So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法
抜け毛・薄毛・細毛 ブログトップ

薄毛の原因は、数年前のダイエット? [抜け毛・薄毛・細毛]

■ 薄毛の原因は、数年前のダイエット?


女性のみならず、健康を支えるダイエットは現代のたしなみかもしれません。でも無理なダイエットが原因で、身体ところか髪までやせてしまう女性が急増といいます。

ダイエットの失敗成功は、直にみために表れます。「これは合わない」「ダメ」とわかれば、別の方法に切り替えるなり、中止するなりすればいいと、誰もが信じてますが。

 「食生活のツケは、数年後にまわってくる」

恐ろしいことですが、時間が過ぎた将来に薄毛にってしまう危険がささやかれてます。
ならば、どうすれば薄毛を回避できるのでしょうか。今回はとくに女性の「時差式薄毛」にらないための栄養補給のポイントについてです。


■ 髪の寿命が問題です

髪にはサイクルがあることがわかってます。ヘアケアを意識する人にとっては常識といってもいいですね。1本の髪の毛の寿命は2~6年。ところが、無茶な食生活を続けているとこの常識に変化がでます。影響すぐではなく、新たに生え変わる数年後。髪が細くなったり、薄くなったりする可能性が高くなるのです。

極端に食事量を減らしたり、短期間で急激に体重を落としたりするダイエットは避けましょう。この期間に摂取したわずかな栄養は内蔵に優先されて送られていきます。末端であり命影響が及ばない部位は後回し。頭皮ももちろん後回しの仲間です。この時期に生え出した髪は不運。栄養失調での誕生になりやすくなります。


・ダイエットはセオリーを護って

ダイエットでおとせる体重には限界があります。
1か月間に落としていいとされる体重は、自分の体重の5%以内。これが目安です。体重が50㎏の人であれば、月にマイナス2.5㎏までにとどめましょう

健康な髪を保つには、食事の内容も大事です。髪の毛は99%がタンパク質なので、良い髪には良質なタンパク質が不可欠。肉や魚、卵、乳製品などの動物性タンパク質と、大豆やピーナッツなどの植物性タンパク質をバランスよく食べることが、抜け毛対策となります。

それだけでなく、タンパク質の吸収を高めるビタミン類も大切です。旬の野菜や果物を選べば不足分を効果的に補えます。冬であれば、白菜やホウレンソウ、小松菜、ニラ、大根、ミカンなどがおすすめでね。


海藻は「髪にいい」と言われてますが、あれには鉄、銅、亜鉛などのミネラル類が含まれてます。そのような栄養素には、血管から栄養を受け取って髪を作る毛母細胞の細胞分裂をスムーズにし、髪質をよくする働きがあります。機能的には、タンパク質の吸収を助けるものです。単独で摂るというよりタンパク質と一緒に摂取したほうが効果が高いそうです。


・睡眠を忘れないで

寝る子は育つ。人間は眠っている間に身体の疲れをとって成長を促します。そんな成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、22時から翌2時にかけての時間。いわゆる「ゴールデンタイム」というヤツです。「ゴールデンタイム」否定説もありますが、個人的には信仰者です。実際、昼間の睡眠と夜間の睡眠とでは、疲れの取れ方が段違いですから。流氷環境に住むシロクマは、冬の流氷上でしか狩ができないよう新化しました。それほど、人間を含んだ生物は長期自然現象に依存した営みを送っているのです。

夜に寝る。昼に活動。
これは心身にとって外せない良好サイクルといえます。

寝る直前の飲食は睡眠を邪魔します。内臓が消化活動に入ってしまことで、よい睡眠が得られなくなるのです。この場合も、成長ホルモンの分泌量が減って髪が成長しにくくなってしまいます。寝る前のアルコールやカフェインも睡眠の質を下げてしまうので、結果、髪の成長を妨げることにります。

髪の成長を促す理想は、寝る3時間前までに飲食をすませることです。そして、髪が栄養不足にならないよう、タンパク質を中心に、日ごろからバランスのよい食事を心がけていきましょう。


タグ:薄げ
nice!(0) 
共通テーマ:健康

間違いだらけの、暑い環境での抜け毛対策 [抜け毛・薄毛・細毛]

■ 間違いだらけの、暑い環境での抜け毛対策

冬に書いてる記事で申し訳ないのですが。
暑さで汗をかきやすい夏は、頭皮の状態を気にする人が増加します。とくに多い症状(状態?)は、頭皮のべたつきや、脂っぽさです。

これ、暑い夏でなくても普通におこってますよね?
 ギュウギュウ詰めの電車やバス。
 暖房の効きすぎたオフィス。
 窓を開けたくなるほどストーブガンガンの部屋。


「中高年になってから頭皮の皮脂が増えた気がするし。抜け毛だって増えたようだ」

暑さとそれに纏わる皮脂の症状。これを問題視する人はもしかすると「脂漏性皮膚炎」という病気になっている可能性があります。そして、皮脂が関連する頭皮や抜け毛のトラブルは、これだけに留まりません。暑い夏や暑い環境で注意したい疾患と頭皮・毛髪ケアについてお話します。


・脂っぽいフケは脂漏性皮膚炎の危険サイン

「脂漏性皮膚炎」は、皮脂の分泌が盛んな部位が赤くなったり、皮膚が細かくはがれ落ちたりする病気です。頭皮、髪の生え際、眉間、鼻の周囲、耳の後ろの皮膚などにできやすいのですが、頭皮の脂っぽいフケ症に思いあたるならば初期の症状かもしれません。子供から大人まで、年代を問わずに発症します。

皮脂の分泌には男性ホルモンが関わっています。そのため、脂漏性皮膚炎は成人男性に多いと思われがちですが、女性に生じることも珍しくありません。皮脂の分泌が活発である子どもも、発症頻度が高いことが分かっていますが、成人と子どもでは異なる部分もあります。皮脂の分泌量は年齢や気候で変化するからです。さらに、ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンのバランスの崩れなどにから体調も影響します。夏に頭皮が脂っぽくベタベタするのは、汗の量が多くなるため、皮脂と混ざって頭皮や髪の毛にくっつきやすくなるからだと思われます。


・皮脂を分解し、皮膚に炎症を起こすマラセチア

 脂漏性皮膚炎の発症や悪化には、皮脂そのだけでなく、マラセチアというカビ(マラセチア属真菌)が深く関わっていることが、近年になってわかってきました。

マラセチアは、よくある白癬菌(水虫の原因菌)とは異なったカビの仲間です。酵母真菌と言わる皮膚の常在菌の一種で、酵素で分解した皮脂を栄養源にするため毛穴周辺に生息します。メカニズム解明は不十分ですが、このマラセチアが皮脂を分解する時に生む「遊離脂肪酸」が皮膚に炎症を起こすのではないか、そして脂漏性皮膚炎を発症させたり、悪化させたりするのではないかと考えられています。


■ 早めの治療が肝心です

 脂漏性皮膚炎が原因でフケの増加や頭皮がかゆくなっているなら、マラセチアの過剰繁殖の可能性があります。
 フケが非常に増えてしまうと、炎症が進行して重症化、「粃糠性(ひこうせい)脱毛症」と呼ばれる脱毛症を起こすことがあります。これは男性によく起こるものでフケ症に併発するタイプの脱毛症です。「粃糠性脱毛症」も「脂漏性皮膚炎」も自然には治りにくい疾患です。早めの皮膚科受診が大切です。


■ 抜け毛の原因は、汗や皮脂ではない?

上記のことから勘違いされやすいのは、「頭皮が汗や皮脂で汚れると髪の毛が抜ける」と思ってしまうことです。
汗や皮脂が分泌されただけで抜け毛が増えることはありません。皮脂は髪や頭皮を守る成分です。よって単純な「汚れ」とは違います。脂漏性皮膚炎のようなトラブルになってしまうのは、マラセチアのような炎症のきっかけがあるのです。

 キレイにしないと毛が抜ける
 脂性やフケが抜け毛の原因

そのように思い込んで皮脂によるべたつきを気にしすぎるあまり、1日に何回も洗髪したり、洗浄力の強いシャンプーでひっかくように洗ってないでしょうか。皮脂が洗い流され過ぎれば、外部からの刺激に対するバリアー機能が弱まります。頭皮がダメージを受けてしまい、それがフケを増やし、結果的に皮膚の炎症を生じやすくしてしまいます。真夏であっても、普通のケアだけで清潔さは十分に保てます。


・アルコール含有のケア用品・紫外線

暑くなる夏の頭皮は、乾燥対策も重要となります。たくさん汗をかくのに乾燥するとは不思議ですね。暑さで頭が蒸れやすい時期は誰しもさっぱりしたいので、爽快感のあるシャンプーや整髪料、育毛トニックを使う人が増えるものです。ですがこれらの商品には、アルコール(エタノール)を含むものが少なからずあります。アルコールには、皮脂を溶かして水分を蒸発させる作用があります。その結、頭皮が乾燥しやすくなって、バリアー機能が衰えてしまうのです。使用後、頭皮のひきつりや痛みを感じる方は注意が必要です。

室内では関係ないですが、夏の外では頭皮の日焼けに注意が必要です。日焼けというのは皮膚のやけど、つまり炎症です。頭皮を傷つけて抜け毛につながるダメージとなるのです。薄毛の人は守りが浅いので、紫外線の影響をストレートに受けやすいといえます。帽子などをかぶり、強い紫外線から頭皮と毛髪をしっかり守ってください。



nice!(0) 
共通テーマ:健康

毛が抜ける(抜け毛)の、信じられない原因 [抜け毛・薄毛・細毛]

毛が抜ける(抜け毛)の原因は、さまざまです。ストレスなど精神的なものや、生活環境、強い薬の影響であったり、病気が潜んでいる場合などです。さらに、その人自身にまったく見に覚えの無い「先天的」ことが原因ということもあります。

抜毛の説明の前に、髪の毛とはどういう特性を持っているのでしょうか?

ガンの治療を例にとります。抗癌剤を投与された人の髪の毛は、直ぐに脱毛してしまいます。そして治療が終了してしばらくすれば、またもとの状態にもどります。こうしたことから、髪の毛はストレスに非常に弱いということがわかります。それと同時に、再生する能力にもすぐれているということも示しています。


性ホルモン

性ホルモンには、男性ホルモンと女性ホルモンとがあります。男とか女そかに関係なく、男性ホルモンも女性ホルモンも、その量の差はありますが、みんな体内に有しているのです。一般的には、男性ホルモンが多いと毛の量が多くなって、女性ホルモンが多いと毛の量は少なくなります。

しかし、頭のてっぺんの毛については少し違います。ほかの体の毛は濃いのですが、頭頂部だけ毛の薄い人は、どこにでもいます。いわゆる「てっぺんは禿げ」です。頭の天辺にも男性ホルモンは分泌されているのですが、なぜか、その部分だけ毛の「ホルモンの細胞(ホルモンレセプター)」が反応しなくなっているのです。メカニズムはいまだ解明されていません。


髪の毛が無くなったり、抜けていく症状には次のような病気があります。

 頭部白癬
 円形脱毛症
 壮年性脱毛症
 先天性無毛症
 瘢痕性無毛症
 脂腺母斑
 薬物による脱毛症
 抜け毛症
 下垂体機能低下症
 甲状腺機能低下症

では、準を追って説明します。



頭部白癬とは、ピンク色でウロコ状の痒みを伴った、頭にできる皮疹のこと。皮疹のできると、その部分の毛が、まだらに抜け落ちます。

円形脱毛症とは、頭の毛が丸く円をかいたように抜け落ちること。痛みや痒みなどはありません。

壮年性脱毛症とは、おでこから、頭のてっぺんにかけての毛が、だんだんと抜け落ちていくこと。年齢とともに、抜ける髪の毛の量も増えていきます。いわゆる「加齢によるハゲ」のことです。

先天性無毛症とは、生まれつき毛が生えてこない症状です。

瘢痕性無毛症は、怪我などをした事をきっかけにして、それまで毛が生えていた場所に、毛が生えなくなってしまうことを言います。

脂腺母斑とは、生まれつき頭にできている少し盛り上がったような黄色っぽいアザのこと。そのアザの部分にだけ毛が生えてこないものです。

薬物による脱毛症は、上記で言った「抗癌剤などの副作用」などです。薬物の影響によって毛が抜け落ちてしまうことを言います。

抜け毛症とは、常に毛が抜けやすい状態の人です。体質的なものがあるいおうですが、だんだんと頭の毛が薄くなってきます。たんぱく質や鉄分、ミネラル分の不足やタバコ、ストレス、それに肌に合わないシャンプーの使用も、抜け毛の原因になります。


他にも、「下垂体機能低下症」や「甲状腺機能低下症」などが抜け毛に繋がるケースもあります。

脳下垂体は、多くのホルモンの分泌を行っている内分泌器官です。前葉と後葉とに分けられまが、このうち、前葉でつくられる種々のホルモンの分泌が障害されて起こる病気が「下垂体機能低下症」です。身長が伸びない、筋肉や骨量の低下、月経がこないなどの症状が現れます。不妊症や体重増加、脱力感、それに脱毛も引き起こします。

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌量が不十分になる病気です。顔が腫れぼったくなったり、皮膚の乾燥や寒さに敏感になり、体重の増加などが見られます。脱毛も起こります。全身がエネルギーを利用できなくなるために、症状は非常に多彩です。

大きな病気にかかってしまうと、もはや、髪の毛ばかりを心配している状況ではないようです。

nice!(2) 
共通テーマ:健康
抜け毛・薄毛・細毛 ブログトップ

最近の「病気と症状」記事

  1. 原因不明の腹痛や下痢や発熱はクロー..
  2. 血液をさらさらにするには?
  3. ヒアリに刺された場合の対処
  4. お腹の右上が痛いなら、胆石症かも
  5. わかっていたつもり白内障
  6. ほうれい線などの顔のシワを即効で消..
  7. 身体が壊れるロコモとは?
  8. 恐い 子宮頸がんワクチンの副作用
  9. 子供だけじゃない 大人の喘息
  10. 食物アレルギーの死亡者は増加してる..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法