So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

咳や喉 ブログトップ

喉の痛みや腫れ。その治し方(2) [咳や喉]

■ 喉の痛みや腫れ。その治し方(2)

よっぽどの病気にでもかかっていな限り、喉の腫れや痛みは予防可能です。
普段の生活の中で、のどを炎症させないように気を配れば、必然的に腫れや痛みは遠のくものです。
喉の痛みにとって乾燥は大敵。とにかく喉を乾燥から守ることが基本となります。


・痛みを予防する方法は?

1 マスクをする
  空気を寄せ付けないことで、乾燥と細菌・ウィルスから喉を守ります。

2 首を温める
  ネックウォーマーなどをすることで菌を予防できます。

3 うがい
  こまめなうがいをすることで、菌を寄せ付けないようにします。

4 加湿
  部屋の加湿はとくに冬の基本。喉を乾燥から守ってインフル対策にもなります。

5 食べ物の刺激を避ける
  唐辛子などの辛い食べ物や熱い食べ物などは、喉の負担になります。なるべく食べないで。

6 禁煙
  なんといってもタバコは害。喫煙によって気道に炎症が起きやすくなるのです。
  喫煙者は禁煙するだけで喉を護りことになります。

こうしことに、普段から気をつけて喉を護る生活を送ってください。




喉の痛みや腫れの原因には、軽いものから重いものまで幅が広いものです。
「いつもの喉の痛みだ」と油断していると、思いがけない病気になっていることもあります。少しでも普段と様子が違うと感じたら、早めに病院を受診しましょう。

見逃さればちですが、免疫力が落ちても症状がでます。「若い頃は大丈夫だった」と身体を冷やすとそれが喉の痛みの原因になります。栄養をしっかりとって普段から体調管理をしっかりしておくのが大切です。

よっぽどの病気にでもかかっていな限り、喉の腫れや痛みは予防可能です。
普段の生活の中で、のどを炎症させないように気を配れば、必然的に腫れや痛みは遠のくものです。
喉の痛みにとって乾燥は大敵。とにかく喉を乾燥から守ることが基本となります。


・痛みを予防する方法は?

1 マスクをする
  空気を寄せ付けないことで、乾燥と細菌・ウィルスから喉を守ります。

2 首を温める
  ネックウォーマーなどをすることで菌を予防できます。

3 うがい
  こまめなうがいをすることで、菌を寄せ付けないようにします。

4 加湿
  部屋の加湿はとくに冬の基本。喉を乾燥から守ってインフル対策にもなります。

5 食べ物の刺激を避ける
  唐辛子などの辛い食べ物や熱い食べ物などは、喉の負担になります。なるべく食べないで。

6 禁煙
  なんといってもタバコは害。喫煙によって気道に炎症が起きやすくなるのです。
  喫煙者は禁煙するだけで喉を護りことになります。

こうしことに、普段から気をつけて喉を護る生活を送ってください。




喉の痛みや腫れの原因には、軽いものから重いものまで幅が広いものです。
「いつもの喉の痛みだ」と油断していると、思いがけない病気になっていることもあります。少しでも普段と様子が違うと感じたら、早めに病院を受診しましょう。

見逃さればちですが、免疫力が落ちても症状がでます。「若い頃は大丈夫だった」と身体を冷やすとそれが喉の痛みの原因になります。栄養をしっかりとって普段から体調管理をしっかりしておくのが大切です。

nice!(3) 
共通テーマ:健康

のどに起こる怖い異常 [咳や喉]

■ のどに起こる怖い異常


鼻とノドはは繋がってます。

鼻に起こる症状といえば、鼻みずや鼻づまり、鼻血や痛み。それに嗅覚異常などがあります。
これらのなかで、とくに注意したいのは鼻血ですね。鼻をぶつけたりノボせて出血することもおおいのですが、それ以外、血液や循環器系などの病気でも起ここともあるのです。


さて、のどに起こる症状には、痛みや声がかれるなどのほか、食べ物がのみ込みにくい「嚥下(えんげ)障害」などがあります。嚥下障害は、体調不良とおいケースもありますが、脳血管や神経、筋肉、食道などの病気の重要なサインのこともあります。


・のどに起こる異常

のどに感じる痛みの多くは、感染症。咽頭や扁桃に細菌やウイルスが感染し、炎症を起こしている時に現れるのです。痛みは、急性咽頭炎や急性扁桃炎などの主要な症状のひとつであり、かぜの場合ものどに炎症を起こしやすく、痛みを感じることもよくあります。


・のどの痛みや嚥下痛の症状と病気の関係

発熱
 急性咽頭炎、咽後膿瘍、急性扁桃炎、
 習慣性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍

呼吸困難・喘鳴・窒息
 急性喉頭蓋炎

頸部リンパ節のはれ
 難聴 >>>扁桃悪性リンパ腫
 声がれ>>>中・下咽頭がん




■ 嚥下障害

食べ物をのみ込むことを嚥下と言います。嚥下に障害がおこって食べ物がのみ込みにくくなるのが嚥下困難です。のみ込む時にむせる「誤嚥(ごえん)」などの症状が出ます。

原因となる病気はいろいろあります。なかでも多いのが、脳梗塞などの脳血管障害、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症などの神経や筋肉の病気。それに、食道がんなどの食道の病気などでも、起こります。


・嚥下障害の症状と病気

胸焼け・のどの違和感・胸痛・吐き気・逆流性食道炎
>食道裂孔ヘルニア
 
胸骨部の痛み・嘔吐
>食道モリニア症

体重減少、胸痛・背部痛、声がれ
>食道がん

いびき
>扁桃肥大

意識障害・片麻痺、感覚・言語障害・複視
>脳梗塞

四肢の筋力低下・複視・不整脈
>ギラン・バレー症候群

視力低下・しびれ感・感覚低下・手足の脱力
>多発性硬化症


■ 声がれに注意

普通に出ていた声が、かれたり、しゃがれたりすることを嗄声(させい)といいます。生まれつきかれている人はまずいません。つまり、嗄声になってきたら何らかの病気になった可能性があるので。多くの場合は、喉の病気が疑われます。とくに喉頭がんでは、この嗄声が早期発見の手がかりとなるほど重要です。声のカレに気づいたら、耳鼻咽喉科の受診をオススメします。


・声がれの症状と病気

咳・のどの異物感
>急性喉頭炎、慢性喉頭炎

嚥下困難・血痰
>喉頭がん

喘鳴
>声が出なくなる・呼吸困難
  ・・・・喉頭乳頭腫
>発熱・犬の吠え声のような咳
  ・・・・急性声門下喉頭炎

のどの違和感・発声時の違和感
>声帯ポリープ
>声帯結節

声が鼻にもれる・肩が痛い・嚥下困難
>反回神経麻痺

タグ:痛い NoDo
nice!(2) 
共通テーマ:健康

喉の痛みや腫れ。その治し方 [咳や喉]

■ 喉の痛みや腫れ。その治し方


喉に痛みがあったり腫れたりするのは、かなりの不快感です。食べ物を食べたり物を飲む時は、痛かったり抵抗があったりで、すごく飲み込みにくくなります。どんなときも常に苦痛が付きまとうせいで、集中力も鈍ります。

そこで今回は、喉の痛みや腫れの原因と治し方についてお話しますね。


・喉が痛んだり腫れる原因は?

体質にもよりますが、ちょっとしたことでも痛み腫れを起こす人がいます。また、同じ違和感でも軽いものから重症のものまで幅広く原因が分かれます。例えば、次のようなことがよくある原因です。

 風邪や飲酒、タバコなどが原因
  急性声帯炎・急性扁桃腺炎
 喉の痛み次第に声が出せなくなりやがて食事ができなくなる
  急性咽頭炎
 自己免疫疾患が発生する
  慢性甲状腺炎・橋本病
 声帯の粘膜が厚くなる
  声帯結節
 声帯付近に発生するガン
  喉部の癌(咽頭癌)


また、日常生活の最中によくある原因は、風邪とインフルエンザです。風邪やインフルエンザは、ウイルスが喉の咽頭や扁桃腺に付着して感染します。そこでウィルスが増殖し、炎症が起きるために喉に痛みや腫れが起こるのです。


■ 喉の痛みや腫れ その治し方は?

暖かい布団の中で安静にしているのが一番なのですが、風邪くらいでは仕事が休めない人も多いはず。痛みや腫れをとる方法をいくつか紹介します。


1 首を温める
 ・タートルネックを着る
 ・ネックウォーマーをする
 ・ストールやマフラーなどを首に巻く

菌は熱に敏感です。風邪をひくと熱が上がるのは、身体の防衛機能なのです。首を温める事は菌の増殖を防ぎ、喉の腫れや痛みの症状を緩和してくれます。

2 ツボをカイロで温める

『風門』は、風邪の初期症状に効果のあるツボといわれます。ここをカイロで温めることで、喉の痛みをとるのです。子供や妊婦さんにも有効な方法です。症状が軽いならこれだけで風邪が治ってしまうほど効果があります。

ツボ『風門』はどこにあるのでしょう。首を前に曲げた時に首の後ろにボコッと飛び出る骨があります。そこから指幅2本分下に下がって、さらにその下がった位置から外側に指幅二本分いったところに『風門』があります。
このツボは、左右2つあります。

3 うがい薬を直接喉に塗る

薬局や病院などで、ポピドンヨード入りのうがい薬(イソジンなど)を買ってきます。

やり方ですが、準備としてまず、割り箸などの長めの棒にコットンを巻きつけます。コットンの部分にイソジンなどを染み込ませ、それを直接喉の奥に塗ります。自分で塗る場合は鏡で喉を確認しながらのほうがいいでしょう。終わったら唾を飲み込まないで、口の中だけ軽くすすいでください。1日に2~3回行います。

4 喉によい食べ物

はちみつ、大根、生姜、ねぎなどの食べ物は、炎症を抑えたり、体を温める効果があります。喉が痛いときだけでなく、寒い冬の食事には意識して食べましょう。

5 消炎鎮痛剤を飲む

喉に限っては風邪薬でなく痛み止めを服用します。薬局などに売っているバファリンやイヴ、ロキソニンなどは痛みも鎮めなおかつ炎症を抑える効果があります。効果が高いのですが胃腸などに負担がかかるデメリットもあります。胃腸が弱い方にはおすすめできません。

nice!(7) 
共通テーマ:健康

大人に喘息が増えているワケ [咳や喉]

■ 大人に喘息が増えているワケ


前回、喘息の原因の割合が、大人と子供では異なっているというお話をしました。

大人が喘息になる原因は、子どもの頃にかかった喘息が移行したり、大人になって再発したりすることは、もちろんあります。でも、全体の60~80%の人が、20歳を超えてから発症なのです。

そのうちの半数ほどは、40代以上の中高年が占めています。

たとえば風邪をひいたとき。熱や鼻水は無くなっても咳だけが長引いてしまうことがあります。子供の場合は親が大事をとって学校を休ませたりしますが、大人はそうはいきません。日々の仕事や家事の忙しさもあって、そのまま仕事を続行してしまいます。

そもそも休みをとることさえしないでしょう。「咳が治りにくいな」とだけ感じて、病院へ行かずに、市販薬を飲み続けることが多いかもしれません。

喘息の特徴の一つに、こういうのがあります。

 ・夜間や早朝に咳き込みなどの発作がでる
 ・昼間は何の症状もなく過ごせる
 
昼間は大丈夫なので、ついそのまま放置してしまうのです。しかし、これこそが大人の喘息が増加している一因です。症状を放置し続けていると、いつのまにか喘息が悪化していたということもありえます。さらには、悪化すると発作によって死に至る場合もあります。

以下のような症状があるなら、早めの受診をしてください。

● 喘息の症状

 ・咳き込む
 ・息苦しさを感じる
 ・運動した後は息苦しくなる
 ・呼吸をするとゼーゼー、ヒューヒューという音が出る
 ・咳き込んだり息苦しくなって夜中や明け方に目を覚ます
 ・安静にしていても、突然激しく咳き込むことがある
 ・激しく咳き込むようなことがくり返し起こる


喘息の治療と対策

喘息の治療ではその原因を特定し、原因を除去することが重要です。
アレルギー検査を行い、アレルゲンが特定されればそれを除去します。たとえば、ネコがアレルゲンだと分かったら、ネコに近づかないような生活をします。

アレルゲンだけでなく、「禁煙する」「風邪に注意 」「ストレスをためない」 といった、日頃から喉の悪影響を避けるような生活が望ませしいですね。


タグ:喘息
nice!(2) 
共通テーマ:健康

子供だけじゃない 大人の喘息 [咳や喉]

■ 子供だけじゃない 大人の喘息


喘息。正式名称を「気管支喘息」といいます。

呼吸をするたび、ゼーゼー、ヒューヒューという音がしたり、激しく咳き込んだりする。それが喘息の症状です。本人もツラいでしょうが、隣にいても非常に辛く感じてしまいます。


ではなぜ、このような症状がおこるのでしょう?

口や鼻から肺にいたる空気の通り道。その一部にあるのが「気管支」です。気管支が、炎症を起こし続けてしまい、狭くなったり塞がってしまうのが喘息なのです。炎症のある気管支は、正常な状態に比べて刺激に対し非常に敏感になってます。たいしたことのないホコリやタバコの煙といった、ほんの小さな刺激にも反応します。気道が狭いために、咳が激しくなり息苦しくなるといった発作を起こしてしまいます。

子どもの喘息は、2歳前後から始まって10歳頃には自然に治まるケースが一般的。ところが大人の場合、自然治癒するのは1割以下です。子供以上に、早い段階での適切な治療が重要になるのです。


「喘息」というと、たしかに、子どもの病気のようなイメージがあります。ところが近年、大人になってから喘息を発症する人が増えていて、30年ほど前と比較すると実に3倍にも増加しています。

「 風邪薬を飲んでいるのに、咳が治まらないなぁ 」

などと思っていたら、実は喘息だったということがよくあります。し大人になってからの喘息は、子どもの喘息より治りにくいという特徴があります。気になる症状が表れたら、早めの受診が必要なのです。



■ きっかけは風邪から?

喘息患者は増加してます。約30年前には、人口の1%前後に留まっていたのですが、最近の調査ではかなりの数に登っていることがわかりました。大人でも約3倍、子どもにいたっては、約6倍にまで増加していたのです。患者総数は、じつに400万人を超えているといわれています。

その原因とされているのが、アレルゲンです。住環境の変化によってハウスダストやダニ、住宅建材に使われる化学物質などのの増加により、喘息を患いやすくなっているのです。ほかにも、工場からの排煙や車の排気ガスなどの大気汚染や風邪、たばこといった、アレルギー以外の原因もあります。


主なアレルゲン
 ・ダニ
 ・ハウスダスト
 ・花粉
 ・ペット
 ・カビ   など

アレルギー以外の喘息の原因
 ・風邪
 ・大気汚染
 ・ストレス
 ・タバコ
 ・温度や湿度の変化
 ・解熱鎮痛剤   など


喘息の原因は、大人と子供では若干異なってます。子どもの喘息では、9割がアレルギーが原因といわれます。しかし大人の場合、アレルギーの割合は6割ほどです。残残る4割は、アレルギーとは無関係で起こってるということです。

つまり、「アレルギー体質ではないから喘息にはならない」とは決して言い切れないということです。

タグ:喘息 大人
nice!(3) 
共通テーマ:健康
咳や喉 ブログトップ

最近の「病気と症状」記事

  1. 子宮筋腫ってどんな病気?
  2. 肌荒れや便秘の原因は、善玉菌の減少..
  3. 便に血が混じっているとき!
  4. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  5. 何度もできる、甘いカラダのチェック
  6. 加齢臭について
  7. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  8. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  9. ■ かかとが痛い症状と考えられる病..
  10. ダニよけ対策は住居全体で。アロマも..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法