So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

女性の胸の痛み ブログトップ

胸(乳房)の痛み 4 [女性の胸の痛み]

■ 胸(乳房)の痛み 4


乳房の病気で怖いのは、やはり乳癌です。

ただし、怖いといっても進行が遅いという特徴があります。
早く見つけてしまえば、怖いことはないのです。
そのため、大切なのが、日頃からの予防や対策です。


■ 日常生活でできる予防法

月に1回は、乳がんのチェックをします。
チェックといっても、医者に行くわけではありません。あなた自身で、自分をチェックするのです。項目はたったの3つ。次の順序にしたがって、自己検査を行いましょう。

1 鏡を使う
  鏡の前に立って自分の乳房を確認。
  両手を挙げたり下げたりして、乳房の形や色を観察します。

2 立った状態で
  立ったまま、親指以外の4本の指の腹で乳房を押さえます。
  抑えたまま渦巻き状に動かし、しこりがないか調べます。

3 仰向けに寝る
  仰向けになって調べます。方法は2と同じ。
  乳房の方の手を上に挙げます。
  親指以外の4本の指の腹で乳房を押さえながら渦巻状に動かします。
  乳房全体や、脇の下にもしこりがないか、よく調べることです。


以上の3つを、両方の乳房で行います。癌の中で乳がんだけは、唯一、自分自身で発見できる癌です。日頃から自分の乳房をよく見たり、触ったりする習慣をつけておくようにしましょう。

こうして、日頃のチェックをしつつ、年に1度は健康診断や医療機関で乳がんの検診を受けます。検診方法は「視触診」「エコー検診」「マンモグラフィ」です。

医師が乳房の形を見て、次に触れてしこりの有無を確認するのが「視触診」。超音波で乳房内部の画像を映すのが「エコー検診」乳房の中を微量のX線撮影で細かくみるのが「マンモグラフィ」です。エコー検診やマンモブラフィでは、しこりの全体像を見るので、ある程度、良性か悪性かを判断することができます。

乳がんは早期発見が全て。早い治療を行えば、乳房を失うことなくほとんどが治ります。乳がんは、早期発見が大切なんです。


■ 対処法

ほかの癌と違って、乳がんの場合だけは、自分で異常に気付いて受診したというケースがよくあります。異常の種類は次のとおり。

 乳房にしこり
 皮膚のしわやへこみ
 皮膚の変色
 乳頭からの出血
 乳頭のひきつれ
 乳頭のへこみ
 異物感

「なんか変だな。」と、気のせいかもしれない場合でも、早急に主治医や専門医のいる病院を受診することがポイントです。

受診先は、「婦人科」と思っている人が多いようです。ところが、乳房の病気を専門領域にしているのは外科です。最近になって乳房の病気を専門としている「乳腺外科」も登場してます。乳房に関しては、「婦人科」よりも、外科か乳腺外科のほうがいいでしょう。

タグ:乳房 痛み
nice!(0) 
共通テーマ:健康

胸(乳房)の痛み 3 [女性の胸の痛み]

■ 胸(乳房)の痛み 3

次回に続き、「乳房が痛くなる病気」の説明です



4.乳腺症

乳腺に、良性のしこりができる症状です。乳腺の病気の中では最も発症します。年代的には30代~40代によくみられます。次のような特徴があります。

 乳房の片方か両方
 境目のはっきりしなく弾力がある
 大小さまざま
 数は複数

生理の前に大きくなって、始まると小さくなるのも特徴です。また、しこりは手で触れても感じます。乳がんと間違えられることもよくあります。乳房に張りや痛みを感じることもあるのですが、生理前には強まって、生理の始まりにやわらぎます。

原因は、「卵巣ホルモンの周期的な変化に乳腺が次第に同調できなくなる」と考えられてますが、明らかではありません。「本来は病気ではない」ので治療の対象にはなりませんが、生検(患部の一部を切り取って,顕微鏡などで調べる検査)なとで増殖性が確認された場合は、乳がんが発症するリスクが高くなります。


5.乳腺線維腺腫

乳腺に、良性の腫瘍ができる疾患のこと。大豆サイズ~ジャガイモサイズくらいのしこりが、乳房にできます。見た目にはっきりしていて立体感があり、手で触るとコロコロと逃げるように動きます。痛みはありません。

近年の研究によって、腫瘍でなくて炎症に近いと判明してます。良性なので転移はしませんし癌化の可能性もありません。しかし、見た目に醜いほど大きくなることもあります。そうした理由から、手術で摘出しまうことも少なくありません。


6.乳がん

ご存知、乳腺にできるがんです。40代以上に多く発症します。とくに乳癌になりやすい人は次のとおり。

 肥満の人
 高齢出産をした人
 授乳の経験が少ない人
 癌にかかった人が親族にいる

痛みのない硬いしこりが乳房にできます。押しても動きません。癌が進行していくと「皮膚にへこみができたり」「乳首から血の混じった分泌物が出る」といった症状が起こることがあります。怖い病気ですが、他のがんに比べて進行が遅いという特徴を持ちます。しこりが1cmほどの大きさになるまで、10年ほどかかるのです。早期に発見できれば、90%以上の人が治ります。定期健診が鍵ですね。


7.女性化乳房症

これは、女性の病気ではありません。胸部が女性のように膨らんでしまうという、男性の病気です。乳首の中にしこりができたような痛みを感じるケースもあります。原因は次のとおり。

 薬の影響
 思春期のホルモンのアンバランス
 肝臓や副腎などの病気にともなう

複数の原因が考えられていますが、まだ、正確なところは分かっていません。女性化乳房自体は、とくに健康上の問題はありません。ただし、がんや別の病気が潜んでいる場合があります。男性の胸が乳房のようになってきたら、外科や乳腺専門医の診察してもらってください。

タグ:胸 痛み
nice!(2) 
共通テーマ:健康

胸(乳房)の痛み 2 [女性の胸の痛み]

■ 胸(乳房)の痛み 2


乳房の痛み。前回は、普段の生活における痛みでした。2回目は、病気に関した痛みについてです。乳房が痛くなる病気には、どういうものがあるのでしょうか。

乳房に痛みをともなう疾患でもっとも代表的な病気というと、乳腺に炎症が起こる「乳腺炎」です。しこりができる主な疾患には、乳腺線維腺腫や乳腺症、そして乳がんがあります。このうち、押さえたときの圧痛があるのは 乳腺症 のみ。痛みを感じないというのは、それだけ病気の発見が遅れる危険があります。

以下に7つの疾患について、2回に分けて説明します。
今回は3つ目まで。



乳房の痛み、しこりをともなう疾患


1.月経前症候群(PMS)

 月経前症候群とは、生理前になると心と体に不快な症状があらわれるものです。日常生活に支障をきたす状態にまで症状が強く表れます。

 具体的な症状
  下腹部が痛くなったり重くなったりする
  胸に張りや痛みを感じる
  顔や手足のむくむ
  肩こり
  イライラ
  ゆううつ感
  疲れやすい

 ほかに、便秘や吹き出物などが出ることもあります。
 原因としては、女性ホルモンの分泌の変化によるものと考えられています。


2.「急性うっ滞性乳腺炎」
 
 初産の女性に多いとう特徴があります。これには2つの原因があるといわれます。出産後母乳の通り道となる乳管が十分に開いていないこと。赤ちゃんが上手に乳を飲めないために母乳が出口を失い、乳腺の中に溜まって乳房が腫れる。こうして、熱や痛みを持つようになるのです。


3.「急性化膿性乳腺炎」

 乳頭にできた傷口や乳管口から細菌感染することで炎症を起こす病気です。ほとんどの場合は、「2」のうっ滞性乳腺炎が誘因で発症します。悪寒や震えをともなう高熱が出ることが多く、乳房が赤く腫れひどく痛みます。症状が進むと、腫れや痛みはわきの下のリンパ節にまで広がることもあります。治療が不十分だと、慢性化してしまうこともあるので注意が必用です。



ちなみに、2も3も「急性乳腺炎」に分類されます。
ともに、乳腺に炎症が起こる疾患です。

タグ:乳房 痛み
nice!(2) 
共通テーマ:健康

胸(乳房)の痛み 1 [女性の胸の痛み]

女性には、女性特有の病気があります。
今回から、女性の胸の病気についてお話していきたいと思います。

胸(乳房)の痛みやしこりについてです。

内容は、日常生活から考えられる原因や、痛み・しこりをともなう疾患。それに、日常生活でできる予防法や対処法などについて、お話しする予定です。初回は、軟らかめの事態からいきます。


■ 日常生活から考えられる原因


乳房が痛くなる症状は、いくつもの原因が考えられます。日常生活においては、その人の成長や身体の状態によって、乳房にも影響が訪れます。例えば生理や妊娠です。


1.生理の周期による痛み

女性は、生理周期によって女性ホルモンが変化します。この変化を受け、生理前に分泌されるホルモンの作用があこり、乳房に張りや痛みを感じるのです。女性ホルモンの変動すると体調が変わります。具体的には、乳腺内の血管の膨張したり、乳腺組織の増加するために傷みが生じると考えられています。この場合は両方の乳房に痛みを感じます。部位としては、全体的に痛むケースが多いようです。


2.妊娠や出産後の授乳期の痛み

妊娠をした女性は、乳房が急に大きくなることがあります。このときに、乳房が張ったり、痛みをともなったりするのです。こうした変化は、女性ホルモンの分泌量が急増するのが原因です。また、出産後の授乳期にも乳腺の痛みを引き起こすことがあります。


3.乳房の成長期における痛みと張り

思春期は、男女とも身体が成長する時期です。とくに女性の乳房の成長には、女性ホルモンが大きく関与しています。成長期には、女性ホルモンの分泌量が急に増えて、乳房の大きさや硬さが急激に変化します。それにともなって、痛みやしこりのようなものを感じることがあります。


今回は、生活の上で痛くなるケースでした。
次回は乳房の疾患についてです。では。


タグ:乳房 痛み
nice!(0) 
共通テーマ:健康

乳癌になるリスクとその原因 [女性の胸の痛み]

■ 乳癌になるリスクとその原因


女性のおっぱいは、女性であることを表す象徴です。乳癌が悪化して命が脅かされれば、その重要な部分を取り除かなくなることがおこります。今回は、そんな乳ガンについてです。


乳癌が発生するのは乳腺です。

乳房は、主に乳腺組織と脂肪組織で形成されていて、乳房の中にあって乳頭の中心に放射状に15~20個並んでいるのが乳腺です。その乳腺にできる悪性の腫瘍が、乳がんです。

患者の数は30代から増加して、40代~50代でピークを迎えます。日本人女性の15~16人に1人がかかると言われる、極めて発生率の高いガンなのです。


■ 乳がんになる危険因子

下にあるのが危険因子です。病院の乳ガン告知ポスターなどで見たことがあるかと思います。

 ・食生活の欧米化
 ・40歳以上
 ・初産年齢:30歳以上
 ・子どもの少ない人
 ・肥満(標準体重+20%以上)
 ・独身の女性
 ・閉経年齢:55歳以上
 ・親戚に乳がんになった人がいる

これをみれば状況は明確ですね。要は子供がいないか少ない女性が罹りやすいということです。初産の遅い方にもリスクはあるようです。要は、母乳を与えるなどで乳腺を活用していない女性に高いリスクがあるようです。

ただし、上記に該当しないからといって「私は大丈夫」と思うのは間違いです。たとえば「乳がん患者の75~80%は家族に乳がんになった人がいない」というデータもあります。けっして安心はできない病気だといえます。


乳がんは「浸潤がん)」と「非浸潤がん」に分けられます。
分けられると言ってますが、ガンの種類というよりも進行具合が2段階あると思ってくだい。

乳腺は、乳汁を作る小葉と、それを乳頭まで運ぶ乳管で成り立っています。小葉と乳管のなかでとどまっているがんが「非浸潤がん」です。非常に早期のがんに分類され、他の臓器に悪さをしていないので、その部分さえを切除すれば95%以上の治癒が見込めます。

この段階では、乳房を触ってもしこりを感じることはなく、自覚症状もありません。

「浸潤がん」は、小葉や乳管からはみ出して周囲の組織に広がっている状態のがんです。がん細胞がリンパや血液の流れにのって、体のさまざまな場所に転移している可能性があります。しこりを形成し、進行が進むと乳房にへこみやただれ、分泌物がでる、などの変化がみられます。

自分でしこりを自覚したときには、かなり進行している場合が少なくありません。


触っても分からない・・・軽いうちなので切除でカンタンに治る。
触って自覚できた・・・・かなり重いのですでに転移してる可能性。


分かったときにはすでに遅いのが「乳がん」なのです。早期に発見することがいかに大事なことかが、わかりますね。

触って分かり「浸潤がん」であっても、サイズが2cm以下で転移がなければ、命を守れる可能性は約9割になります。そうはいっても、段階によっては長期にわたる治療が必要ですし、最悪、命を落とす危険性もあります。


「 手術でしこりを除去さえすれば大丈夫なのでは? 」

それで治ればよいのですが、乳房以外の場所にもがんが転移している可能性があります。手術では身体に散ったがん細胞すべてを取ることはできません。術後だけではなく、抗がん剤、ホルモン療法薬、その他の薬剤を使って、全身に対する治療を行う必要があります。

この治療が長期に渡るのです。


この抗がん剤治療(化学療法剤)は、さまざまなダメージを伴います。治療が終わり一応の回復があっても、ま再発の不安も残ります。

一般のがんでは、5年間再発がなければ安心だといわれます。
乳がんは5年以上たってからの再発も多いため、10年が目安です。



■ 乳がん早期発見のメリット

早期発見のメリットは非常に大きなものがあります。

 1 乳房も命も守られる可能性が高まる
 2 治療にかかるお金や時間、なにより肉体的な負担も減る
 3 再発の不安が少ない


ただし、健診で見つからないといっても、次回健診までの間に急激に発症進行する危険があります。
油断は禁物なのが、乳がんです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康
女性の胸の痛み ブログトップ

最近の「病気と症状」記事

  1. 子宮筋腫ってどんな病気?
  2. 肌荒れや便秘の原因は、善玉菌の減少..
  3. 便に血が混じっているとき!
  4. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  5. 何度もできる、甘いカラダのチェック
  6. 加齢臭について
  7. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  8. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  9. ■ かかとが痛い症状と考えられる病..
  10. ダニよけ対策は住居全体で。アロマも..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法