So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

寝汗とは 1 メカニズム [寝汗]

寝汗とは 1 メカニズム


寝汗とは、言葉のとおり「寝ている間にかく汗のこと」です。
人は、寝ている間にも、汗をかいているものですが、自然なレベルの汗は寝汗といいませんし、風邪など、病気にかかってかく汗も、寝汗と呼ばれません。

寝苦しいとか。
うなされるとか、

こうした状態の眠りで、かく汗を指すイメージがありますよね?
寝汗について深刻悩む人は少ないでしょうが、いま、ここではちょっと気に止めてください。

寝汗の症状とはどんなものでしょうか。
また、原因は何なのでしょうか?

これまで、気にもとめることのなかった寝汗について、ちょっとお話します。


■ 寝ている汗のメカニズム


寝ている間にかいている汗の量は、どのくらいでしょうか。

大人の場合だと、一晩の間にコップ1杯から1.5杯程度の汗をかきます。かつて、布団乾燥機な何かのCMで、奥さんらしき女性が、布団にコップの水をぶちまける映像をみたことがありますが、だいたいそのくらいの量の水を布団は一晩で吸っているわけです。

幼児や乳幼児は新陳代謝が活発なので、大人よりも汗の量が多いといわれます。

寝ている間にかく汗は、健康な体のために必要な自然な生理現象です。深い眠りにつくとき、人は体温を下げようとして汗をかく。これが寝汗の正体です。

若い人。高齢の人。男性女性。誰にしても、寝汗をまったくかかないという方は、いないでしょう。


ただし、寝汗の量が尋常でない場合は、なにか異常があると考えられます。

タグ:寝汗
nice!(2) 
共通テーマ:健康

寝汗とストレス [寝汗]

寝汗は、汗が盗まれるもの?


普通、寝ているときに誰でもかいている汗。
「寝汗」と呼ばれる汗は、たいして暑いわけでもないのにやたらにかく汗をさしてます。汗を出す中枢が過敏になるために起こるものであり、その原因は「生活習慣」や「病気」でした。

寝汗には、「盗汗」と呼ばれるものがあります。
これは漢方の言葉で、病的な汗を指します。

漢方では、血液や涙などの体液を総称して〝津液〟といっていて、汗も津液の一種になります。水分を補給しない状態で汗をかけば、体内では血液などの濃度を上がります。血液がドロドロの状態です。体内の水分量はある程度決まってますから、体液の水分を〝盗んで〟汗にしてしまっているわけです。水分補給が出来ない睡眠中の「寝汗」の事を「盗汗」というのはこうした理由です。

横道に逸れました。。。

症状としては、頭部や首から胸の周りを中心に粘っこい汗をいいます。なかでも虚弱な人や、精神不安の人、慢性の消耗性の疾患の人に多くみられます。病気なので治療の必要があります。


寝汗の原因

寝汗の原因は、自律神経バランスの乱れからくるといわれてます。自分の意思では、動かすことも止めることもできない動作をコントロールしている神経が「自律神経」。この自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、「自律神経失調症」とは、片方の神経に負担がかかり過ぎてバランスが崩れる状態です。

「自律神経失調症」の大きな原因は、ストレス。ストレスは精神的なモノと断定されがちですが、病気によっては体内的なストレスが生じています。ストレスは、頭痛や不眠など様々な症状もたらします。寝汗もその一つということですね。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

寝汗のタイプと改善法 [寝汗]


寝汗を、ざっくりわけると「病気」と「生活習慣」の2つである。。。ということになります。ストレスの要因も大きいこともわかっています。そうはいっても、症状には個人差があるし、病気と平常時の中間というのもあるわけです。
 
今回は、寝汗そのもの症状とタイプのお話しになります。


・過度の心労による寝汗
 大きなストレスによって、「自律神経失調症」が乱れて、睡眠中の体表を守る力が不足するために出る寝汗です。寝汗のほかにも、動悸を起こしたり、眠りが浅かったり、夢を多く見たり、すぐ疲れるといった症状があります。

・慢性病による寝汗
 何らかの病気が慢性化したことによって、体液物質が消耗し、体内に熱が生じて頻繁に汗をかく症状です。 手足がほてったり、体が熱かったり、足腰がだるくなるといった症状があります。

・昼間も汗
 「過度のストレスによる寝汗」と同様です。体表を護す力が不足し、動いてもないいのに昼間でも寝汗のように汗をかきます。汗の外にも、「疲れやすく元気がない」「風邪を引きやすくて治りにくい」「ウトウトする」「冷える」といった症状がでます。

・食生活の乱れ・ストレスによる寝汗
 胃腸機能が低下すると湿気と熱が発生して、寝汗が起こります。首から上にじっとりした寝汗をかくのが特徴です。口が粘ったり、体が重くなったり、むくみや吐き気、足がほてるといった症状があります。



■ そんな寝汗の対処方法です。


・ストレスが原因と考えられる場合
 寝汗うち、ストレスが主な原因と思われる場合、とにかくストレスを解消することが第一。ストレスの結果として寝汗が出ているわけですから、それが無くならない限り、どんな治療を行っても対処療法でしかありません。ストレスの正体は「感情」です。喜怒哀楽こそがストレスなので、抑えこまいことが治療に直結します。

悩み事があるなら、誰かに相談したり、愚痴ったりするだけでも、かなりストレスは軽減されるはずです。一人で抱え込まないこと。ゲームでも、お酒でもなんでもいいから、感情を燃えさせることです。

他の手段としては、抗不安薬で症状を抑える方法もあります。作用時間の長いものを、寝る前に服用するのが、寝汗には効果的です。


・体の病気が原因と考えられる場合
微熱や倦怠感があるときの寝汗は、体内で慢性の炎症が起こっていることが考えられます。また、甲状腺機能異常などホルモンの病気の疑いがあるかもしれません。この病気は睡眠中以外にも、日中にも、汗が出る特徴をもちます。ほかに、もしもひどい咳や痰などの症状を伴うなら、「結核」の可能性もあります。

たんぱく質やビタミン類などの栄養素が不足しているときも、寝汗をかきやすいと言われます。自覚症状が何もないにもかかわらず、寝汗に困っているなら、食生活の方面から見直していきます。

ちなみに、単に寝汗だけを改善したいのなら、市販の漢方薬などを探してみてもいいでしょう。

タグ:改善 寝汗
nice!(0) 
共通テーマ:健康

寝汗がひどい原因 [寝汗]

誰でも寝ている間に、若干の汗をかいています。
コップ1杯くらいといわれますが、それぐらいなら正常ということです。
しかし、ときにはそれ以上の汗を、寝ている間にかいてしまうことがあります。


■ 寝汗がひどい原因


ひどい寝汗を原因は、2つほど考えられます。
生活習慣と病気です。


1.生活習慣による寝汗

生活習慣による寝汗のの代表格はパジャマです。吸湿性の悪いパジャマを着ていると、コップ1杯程度の普通量の寝汗さえ、吸収することができません。起きた時、寝汗がひどいので驚いてしまったり、なにかの病気を勘違いしてしまうことがあります。

また、暑い季節なのにも関わらず、必要な策を講じない場合も寝汗をかきます。パジャマをふくめて、環境が涼しくないということです。夏は、部屋の温度ばかりでなく、布団にに気を配ってください。


2.病気で寝汗

風邪をひいたときなど、病気で体温が上昇したりすると寝汗をかきます。これは、病気といっても正常な状況ですね。「寝汗」という括りにいれるのはオカシイかもしれません。

比較的正常でない病気の中に、「自律神経失調症」があります。自律神経失調症にかかると、自律神経系が間違った判断をして、必要以上の汗を出すことがあります。医者の治療によって、自律神経失調症を治すことで、不自然な寝汗が収まっていきます。

ところで、自律神経失調症以外の病気と寝汗には、ほぼ関連性がないと考えられています。やはり、風邪でかく汗は「寝汗」といわないということですね。自律神経失調症でないのに、寝汗がひどく場合は、病気ではないことがほとんどと言われます。そのへんは、安心してください。


タグ:寝汗
nice!(1) 
共通テーマ:健康

最近の「病気と症状」記事

  1. 原因不明の腹痛や下痢や発熱はクロー..
  2. 血液をさらさらにするには?
  3. ヒアリに刺された場合の対処
  4. お腹の右上が痛いなら、胆石症かも
  5. わかっていたつもり白内障
  6. ほうれい線などの顔のシワを即効で消..
  7. 身体が壊れるロコモとは?
  8. 恐い 子宮頸がんワクチンの副作用
  9. 子供だけじゃない 大人の喘息
  10. 食物アレルギーの死亡者は増加してる..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法