血球や免疫では殺せない

だからといって、細菌が力を持てばいいのかというわけでもないのが難しいところです。ともかく、細菌のバランスが崩れている間は炎症が止むことはありません。延々と炎症は続いてしまい、悪化の一途を辿ります。


・患部は清潔に

患部は清潔にすることが基本です。部屋の中でも、汚れている場所にはいつの間にかカビが生えていたりするものです。ペニスを不衛生な状態にすれば、細菌と真菌の均衡を壊して、菌を繁殖しやすい環境を作ることになります。日頃からペニスを清潔に保ってください。

キレイにするのは良いのですが、洗いすぎには注意が必要です。石鹸でゴシゴシ洗っても、真菌は皮膚に根をはっているので取れるものではありません。結果として細菌が消滅して真菌だけが残ってしまいます。真菌と細菌のパワーバランスが崩れてしまうと、真菌だけが増殖して真菌性亀頭包皮炎は一層悪化します。ペニスを洗う際は、お湯でサッと洗う程度にしておきます。


疑わしい場合は必ず病院へ!

真菌性亀頭包皮炎は、たいへん再発しやすい病気です。
カンジダ由来のものであるなら、条件が揃えばほんの数時間で発症します。包茎の人はとくに再発率が高いので要注意。医師の正しい治療を最後まで根気良く受けることが重要です。

症状がよくなってきたからといって薬を勝手にやめてしまったり、処方薬がなくなったから市販薬に勝手に切り替えると、症状の長期化につながります。この辺は、水虫の治療にも似てますね。

何度もいいますが、疑わしい症状が出たらすぐに病院へ行くことです。そして医師の指導のもと薬の使用を正しく行ってください。同時に、治療中は性行為を控えるように心がけましょう。パートナーへの感染を防ぐためにもくれぐれも護ることです。

タグ:病気 陰茎
nice!(9) 
共通テーマ:健康

亀頭包皮炎の症状と原因 4 [陰茎の病気]

■ 亀頭包皮炎の症状と原因 4



亀頭包皮炎になる原因は、いろいろあります。ではその症状には、どういうものがあるのでしょう。亀頭包皮炎はその原因が、細菌性か真菌性かによって症状が異なってきます。


細菌性亀頭包皮炎の症状
 ・赤くなる
 ・ただれる
 ・痛がゆい
 ・赤いぶつぶつができる
 ・膿が出る

 など

カンジダ性亀頭包皮炎
 ・赤くなる
 ・かゆい
 ・白っぽい湿った垢が出る
 ・カサカサの薄皮のようなものが出る

 など


赤くなるとか、ちょっとカユミを感じるというのは、なんとなく珍しくない症状に思えます。じっさい、亀頭包皮炎になったとしても、症状が軽い場合であれば免疫力によって自然治癒することもあります。

しかし症状が進行してしまうと、潰瘍や発熱まで進行してしまいます。真菌性の場合では、白いカスの量が異様に増えますが、悪化すると自己免疫力ではどうにもならなくなります。治癒をしても完治までには時間がかかってしまうのです。

もしも治療せずに放置していると、まれに尿道炎を起こすこともあります。進行具合によっては鼠径部のリンパ節の腫れ、さらには陰茎がんに進展する可能性もあります。恥ずかしくて医者に診せられないと言ってる場合ではないのです。

炎症の状態とその後の経過は、原因となっている病原体によって異なります。日常生活に支障をきたす前に、医師の診察をきちんと受けましょう。病原体が何なのかを正しく把握すれば、速い段階で効果的な処置を受けられます。

タグ:病気 陰茎
nice!(6) 
共通テーマ:健康

亀頭包皮炎の症状と原因 3 [陰茎の病気]

■ 亀頭包皮炎の症状と原因 3


・亀頭包皮炎の原因

前回の「カンジダ」の話しではありませんが、亀頭包皮炎はペニスの傷から細菌や真菌が感染して炎症を起こす病気です。
性感染症ではないことから、性交渉の経験がなくてもどこからか感染する可能性もあります。大人や子供に関係なく、男性でさえあれば、誰でも公平に感染・発症する可能性があるのです。では、亀頭包皮炎を招くような、ペニスに傷ができる主な原因にはなにがあるのでしょう?


・性行為やマスターベーション

激しい性行為はもちろん、過度なマスターベーションは、ペニスを傷つけてしまいます。傷があればそこから菌が入りやすいので、病気の原因となります。原因がカンジダ性の場合なら、カンジダ膣炎の女性から感染することも考えられます。また、性行為の後、ペニスを長時間洗わずにそのままにしていると感染リスクが高くなるので注意しましょう。

・包茎

包茎は個人の体質の一種ですが、風通しが悪いために炎症を起しやすくなります。亀頭部分が包皮に覆われているので、ペニスが蒸れやすく菌が繁殖しやすい状態にあることから、亀頭包皮炎を発症しやすいといえます。特に子どもの亀頭包皮炎は、包茎が原因というケースがほとんどです。包茎であれば、まず包茎に対する処置を行うことで、亀頭包皮炎の発症・再発対策になります。

・洗いすぎやさわりすぎ

石鹸は普通の細菌には有効ですが、真菌のカンジダを殺すことはできません。そのため、ペニスを洗う際に石鹸を使用すると、細菌は死んでしまいますが逆にカンジダが増えます。細菌のバランスが崩れて、亀頭包皮炎を発症しやすくなるのです。腸内フローラに似ていますね。善玉と悪玉の綱引きです。

そもそもペニスは、普通の皮膚より薄いため簡単に傷がつきやすい。洗う際にも、傷をつけないよう十分に注意が必要です。

・糖尿病や免疫不全の方

糖尿病を患っていたり、不規則な生活をしている人。または体調不良時などで免疫力が低くなっていると亀頭包皮炎を発症しやすいといわれています。免疫力が低下していると、いったん発症すると治りにくい傾向があります。

nice!(10) 
共通テーマ:健康

亀頭包皮炎の症状と原因 2 [陰茎の病気]

■ 亀頭包皮炎の症状と原因 2


成人男性が亀頭包皮炎を発症する主な病気は「カンジダ性亀頭包皮炎」です。
カンジダとは真菌のこと、つまりはカビの一種です。

「カンジダ」といえば、女性の病気というイメージがあります。たしかに女性の膣に常在する菌として知られていて、女性特有の菌というイメージが強くなってます。

ところがカンジダ菌が、猛威を振るうのは女性ばかりではなく、男性にも影響するのです。その最たる例が、カンジダ性亀頭包皮炎ということです。

基本的にペニスは空気にさらされています。外度露出ていいれば、社会的に抹殺されそうですが、そういう意味ではなく、女性器を違い外部にでているということです。本来なら、カンジダ菌が繁殖しやすい環境ではないのですが、ペニスを不衛生な状態にしていたり、包茎であったりすると繁殖する可能性は高くなります。


カンジダ菌は、誰しも体の中に持っている常在菌です。なので、カンジダ性亀頭包皮炎は、いわゆる性病のカテゴリーには属しません。しかし、性交渉を通じて女性からカンジダ菌をもらい感染に至ために、カンジダ性亀頭包皮炎を性病(性感染症)とする見方もあります。

パートナーが「膣カンジダ症」になっている場合は、膣内に大量のカンジダ菌が繁殖しています。容易に感染してしまうので、特に注意が必要です。

nice!(7) 
共通テーマ:健康

亀頭包皮炎の症状と原因 [陰茎の病気]

■ 亀頭包皮炎の症状と原因


陰茎の炎症とは、包皮と亀頭への炎症です。
そしてよくあるのが、亀頭包皮炎です。


亀頭包皮炎とは、亀頭や包皮炎に、かゆい・臭い・色といった、ペニスの異変全般のことです。異様なかゆみを感じたり、臭いがきつくなったり、変色しているなど、自分の性器に異変が起こっていることに気づいたらどうすればいいでしょうか?

性器は非常にデリケートな部位です。ほんの少しでも異変があれば、大きな不安を抱いてしまいます。男女ともに病気の可能性はあるのですが、特に男性は性器が外に見える状態にあるので、異変についても感じとりやすいものです。

しかしいっぽう、分かったからといっても、相談が難しいのは同じ。ペニスが患部になるであるというのは、家族やパートナーあでっても打ち明けにくく、ひとりで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

恥ずかしいのは分かりますが、ペニスのかゆみや色の変化をそのまま放置したり対処を間違えると、さらに症状が悪化して長引いてしまう恐れがあります。最悪の場合、ペニスに癌を患うという危険もあります。


・亀頭包皮炎は菌によるペニスの炎症

「亀頭包皮炎」は、性器に炎症が起きる男性特有の病気です。
原因は、亀頭や包皮に出来た小さな傷だったりします。そこに、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの細菌や、白癬やカンジダなどの真菌が入り込んで繁殖し、発症するのです。

亀頭包皮炎は、次の3つのタイプに分けられることができます。原因によって、性質や症状だけでなく治療法も異なります。

・細菌性亀頭包皮炎
・カンジダ性亀頭包皮炎
・上記を両方合わせもっているもの

子供の亀頭包皮炎は、原因のほとんどが細菌となりますが、成人男性の場合、主に真菌のカンジダが原因となって発症します。

タグ:病気 性病 陰茎
nice!(1) 
共通テーマ:健康

陰茎の炎症 [陰茎の病気]

■ 陰茎の炎症


「陰茎」

wikipediaによれば陰茎は、男性器の一部で、体内受精をする動物のオス(雄)にあり、身体から常時突出しているか、あるいは突出させることができる生殖器官。 となっています。


陰茎に炎症がおこるというのは、通常、包皮と亀頭への炎症のことを言います。

亀頭の炎症が「亀頭炎」、包皮の炎症「包皮炎」で、亀頭と包皮の両方におこる炎症が「亀頭包皮炎」と区別することができます。炎症をおこすと痛みやかゆみ、赤み、腫れを起こし、放置して悪化すると尿道が狭くなることもあります。

陰茎の炎症には、真菌感染症、性感染症(STD)、疥癬(かいせん)などの感染症が原因で起こるものがおおいのですが、閉塞性乾燥性亀頭炎などのように、感染症以外の皮膚疾患もあります。

・亀頭包皮炎は、亀頭炎から始まることがよくあります。とくに包皮がきつい人や、糖尿病の人によくみられます。亀頭包皮炎にかかると、その後、閉塞性乾燥性亀頭炎、包茎、嵌頓(かんとん)包茎、陰茎癌になる確率がぐっと高くなります。

通常は、身体診察の結果に基づいて診断します。糖尿病を調べるために血糖値を測定し、真菌感染症やSTDの検査も実施することがあります。炎症の原因が判明したら、その原因を治療します。

・閉塞性乾燥性亀頭炎(硬化性萎縮性苔癬)は、慢性的な炎症により、陰茎の先端付近の皮膚が硬く白くなった場合に起こります。外尿道口がこの硬く白い組織で囲まれてしまうと、尿や精液の流れが遮断されます。炎症の治療は、抗菌薬または抗炎症薬のクリーム剤によって緩和されます。症状が悪化して、外尿道口を開通させる必要がある場合は、手術の必用があります。

タグ:病気 陰茎
nice!(9) 
共通テーマ:健康
陰茎の病気 ブログトップ

最近の「病気と症状」記事

  1. 赤ちゃんのむくみ(2)
  2. 赤ちゃんのむくみ(1)
  3. 大人でも発達障害が。その人の脳の特..
  4. ドライマウスについて
  5. 目におこるアレルギー(2)
  6. 眼が赤い病気4
  7. 目のアレルギー
  8. 眼が赤い病気3
  9. 歯が原因でない歯痛がある
  10. 眼が赤い病気 (充血の病気1)
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法