So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

ふらり危険な「立ちくらみ」の防ぎ方 [貧血]

■ ふらり危険な「立ちくらみ」の防ぎ方


イスに座って仕事中、何かの用事でちょっと立ち上がったとき、くらりとめまいに襲われることはりませんか。
立ち上がるときにふらっとする、一瞬、目の前が真っ白になるのが「立ちくらみ」です。お風呂に長く浸かって立ち上がったときなどにも体験したことがあることとと思います。

誰にでもよくある「立ちくらみ」ですが、ひどい場合には気を失うこともある危険な症状です。階段や硬い地面に転倒したりすれば、怪我をする場合だってあります。もしも頻繁に起こるようなら、重大な病気が潜んでいる可能性もあるのです。「立ちくらみ」について理解して、病気や事故を予防しましょう。


・立ちくらみのメカニズム

立ちくらみは、「起立性低血圧」や「脳貧血」とも呼ばれてます。座った姿勢や横になっていた状態から立ち上がったときなどおこります。仕組みには重力が関わってます。一言で言えば、体の中で一番高い部分にあたる脳に十分な血液が行き届かなくなって、一時的に脳内の酸素が不足して陥る状態です。

立ち上がったとき時、健常な人ならば、血の流れが急激に下へと降りてくることが各神経に伝えられます。立ちったときに心拍数を増やしたり、下半身の血管を収縮させて血液の流れを上に押し上げようとします。血圧を安定させようとする機能が働くのです。

ところが、何らかの原因でこの伝達機能が正常に働かなくなってしまっていると考えられるのが、立ちくらみを起こしやすい人です。

立ちくらみがおこりやすいのは、主に20代~30代の若い女性に多いと言われてます。年齢とともに増加して、高齢者になると約2割もの人におことされます。転倒事故の主な原因の一つでもあるので、高齢者は特に注意が必要です。


■ 立ちくらみの主な原因とは?

立ちくらみが起こる主な原因としては、自律神経失調症・低血圧・貧血薬剤の副作用などが挙げられます。

自律神経失調症

自律神経とは、自分の意思とは関係なく自動的に身体の機能を一定にコントロールする神経のこと。心臓、血圧や消化などがあります。自律神経の機能が鈍り、働きが悪くなる病気が「自律神経失調症」です。
横たわっている時にの血液は全身を平均的に流れていますが、起き上がるときは重力の影響で下半身の方へと溜まろうとします。自律神経のバランスが崩れていると、血圧が不安定から脳が血液不足となって、立ちくらみを起こすのです。

低血圧
低血圧にあると、手や脚などの末端部分の血管の収縮力が弱く、血液の循環が悪くなりがちです。脳内の血液量が減少しやすいということにつながります。

貧血
立ちくらみは「脳貧血」とも呼ばれますが、血液自体に問題はないので一般の貧血とは異なります。しかし貧血の場合、脳への血液循環は正常でありながら、赤血球やヘモグロビンの量が少ないので血中液酸素の量が減少し、脳が酸欠状態になり、立ちくらみが起こるというケースがあります。

薬の副作用や病気
降圧剤や向精神薬それに心臓病の薬などを服用している場合は、めまいや立ちくらみが起こる副作用があります。動脈硬化による血流不足や、糖尿病による神経障害を原因とした立ちくらみもあります。



■ 実は脳の病気のサイン?

立ちくらみは、脳内が一時的に血液不足や酸素不足になることで起こります。

でも稀に、脳の病気から脳が酸素不足に陥っている場合があります。脳腫瘍や脳梗塞や脳血栓などです。
脳の病気の場合、立ちくらみだけでなく、強い頭痛や吐き気、手足のしびれなどの症状が共に現れることが多いとされます。何度もおこったり少しでも気になるようなら、病院へいってください。

nice!(4) 

貧血 ヘモグロビンと血液 [貧血]

貧血の2回目です。

今回は、血液になくてはならない、とっても重要なヘモグロビンについて。


 へもぐろび~ん

 へもぐろっびん

 へもぐっろびん

 へもっぐろびん

 へっ? もぐろびん


中学のとき、理科の先生が、↑このように語っていました。
覚えの悪い私でしたが、区切る位置を変えて、5回も言われたことで、印象に残りました。いまだに忘れていません。


そのヘモグロビンを含む赤血球は、1立方ミリメートル中に450万~500万個も存在しています。貧血かどうかが判断は、この赤血球100ml中に含まれるヘモグロビンの量によって決まります。

一般的な成人なら、

 男性 13~15g/dL以上
 女性 11~12g/dL以上


この数字を下回ると貧血と診断されるわけです。献血や血液検査などでは、ヘモグロビンの濃度をパーセントで表示する事もあります。


いきなり、フラっとすることがありませんか?

急に立ち上がったり、運動をした後、立ちくらみやめまいを起こすアレです。「脳貧血」と呼んでいて、貧血の代表のような感じですが、じつはこれ、血液中のヘモグロビン濃度が原因ではありません。

大半の「脳貧血」は、一時的なものです。脳へ送られる血液量が低下したり、血液が足りなくなったりすることが原因でおこるものです。言葉だけは似ていますが「貧血」と「脳貧血」とは、全く別物です


貧血は、体内の血液が足りなくなっておこる症状です。どんな時に起こるのでしょうか。大きく2つに分けられます。「血が流れ出たとき」と「不足」です。


出血
出血によって血液が失われると、赤血球も不足してしまいます。体中に必要な酸素が供給できなくなるのです。

出血の原因はどれでも、同じです。交通事故や怪我のように外傷を受けたとき。胃炎や痔など、少量ながら慢性的な出血。とにかく、血液が失われていると貧血を起こしやすくなります。

女性の場合だと、月経や出産で短時間に大量の血液を失うことがあります。日常から注意しておく必要があります。


不足

血が足りないケースとは、「作られていかない」「他で使われている」のどちらかです。

「作られていかない」
ヘモグロビンを含む赤血球は自然に失われていきます。古くなった赤血球は脾臓で破壊処理されます。赤血球の寿命は約120日とされていて、1日に0.8%の赤血球が処理されていきます。

赤血球の量を一定に保つために、無くなった分の赤血球が、毎日補給されます。しかし、赤血球を作るのに必要な栄養が足りないと作られなくなります。必要な栄養素とは、素鉄やビタミンB12など。ヘモグロビンの生成がスムーズに行われなくなり貧血が起こってしまいます。

栄養素が不足する原因には、「過剰なダイエット」や「偏った食事」どが挙げられます。

「他で使われている」
成長期で体や内臓が急激に発達している時期、胎児がいる妊娠期には、体全体が大量の酸素を必要とします。
成長にかかる年齢や、妊娠している女性は、貧血になりやすいので注意です。

逆に、高齢の貧血もあります。

血液の多くは骨で作られますが、中高年になると骨が弱くなります。骨粗しょう症で骨密度が下がったり、骨髄の造血能力に何らかの異常が起こるためです。一概に年齢で区切れるものではないですが、骨に関わる症状や病気は、貧血を起こしやすくします。

タグ:貧血
nice!(2) 

貧血について [貧血]

貧血について。


立ちくらみ、変な疲れ、痺れ。 これは貧血が引き起こす症状です。


「貧血なんて良くあること。珍しい病気じゃない」
「病院になんて行かなくても平気」
なんて思っていませんか?

実はかなり怖い病気なんです。

頻繁に貧血がおこる場合は、重大な病気が原因として隠れていることがあります。注意すれば簡単に治すことが出来るものでも、そのまま放っておくと深刻な事態になってしまう事もあるのです。貧血を引き起こす原因をはっきりさせて、早期治療を行うことが大切です。

「貧しい」「血」と書いて「貧血」といいます。血液が足りなくなっている状態をイメージされるかと思います。そうではありません。血液が足りなくなるのではなく、血液中のヘモグロビンと呼ばれる(血色素)の濃度が低くなる状態を貧血を呼んでいるのです。

赤血球の中に含まれているヘモグロビンは、全身に酸素を運ぶ役割りを担っています。その濃度が低くなる(ヘモグロビンが少なくなる)と、必要な酸素が身体全体に行きわたらなくなります。

そして、めまいや疲れ、息切れ、頭痛、顔色が悪くなる・・・さまざまな症状が表れるようになります。


女性に多い『言われてます

貧血が起こる原因の多くは鉄欠乏性貧血。身体の鉄分が不足することでおこる貧血です。女性は、鉄分が不足しがちなので、貧血にかかる危険性が高いのです。貧血は女性の病気と思われ勝ちなのは、そういう理由です。女性は、月経による出血があるので、自然、鉄分が不足します。ほかにも、ダイエットやストレスによる不規則な食事も原因になります。

鉄欠乏性以外にも、貧血の原因になります。溶血制や巨赤芽性など色々な要因が貧血を起こすのです。女性だけの疾患ではないのです。

次回から数回に分けて、貧血をお話します。
これについては、入院した実体験もあります。

タグ:貧血
nice!(2) 

最近の「病気と症状」記事

  1. 膣の病気と症状
  2. 呼吸器からの疾患
  3. うつ病の原因とタイプ
  4. 甘酸っぱい臭いの病気
  5. あなたはもう「うつ病」だった? 大..
  6. 子供の めまい2 種類
  7. 肩甲骨はがしとは、しかも寝たまま?
  8. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  9. 子供の めまい3 まとめ
  10. 禁煙と胃のむかつきの関係が明らかに..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法