So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

【クリアネオパール】
夏バテ ブログトップ

夏バテとは? 予防と解消方法 [夏バテ]

■ 夏バテとは? 予防と解消方法


夏の暑さがきっかけとなって起こるのが夏バテ。身体のだるさや食欲不振という症状がおこりますが、ほかにも、吐き気や下痢、頭痛、めまいといった症状もみられます。これら症状はいったいどのような原因で起こるのでしょうか。


・原因は暑さによる体温調節機能の低下


昔は暑さによる食欲不振や、熱帯夜の寝不足などが大きな原因でした。現代の原因は多少異なっています。引き起こす結果は同じですが、過程が違っているのです。主な原因は気温差による自律神経が乱れです。

猛暑の屋外・エアコンが効いている涼しい室内。このようなと温度差の大きな場所間の移動をくり返していると、自律神経の働きが追いつかなくなり次第に乱れていきます。自律神経が乱れると、本来人間に備わっている体温調節機能が低下するため、体温のコントロールがむずかしくなります。その結果、吐き気や下痢、頭痛、めまいといった夏バテの症状が起こってしまうのです。


・熱中症の疑いも

吐き気や下痢、頭痛、めまいといった症状は、夏バテの症状ですが、こえは熱中症の初期症状とまったく同じです。屋内外の温度差や食欲不振、脱水症状が積み重なったときに起こりやすい夏バテに対して、暑さによって体内の水分や塩分バランスが崩れて起こるのが熱中症。どちらも症状は似ているのですが、熱中症は重症化すると命の危険性もあります。


熱中症の症状はいろいろですが、重症度によって明確に分類されています。

 重症度 Ⅰ度(軽度) Ⅱ度(中等度) Ⅲ度(重度)
 めまいはⅠ度に、吐き気、下痢、頭痛はⅡ度に含まれています。

めまいは、立ちくらみが起こる状態をさしていて「熱失神」とも呼ばれます。運動を終えた直後に起こりやすく、脈が弱って速くなる、顔面蒼白になる、呼吸の回数が増えるなどの症状がみられます。Ⅱ度は、吐き気、下痢、頭痛のほかに、倦怠感、虚脱感、判断力や集中力の低下などがみられます。従来「熱疲労」と呼ばれていた状態で、放置したり対処が適切でない場合は、重症化する危険性があります。

重度であるⅢ度に分類されているのは、意識障害やけいれん、手足の運動障害、言動や行動などがおかしい、過呼吸、ショック症状などです。


■ 吐き気や下痢、頭痛、めまいが起きたときの対処法

吐き気や下痢、頭痛、めまいといった症状が現れた場合は、単なる夏バテだと安易に決め込むのは危険です。熱中症の初期症状だった場合も考えて、適切な対応が求められます。

・(軽度)めまいの場合

涼しい場所へ移動したり、スポーツドリンクなどの水分や塩分を摂取します。ベルトをはずしたり、靴を脱ぐ、服の締めつけをゆるめることも効果的です。このときに身体を冷やすことも忘れずに。血管を直接冷却できる部位を冷やすのです。具体的には、首元や脇、股間など。ピンポイントで冷やすとよいでしょう。

・(中等度)吐き気、下痢、頭痛の場合

対応はめまいと同じです。自力で水分が摂取できないようなら、病院へ搬送します。



上記のような吐き気、下痢、頭痛、めまいの症状を起こさないには、自律神経に負担をかけず、正しく働いてもらうことが大切となります。とはいえ、予防法は難しいものではありません。

普段からこまめに水分補給を行ったり、体を締めつけない服装をしたり、毎日の食事を管理する。バランスのよい食材を選んで料理を食べればなお良いでしょうが、それだけのことです。夏バテや熱中症を予防しましょう。



タグ:予防 夏バテ
nice!(1) 
共通テーマ:健康

夏バテはすると老化が進む [夏バテ]

■ 夏バテはすると老化が進む?


いよいよ暑い夏です。
毎年のことですが、暑くなるたびに、年齢をひしひしと感じていきますね。

20代の頃は、こんなじゃなかった。
30代の頃も、こんなじゃなかった。

「じゃ、どんなだったの?」 と言われても、ノホホンと生きていた身としては、答えに詰まりますが。すくなとももっとハツラツしていたのは間違いありません。

夏バテの症状といえば、「だるい」「疲れやすい」「食欲がない」の3つ。暑さに対応するため、カラダが無理をしたり、気温や湿気の急激な変化にカラダのリズムがついていけず、自律神経のバランスが崩れることが原因で夏バテがおこります。

では、具体的には、どういうことが身体に問題を起すのでしょうか。
原因を探っていくと、3つの問題に分けることができます。


1 夏は高温多湿で不快

夏は暑いので、同じことをするにも、他の季節よりもエネルギーをたくさん必要とします。熱帯夜が続くため寝苦しくなり、眠りが浅くなりがち。ちょっとしたことで、夜中に目が覚めます。また、夜間に汗をたくさんかくことで、多くのミネラルが、体から失われます。


2 夏は栄養がかたよる

熱くて食欲がなくなるので、素麺やうどんなどのあっさりした炭水化物にかたよってしまいます。そのため、身体に有用な、肉や魚などのタンパク質が不足する傾向があります。偏るだけでなく、野菜も含めて全体的に食べる量が減ってしまう人もいるほどです。

夏バテを起こす最も大きな原因は「栄養が偏ること」です。人間の身体は、炭水化物・脂肪・タンパク質からエネルギーを作るためにビタミンBを必要とするのですが、栄養がかたよった結果、夏には、ビタミンB不足になりやすいのです。エネルギーを作るための重要なピースが不足した結果、せっかく食べた物がエネルギーにならないので、「バテ」が進んでしまうのです。

ビタミンBは、豚肉・ウナギ・豆腐・ごま・枝豆・落花生などに多く含まれています。ウナギや豚肉料理が「夏バテ防止」によく食されるのはこのためなんですね。また、ビタミンB群は美肌のためにも必須な成分ですのでおぼえておきましょう。


3 水分が不足する

喉が渇く季節なので、水分はきっちり飲みましょう。水分が不足すると熱中症になりやすいので、注意が必要です。夏には、一日に1~1.5リットルもの汗をかくこともあります。水分が足りなくなると、「血液ドロドロ」になりやすくなります。ドロドロ血液は、皮膚の血行も悪くしますので、どうみても健康によくありません。一日の目安は1.5リットル。こまめに水分補給をしましょう。お茶やコーヒーでよりも、「水」です。



強い紫外線と、栄養の偏りというダブルパンチが、夏バテです。これによって体のサビつきが進行すると「夏老化」しかねません。

食生活が乱れてる・・・そう自覚しているなら、サプリメントなども上手に使いましょう。

栄養やビタミンが不足しているのは理解してても、それができないのが、夏の暑さ。水分なら、薄めたスポーツドリンクが有効。ビタミン補給は、サプリメントが手軽です。DHCなどの製品なら、コンビニやドラッグストアにおいていますよね。複数のビタミンを気軽に摂るには向いてます。


これくらい入っていれば、完璧?
ビタミンとミネラルがたっぷりのサプリ↓

医師が選んだワールドNo.1 マルチビタミンミネラル 【200569-240】UPX(10)

nice!(2) 
共通テーマ:健康

ビールのガブ飲みすぎで脱水症状に? [夏バテ]

■ ビールのガブ飲みすぎで脱水症状に?


 夏だ!
 
 ビールだ!!

 飲み会に注意だ!!!



普段何げなくやっている生活習慣には、気付かないだけで、健康に悪影響を及ぼしているものがあります。
とくにお酒に絡んだ習慣には注意が必要です。

夏は、ビールが美味しいですからね。せっかく楽しく飲むなら、トラブル無しで美味しく過ごしたいものです。
お酒を飲む機会が増える時期だからこそ、気をつけたい危険があります。


・「とりあえずビール」の脱水症状

仕事終わりにやる「とりあえずビール」は体に染みわたって美味しい瞬間。ですが実は「水分補強になってない」と言ったら驚くでしょうか。

ビールは、アルコール・カリウム・水分の相乗効果によって、ほかのアルコールよりも利尿作用が非常に高い飲み物です。ある説によれば、ビールを1リットル飲むと、尿は1.2リットル出るとか。たしかにトイレが近くなる覚えがありますが、飲めば飲むほど水分は失われていくようです。

ビールは、ほかのお酒よりも何杯でも飲めたりしますし、飲んで帰ったあとも、夜中に尿意で目が覚めたりします。喉が渇いているときのビールは、とくに脱水症状を加速させてしまいますが、すべては利尿作用のせいなのです。アルコール類はどれもこれも、利尿作用が高いのですが、ダントツに高いのがビールなのです。


■ 冷えたアルコール類で暑さを感じるのはなぜ?

最近は、フローズンカクテルやエクストラコールドビールなどを出す店も増えていますが、冷たいアルコールを飲んでいるにもかかわらず、酔った身体は逆に熱くほてります。これはなぜでしょうか。

『五臓六腑に染みわたる』という言葉がありますが、これはお腹の実情を言い表してます。つまり、胃袋の近くにある肝臓、心臓を冷やしているということなんです。臓器が急速に冷えると、体のほうは必死に温めようと熱を燃やすように働きます。また、アルコールの働きで心拍数があがり血行もよくなります。そうして、結果的に暑くなってしまうんです。


ビールは冷たいもの!

これは日本の常識ですが、世界ではそのまま常温で飲む習慣があります。そんなわけで、ビールは常温で飲んでもいいわけです。むしろ冷やすよりも、味と香りを楽しむことができます。慣れてしまえばオツであり結構おいしいとか。

アルコールのせいで、おしっこの出しすぎや汗のかきすぎで、脱水にならないように。夏の季節を楽しみましょう。

nice!(10) 
共通テーマ:健康

ピールのつまみが体力と体臭を悪化させる [夏バテ]

■ ピールのつまみが体力と体臭を悪化させる件


夏、真っ盛りな毎日が続いてます。こちら北海道でも、連日30度を超える暑さが襲ってきてる。

「 ま、暑ければ飲めばいいさ 」 

そんなわけで、連日のように、仕事終わりのビールを一層おいしく感じてます。
この時期の風物詩である大通りのビアガーデンは最高です!

さて。

そんなビアガーデンでよく見かけるメニューといえば、から揚げ、ポテトフライ、ピザ、オニオンフライ、枝豆・・・などでしょう。いかにもビールが進みそうなものズラリです。栄養バランスが良い食事とはいえませんが、こうした夏ならではのイベントも良いものです。

食べものというのは、生活の一部。
いつもいつも、対して神経質になるのは、体にマイナス(ということにしてます)。


たまのイベントで弾けて食べることは、そう深刻ではありません。それよりも問題なのは、すでに習慣になってしまっている夏の食事のルールのほう。たとえば、次のようなことが日常的になってしまっているケースです。

・暑いとアイスを食べることが増える
・清涼飲料水を飲むことが多い
・アルコールの機会も多くて「ほどほど」ができない
・汁物はほとんど摂っていない
・忙しいときは食事を後回しに
・なんでも時間が不規則になりがち
・夏バテして食事量が少なくなった。
・つい、のど越しの良い麺類がふえる


いかにも、体力が減退しそうな項目だらけですが、スタミナが減少すると同時に、“臭い”を生み出す原因となる危険も高くなります。

飲み過ぎた翌日って、自分の酒臭さが鼻につくもの。そうした経験は、一度や二度は誰にもあるかもしれません。そうなる原因は、肝臓の許容量を超えてしまって臭いのもとを分解しきれなかったことによります。

量も過剰なのですが、食べているものも拍車をかけてます。ビールが進む脂っこいおつまみも、その脂が酸化されることで臭いを強めるもととなります。

「 飲み過ぎ、食べ過ぎには注意しましょう 」

と言いたいところなんですが、このニオイが、日常的に感じる嫌な臭いになっていたら、かなり問題といえますよね?  年齢的に、加齢臭にはまだ早いとなれば、すこしはショックを受けたほうがいいかと思います。


■ 意外と知られてない乳酸の体臭


身体が疲れると筋肉に溜まってくるという「乳酸」。
この乳酸も、臭いのもとになる可能性があります。乳酸が増えるとアンモニアも多く分泌されるために、臭いを引き起こしてしまうのです。夏に汗をかくのは仕方のないのですが、乳酸を過剰分泌させない食生活を心がければ、それだけ臭いを防ぐことができます。


乳酸が過剰分泌されてしまう原因は、エネルギー代謝がスムーズに行われていないからです。
エネルギー代謝を潤滑にするために必要な栄養素として挙げられるのが、ビタミンB群やクエン酸です。

ビタミンB群といえば、代謝を上げる役割が高い栄養素。とくに、糖質からエネルギーをつくるときに必要なビタミンB1や、三大栄養素の代謝に関与するビタミンB2は、欠かせない存在といえるでしょう。

身体に入った糖質の量に対して、こうした栄養素が不足すると、エネルギーの供給が追いつかなくなって、乳酸をはじめとした疲労物質が蓄積されやすくなるのです。


疲労が溜まれば、夏バテも進みます。悪循環になるんですね。
食生活を見直すことで、体臭と夏バテを回避しましょう。


nice!(1) 
共通テーマ:健康
夏バテ ブログトップ

最近の「病気と症状」記事

  1. 健康な骨は40代までか。「骨粗鬆症..
  2. 眼が赤い病気
  3. 下痢の原因について6
  4. 下痢の原因について5
  5. 喉の違和感7(喉頭ガン)
  6. 喉の違和感6(喉だけがやたらと腫れ..
  7. 「ベジタリアン」 は健康なのか? ..
  8. 喉の違和感5(のどがふさがる感じ)
  9. 下痢の原因について4
  10. 痒みの症状について 4
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法