So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

メガネブランドランキング
うつ病 ブログトップ

「うつ病」早期発見と早期治療が必要なワケとは? [うつ病]

■ 「うつ病」早期発見と早期治療が必要なワケとは?


一生のうち、15人に1人は発症して、発症者と診断された人のうち6割近くが「自分が発症すると思わなかった」と回答する。さらに、かかったとしても「頑張れば治せる」「抗うつ薬を飲むと依存症になる」などと考え違いして、治りを遅くしてしまう「うつ病」。

こうした精神的要素の絡む病は、負のイメージがつきまとってしあうものです。他人どころか、身近かな人や家族にも知られたくないという葛藤も影響して、治療にとりかかるタイミングを失っているような気がします。

じつはうつ病は、早期発見して適切に治療すれば治る病気です。

治療をせずに自然によくなることもあります。たしかにありますが、絶望や苦しみによって自らの命を絶つことにつながる危険性もあるため、なるべく早い時期からの医療的ケアが必要なのです。死んでしっまってからでは遅すぎます。うつ病が疑われる場合には、医療機関を受診しましょう。



精神科とか、心療内科に足を運ぶのに抵抗がある人も多いでしょう。そうした人は、かかりつけ医への相談をおすすめします。治療は通常、半年~1年以上とけっこうな長期に渡ることも多いので、信頼できる医師を見つけることが大切です。

その医者があなたに適しているか。見極める必要がありあすが、見分けるポイントは、「よく話を聞いてくれる」「治療方針や薬についてしっかり説明してくれる」などです。
問診らしい問診をほとんどしないとか、初回から多種類の薬を出すなどのように、診断や治療方針の説明に納得できなかったり、不安を感じるようなら、他の医師にも意見を求める一案です。長期に渡る心のケアなのです。合うか合わないかはなにより重要。じっくりとしてもいいでしょう。


・治療の柱は3つあります

診断は、問診・面接が中心になります。まずは他の病気による症状ではないか、とか、服用中の薬が作用していないか、とかを鑑別するために、血液検査やX線検査なども行います。うつ病治療の基本となるのは3つ。日常生活を調整する「生活改善療法」、新しい考え方や行動を身につける「精神療法」、脳の機能改善を目指す「薬物療法」などです。


 生活改善療法
  自分のこれまでの生活を見直します。うつ病は心のエネルギーが不足している状態です。うつ病とは何かを正しく理解して、ストレス要因から距離を置いて、十分な休養を取る。それだけで、軽度のうつ病であれば回復することもあります。

 精神療法
  カウンセリングをベースに行われます。うつ病は、「相手に合わせようとしても、自分の内面の秩序とぶつかって折り合うことができず、自分で自分を苦しめることしか解決法が見つからない状態」とも言えます。

 そこで、発症するきっかけとなったストレス、環境や人間関係、性格、物事のとらえ方などを振り返って、新しい考え方や行動を身につけ、日常的・社会的な障害を取り除いていきます。感情や行動に影響を及ぼしている極端な考え(ゆがんだ認知)を特定して現実的に捉えられるように修正する「認知行動療法」、身近な人とのコミュニケーションのありかたを考えてストレスの軽減を目指す「対人関係療法」は、科学的根拠が確立された精神療法です。

 薬物療法
  前出のモノアミン仮説に基づき開発された「抗うつ薬」の投与が中心です。抗うつ薬を十分量、十分な期間、服用することが基本です。

 第一選択薬は、SSRI、SNRI、NaSSAです。これらが効かない場合は、三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬などを投与することもあります。多剤多量処方が問題になっていますが、抗うつ薬の投与は原則1種類、増やしても2種類まで。効果が現れない、もしくは副作用が出た場合、薬を切り替えます。睡眠導入剤や抗不安薬(ベンゾジアゼピン受容体作動薬(ベンゾ系薬剤))などを症状に合わせて上乗せすることもありますが、依存症などにつながる恐れがあるため、長期投与は行いません。

 抗うつ薬の有効率はそれほど高いものではありません。初診の患者さんで、薬の服用により完全に症状がなくなるのは40%弱(ある程度の改善がみられるのは70%程度)です。ただ、薬物療法により劇的に症状が良くなる患者さん、命が救われた患者さんは存在します。


 以上3つの治療法でした。他にも、全身麻酔をして頭に電気刺激を与える「修正型電気けいれん療法」や、季節性のうつ病には「高照度光療法」を行うこともあります。




・うつ病の予防でたいせつなのは「無理をしない」

 うつ病は治療は根気が必要です。発症してから(急性期)適切な治療を続けることで、一進一退しながら回復期を迎えるのです。2ヵ月以上症状が見られなくなると「寛解(かんかい)」となりますが、これはかならずしも完治ということではありません。悪化したり(再燃)、再発しないよう、以降も治療を続ける必要があります

 うつ病には「再発予防期」があります。2~3年以内になんと50~80%の人が再発するといわれているのです。再発を繰り返せば繰り返すほどうつ病は治りにくくなるため、とにかく根気よく最後まで治療を続ける必要があります。

 うつ病を予防するためには、無理をしないことが第一です。規則正しい生活を送って、ストレスをためないようにするのが大事。長い人生ですから、良いときがあれば悪いときもあります。「うつ病期」長い人生の一コマにすぎないと考え、大きな流れの中で捉えることが肝要です。


nice!(3) 
共通テーマ:健康

うつ病の原因とタイプ [うつ病]


■ うつ病の原因とタイプ


風邪の感染や胃炎などのはっきりした病状のある病気と異なり、心の病は難問です。
うつ病の多くは、離婚や失業などといったマイナスイベントの後とか、慢性的な過労状態にあるとか、強いストレスを感じる状況で発症してます。

それは分っているのですが原因は一つではありません。さまざまな要素が複雑に絡み合っているので「こうだからこうなる」という斯くとした法則はないのです。発病のきっかけとなる7つの危険因子はわかってます。

 大切な人との死別などの喪失体験
 人間関係のトラブル
 職場や家庭など環境の変化
 過去の衝撃的な出来事
 アルコールや違法薬物への依存
 遺伝的素因
 性格

最初の4つはストレス状況、ほかは潜在的要因です。遺伝的素因については、一卵性双生児の一人がうつ病を患った場合、もう一人も発症する確率は40~50%というデータがあります。

2017年現在でも、うつ病発症のメカニズムは解明されてはいません。ですが、うつ病患者さんの脳内に何らかの機能障害が起きていることは分かっていることから、いくつかの仮説が立てられました。有名なのは2つです。

「モノアミン仮説」
  うつ病患者さんは、気分や感情に関わる神経伝達物質であるドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン(総称してモノアミン)が不足しているため、モノアミン不足が脳内の情報伝達機能を阻害して発症するのではないか

 「BDNF仮説」
  脳の記憶や感情を司る「海馬」の細胞新生に関わるBDNFというたんぱくと、海馬の神経細胞が減っているため、うつ病発生にBDNFの減少が関係しているのではないか。



・症状や治療法はタイプで異なる

”うつ病”と一まとめにされてますが、うつ病にはさまざまなタイプがあります。

 メランコリー型うつ病
 典型的とも言えるうつ病です。真面目で几帳面、努力家で人に気を使う性格の人におこります。職場でのトラブル、多忙などのストレスがきっかけで発症するケースが多いのです。抗うつ薬が効きやすいのですが、再発も多い特徴をもちます。

 新型うつ病
 じつは、医学上にある分類はありません。時代の流れと共に日本人も変わり、症状の表れ方も変化したと考えてるタイプです。21世紀に入った頃から増えてきた、メランコリー型とは異なるイメージを持つタイプです。仕事のストレスがきっかけで発症し、抑うつのために仕事はできないが余暇は楽しく過ごせます。他罰的でやや自分勝手。比較的軽症で、薬物療法があまり効かない――という症状が特徴です。「こだわりが強い」という点ではメランコリー型と共通点があります。

 非定型うつ病
 他にも、過食、過眠で、うつ病になる前から対人関係に敏感、楽しい出来事があれば気分がよくなるなどの症状が特徴。

 季節性うつ病
 冬だけうつ病になって夏には改善する……などのように特定の季節とうつ病の関係がはっきりしているタイプ。


ほかに、うつ病と症状が似ていて診断が難しいの「双極性障害」というのがあります。うつ状態と極端に活動的で攻撃的になる躁状態を繰り返します。うつ病に比べ、比較的若い年齢で発症します。抗うつ薬は効かず、気分安定薬が効くのが特徴です。

nice!(2) 
共通テーマ:健康

あなたはもう「うつ病」だった? 大丈夫じゃないその症状とは [うつ病]

■ あなたはもう「うつ病」だった? 大丈夫じゃないその症状とは


うつ病に関する情報はたくさんあります。
あまりに多すぎで氾濫してしまい、ドラマのネタにもされてしまったほど。

それだけありふれた病気という裏返しなのですが、「自分がうつ病」という人を私は知りません。がん患者のほうが身近なくらいです。私もそうですが、「うつ病」と聞いて、自分とは無関係な病気だと思う人は多いはず。


でも現実にはうつ病患者はとても多い。
日本におけるうつ病の生涯有病率(これまでに病気にかかったことがある割合)は6.7%。これは、15人に1人が生涯に1度は発症に相当しています。15人といえば小さな職場でも一人はいる計算。誰でも可能性のある身近な病気なのです。

でも、うつ病と診断された人のうち59.8%が「自分が発症すると思わなかった」と回答しています。かかったとしても「頑張れば治せる」「抗うつ薬を飲むと依存症になる」などと考え違いをしていることも原因といえます。


・「うつ病」と「うつ気分」は違う

なにか、とんでもないことを抱えたり起こったりで、気持ちが消沈してことはないでしょうか。
「親が亡くなった」「仕事で失敗した」「失恋した」などの出来事に遭うと、気分が落ち込んでやる気が出ないといった経験は誰にでもあうものです。ただし。多くは、そのストレスの原因となってる問題が解決してしまえば、気持ちのほうも改善します。このようなことを「うつ気分(抑うつ)」といいます。

「うつ気分(抑うつ)」と「うつ病」は似ています。似ているようなのですが、3つの点でまったく異なってます。

 うつ病では、必ずしも直接的な原因となるストレスがなかいこともあります。「日本経済が悪いのは全て自分のせいだ」など事実にそぐわない妄想的ともいえる考え方をしたりもします。一般のサラリーマンがシリアの内戦で頭を抱えることはないでしょう。普通の「うつ気分」と異なって、なんでも元凶になりうるのが「うつ病」です。そして、抑うつが2週間以上続くという特徴もあります。

 うつ病の症状は多岐に渡ります。
 気分が沈んで、重く苦しい抑うつ気分が1日中、ほぼ毎日続き、食欲も湧いてきません。あらゆることへの関心や興味がなくなって、楽しいことがあっても気分は晴れません。意欲や思考力、集中力も低下します。疲れやすいなど、心だけでなく体に症状が現れることもあり、約9割のうつ病患者さんが不眠を訴えます。

 極端に悲観的な考えばかりが浮かんできて、それがまた、次のネガティブを産み出します。
 「つらいし休みたいけれど、会社に迷惑が掛かるから頑張ろう。でも頑張れない。自分はダメな人間だ。つらいし休みたい……」というふうに、暗い考えが頭の中をぐるぐる巡って止まりません。そこから逃れる手段として自殺を思いつくことすらあります。重症になれば、つらいという感情さえ湧きません。


・40代は男女とも患者数が増加

 うつ病の患者比は、女性が男性の1.67倍もあります。年代別でいうと男女共に40代が最も多くなっています。また、うつ病を患ってる人の3分の1は、自分がうつ病であると思っておらず、したがって受診すらしていないという報告もあります。

 うつ病は自覚しにくい病気です。だから客観的に測ってみないと判断がつきません。
 自分の症状が「抑うつ」か「うつ病」かを判断する目安として、世界的に最も使用されているアメリカ精神医学会(APA)がうつ病の診断基準を定めたマニュアルがあります。「DSM-5」というのですが、ネットで検索してチェックしてみましょう。目安としてチェックシートの○が多いほど、程度が重いと考えてください。

nice!(2) 
共通テーマ:健康

うつ病の症状 2 [うつ病]

■ うつ病の症状 2

前回に続いて、うつ病です。
からだの症状についてお話します。


○ からだの症状

うつ病は、心の症状も多彩でしたが、身体に現れる症状もまた多いです。
あまりに多彩すぎて、全てをまとめるのは不可能かもしれません。。

そこで、ごく一般的なモノだけを集めました。このような症状があれば注意してください。



眠りが悪い

これは、眠れないケースと、逆に、寝過ぎるケースとがあります。
いずれにしても、正常な眠りでない状態になります。

眠れないケースは、不眠や睡眠障害など言われる症状です。これには、「寝付きが悪い「夜中に起きる」「朝早く目が覚める」といった、3大症状が知られてます。また、眠りが浅いというのも不眠の一種です。不眠症と違い、「全く眠れない」ことはまず、ありません。

寝過ぎのケースとは、過眠のことです。昼まで眠ている、起きていても一日中眠い、とかいうものです。

脳は、睡眠中にストレス処理をします。睡眠が悪いというのは、処理が滞ることを意味します。そうすると「うつ病」の症状がますます進んでいきます。睡眠には「深いノンレム睡眠」「浅いレム睡眠」がありますが、うつ病では深い眠りが妨げられます。脳を休ませる深い睡眠が不足する。脳が休めないので、症状が悪化するのです。


どこかが痛い
肩こり、胃痛、関節痛、筋肉痛。どこでもいいのですが、体のどこかが慢性的に痛い状態です。本当に身体のどこにでも起きうるのですが、中でも多いのは頭痛だといわれます。痛みの傾向は、どんよりとした重さを感じることが多いようです。うつ病の痛みは、一般的な痛みメカニズムとは異なります。ほとんどの場合、鎮痛薬は効きません。


食欲が増える・減る
うつ病などの精神病は、げっそり痩せてしまうイメージがあります。しかし逆に、食べ過ぎるというパターンもあります。特に、甘いものや炭水化物に執着するようで、「無性に○○が食べたい」というのが頻繁に起きます。


胃腸の具合が悪い
うつ病に限ったことではありませんが、ストレスがストレートに影響するのが胃腸です。胃の痛み、むかつき、吐き気、下痢、便秘などがおこります。内科の薬は、あまり効きません。


耳や目が悪くなる
目の疲れや耳鳴り、難聴などが起こります。めまいが出るケースもあります。眼科や耳鼻科は行って不調を訴えても、原因の特定が難しいようです。この場合も、耳や目が直接痛んでるわけではありません。脳の、視覚や聴覚を担当している部分が、機能不全を起こしていると考えられています。



ここまで、家族や友人、またはあなた自身で、思い当たることがあれば、それはうつ病かもしれません。
症状が多岐に渡るために、病気か否かの判断が難しいところです。しかし、因果関係のない複数の症状が現れたら、うつ病の可能性を疑ってください。

タグ:うつ病
nice!(0) 
共通テーマ:健康

うつ病の症状 1 [うつ病]

■ うつ病の症状



うつ病とは、精神障害の一種です。鬱病・欝病と書きます。
気分がうつになり、原因のない不安や焦燥(しょうそう)、精神活動の低下、食欲低下、不眠症。こうしたことを起こす精神疾患です。

極めて精神的な病気なので、症状から病気を判断するのが困難です。
まず症状について、精神的なものを身体的なものとに分けてお話します。



○ 精神的な症状

マイナスな感情が芽生えてきて、やる気がでなく、頭も回らなくなる。こうした症状があらわれます。中でも、一番多いのがマイナス感情です。


マイナスな感情(不安、悲しみ、焦り)
不安、悲しみ、焦りは、うつ病最大の症状です。原因のない、自動的な不安や悲しみが生まれます。若い人の場合では「焦り」が表面に出てくることがあるので、端からは落ち込んで見えません。周囲がうつ病に気づくのが遅くない一因となってます

初期のうちは、楽しいと思う感覚も残っているものの、何もしないと漠然としたイヤな気分になります。この先何も良いことがないんじゃないか、自分はダメなやつだ、何をしたってムダだ。そうした考えが心に広がります。

この症状が進むと、何もないのに泣いてしまうことも。「悲しい出来事」などという原因もないので、気分転換もできません。


やる気がでない
マイナスな感情に次いで多いのが「やる気がでない」症状です。初期には仕事に取りかかれずにグズグズする程度ですが、症状が進むと好きだったことさえ興味を失います。楽しいことをする気になれないのです。心の希望が消えるので、前向き姿勢失われます。

これがさらに進んでいくと、どうなるのでしょう?

 外出する気がなくなる
 着替えや洗顔が面倒
 入浴も面倒

極端にいえば、ベッドから出られなくなるところまで進行します。
表面的には「怠けている」ようにみられますが、意識が違います。

怠けの場合
「別に、やらなくても困んないだろー」

うつ病の場合
「やらなきゃいけない」

やる気の意識は残っているのですが、手を付けることができないのです。こうしたことは「精神運動抑制」といいます。「やる気が抑え込まれている」というわけです



頭が回らない
「仕事ができなくなる」という症状です。これは、働く人にとって非常に困った状態です。

最初のうちは「勘がにぶる」「アイデアが浮かばない」という程度の印象です。それがやがて、物事の優先順位が分からなくなっていき、大切ことが理解できなくなっていきます。
からだの動きが遅くなったり、口数が減ったり、会議などで自分の意見が言えなくなる。といいたことも起きてきます。

「頭が回らない」のは年齢に関係ありません。若い人てあっても物覚えが悪くなったり暗算が苦手になります。

取り掛かかっている仕事の能率が、目に見えて落ちてきます。「自分はもうダメだ」「まわりに申し訳ない」などの「自責念慮」が出てくるようになります。こうした悪循環が始まると症状がさらに悪化していきます。
進行すると、何をすべきか全然分からなくなります。


タグ:うつ病 症状
nice!(1) 
共通テーマ:健康

冬だけ体がだるい 冬季うつかも? [うつ病]

■ 冬だけ体がだるい 冬季うつかも?


「 冬季うつ? 」

聞きなれない言葉かもしれませんが、文字通り冬にだけ訪れるウツのことです。

季節性うつ病の一種で、季節性情動障害、季節性気分障害、季節性感情障害などと、いくつかの言い方があります。

名前の通り、秋から春にかけ、うつ病のような症状が出る病です。一般的なうつ病の症状といえば、気分の落ち込みや疲れやすいなどですね。冬季うつは、それに、過眠や過食が加わります。まるで、うつ病とは正反対の症状も現れるので、うつだと自覚されにくいようです。

冬季うつは、一度発症すると、毎年繰り返すと言われています。冬以外の季節は元気なのに、冬になるとなぜか気が重くなったりだるくなる。そんな状態があって、生活にも支障をきたすようであれば「冬季うつ」なのかもしれません。



■ 冬季うつの原因とは?

冬季うつを発症する主な原因は、日照時間の短さです。冬になると日照時間が減少するため、体内でさまざまな変化を引き起こします。その変化こそが冬季うつを発症させる原因というのです。なぞそうなるのか、2つの説が挙げられています。

1 日照時間が短くなると光の刺激が減り、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減少。それが原因で脳の活動が低下してしまう

2 目に入る光の量が減ることで、睡眠に深く関わるホルモンであるメラトニンの分泌のタイミングがずれたり、分泌量が乱れ体内時計が狂う

光の量が誘引になるので、北向きなど光が入りにくい部屋での生活による日照量の減少も引き金になります。また、光とは別に、生活リズムの乱れや、過度のダイエットによる食生活の偏りなども、うつに結びつきます。


■ ヨーロッパでは一般に認知

日本では「冬季うつ」という病名自体が一般的ではありませんし。認知度も低いです。存在を知らないが故に、冬場のうつ症状を「こんなものだろう」と思っている方も多いのではないでしょうか。

ヨーロッパにおいて、冬季うつは一般的な病としてよく知られています。というのも、ヨーロッパは緯度が高い国が多く、冬場の日照時間が極端に短くなる人が多数を占めます。多くの人々が冬季うつに悩まされていることを受け、治療に有効とされている光治療を受けられる場所が、公共施設などに備えられているそうです。



うつ病と同じく、冬季うつにも「無気力感に襲われる」「自己否定的になる」などのうつ特有の症状が出ます。ただ、食欲と睡眠に関しては、一般的なうつ病とは正反対の症状がでることがあります。


食欲

 うつ病
  食欲不振に陥る

 冬季うつ
  過食になる(体重が増加する場合も)
  特に甘い物を食べたくなる

睡眠

 うつ病
  不眠となり、睡眠時間が短くなる

 冬季うつ
  睡眠時間が長くなる
  10時間を越えても眠くなることも


このように、過食と過眠は冬季うつの代表的な症状です。うつ病のような症状と一緒に、この2つの症状が出た場合は冬季うつの疑いがあります。早めに病院を受診しましょう。


光に当たって治す! 冬季うつの治療法

冬季うつの代表的な治療法は、高照度光療法です。これは、人工的に2500~10000ルクスの光を浴びることで、睡眠・覚せいリズムをつかさどっている脳内の睡眠物質であるメラトニンの分泌を調整して症状を改善させる治療法です。治療実施者の約70%の人に効果があり、1週間で効果が現れることもあります。
なお、高照度光療法でも改善が見られなかった場合は、抗不安薬や抗うつ薬の服用、ビタミンB12(光に対する感受性を高める効果がある)の摂取なども行われます。


■ 冬季うつの予防と改善

冬季うつは、日常生活で行っていることを、ほんの少し意識するだけで予防や改善ができます。大事なのは、生活リズムを正すことと積極的に日光を浴びることです。

毎日、できるだけ同じ時間に起きて朝日を浴び、生活リズムや体内時計を正しましょう。起きることができない人は、部屋の照明をつけて明かりを浴びるだけでも効果的があります。早起きをして日照時間を増やすなど、日光に当たる生活を心がけます。日が入らない部屋で生活や仕事をしている人は積極的に外出します。とにかく、意識的に日光に当たりましょう。


食生活に気をつけることも、改善につながります。
うつ病の原因とされているのはセロトニン不足です。セロトニンは、食事から摂取する必須アミノ酸の一種、トリプトファンから生成されているので、食生活でセロトニン不足を改善することができます。バランスよく摂取することが大切です。

たんぱく質
 肉や魚、豆など。(たんぱく質を多く含む食材には、トリプトファンが含まれている)
炭水化物
 米やそば、いも類など。(トリプトファンの吸収を手助け)
ビタミンB6
 バナナやさつまいも、青魚など。(トリプトファンの吸収に必須)
EPA、DHA…青魚に含まれており、抗うつ効果があるとされている。



最後に、有酸素運動も冬季うつの改善に効果的です。幸福感や快感をもたらすエンドルフィンを脳内に分泌させてくれるだけでなく、屋外での運動は気分転換やストレス解消にもなります。もちろん、日照量も増えるので一石二鳥。

まずは、ストレスを感じない程度の、気軽な運動から始めてみるのがいいでしょう。


タグ:冬季うつ utu
nice!(7) 
共通テーマ:健康
うつ病 ブログトップ

最近の「病気と症状」記事

  1. 神経にも効く ビタミンB1
  2. むくみの原因
  3. 足に力が入らない(腰が抜けた)
  4. 胃潰瘍を原因とする吐き気
  5. 予測体温と実測体温
  6. 冬の脱水症状と症状について
  7. 正確な体温を測定
  8. 危険な便秘サプリ キャンドルブッシ..
  9. 更年期の記憶力低下。女性ホルモンの..
  10. 「うつ病」早期発見と早期治療が必要..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法