So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

男性特有 ブログトップ

勃たたないからと諦めないで!死病の前兆ED [男性特有]

■ 勃たたないだけじゃ済まない!死病の前兆ED


EDとは「勃起不全」のこと。
元気みなぎる年代の男性のペニスが、起立しなくなる病気です。

「 ED?なにそれ。俺のは元気だよ 」

他人事のように感じている男性も多いでしょうが、推定では、日本人男性のうちなんと1100万人がEDだといわれてます。電車に乗った客をぐるりと見回したとき、10%の男性が起たないと思えば、その深刻さがわかるというものです。

男性女性、ほとんどの人にとって、表立っては話しにくいテーマでもあるED。自分もEDであると自覚していても、プライドやら気恥ずかしさが先に立って、医者にも誰にも相談できない人も多いかと思います。


EDは男性更年期の深刻な症状です。
恥ずかしがっていないで真正面から向き合うことが必要な病気なんです。

実は、脳梗塞、狭心症といった「突然死」する病の前兆でもあり、その危険信号を見逃さないことが、健康寿命を保つうえでも極めて重要であるという考えがあります。「あっちの問題だから」「年だから」と軽く考えてはいけないのです。


・複数の症状

男性更年期の影響からうつや頻尿になっている人は、EDになる可能性も高くなります。うつ、頻尿と、EDとは密接に関係しているのです。歳をとって男性ホルモン(主にテストステロン)が不足するのが、いわゆる男性更年期障害(LOH症候群)であり、さまざまな更年期症状を引き起こします。

男性更年期障害の症状のうち、深刻なうつ症状をおこす人は意外に多いですね。テストステロンの不足によって頻尿の問題がおきている人は、一緒にうつ症状を抱えている可能性が高いのです。

同じ意味で、テストステロン不足とEDは深い関係があります。うつや頻尿で悩んでいる人の多くは、EDを伴っています。逆にいうと、EDで悩んでいる人は、うつ症状やおしっこの悩みも抱えているといえます。どちらかが最初に起こったとしても、結局両方を患うことが多いのです。

ということは、うつ、ED、頻尿の問題のうち、どれかひとつでも解決すれば、あとの2つの悩みも自然に改善してしまうのでは。実際、そういったこともよくおこるようです。


・テストステロンと勃起

哺乳類のオスすべての勃起現象には、テストステロンが大きく関わっています。
勃起の仕組みをカンタンに言えば、以下のようになってます。

 性的刺激を受ける
   ↓
 一酸化窒素が作用
   ↓
 陰茎の筋肉がゆるむ
   ↓
 内部の海綿体に血液が流れ込む
   ↓
 勃起する!

この一酸化窒素を作るのに働いているのが、テストステロンなのです。


一酸化窒素は、血管の中をきれいに掃除してくれる効果をもってます。血液をよどみなく流すために必要な物質でもあるわけです。テストステロンが低下すると、十分な一酸化窒素が産生されず、血流も悪くなります。陰茎においても本来の勃起が得られなくなります。この血流の悪さこそが、EDの大きな原因です。

EDになってしまうと「もう年だから」とあきらめてしまう人も多いのですが、背後には別の病気が隠れている可能性もあるのです。たとえば、脳梗塞や心筋梗塞などといった、血流不全によって起こる病気です。

繰り返しますが、テストステロンが足りないと一酸化窒素が十分に作られません。血管はしなやかさを失って、活性酸素で血管の細胞が錆びてしまいます。その結果、血管の内壁に凸凹が生じてしまい、血液がスムーズに流れなくなるのです。

つまり、陰茎の血管が錆びついてるから起こっている可能性が高いのがEDなのです。
言い換えれば、微細な陰茎の血管に、いちはやく症状が現れたともいえます。なぜなら、陰茎の動脈の直径は細く、心臓付近の半分、脳の20%程度しかありません。全身の血管の劣化が進んだ場合、まず始めに異常を起すのが、血管径の短い陰茎と考えるが自然といえます。


より広く解釈すれば、脳梗塞や狭心症の前兆ともいえなくありません。
気づいたときに対応すれば、心筋梗塞も脳梗塞も未然に防げる可能性が高いのです。



nice!(0) 
共通テーマ:健康

男性の更年期について調べてみよう [男性特有]


■ 男性の更年期について調べてみよう!


PCやスマホでググれば、男性の更年期の情報がたくさんでてきます。
以前もお伝えしましたが、近年、男性にも女性と同じように更年期があることがわかってきています。最近では「LOH症候群」という言葉も生まれました。

LOH症候群は「日本泌尿器科学会」と「日本Men's Health医学会」が定義した言葉です。いわゆる男性更年期障害を女性の症状と区別するため、「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)」と定義し、さらに診療の手引きを作成しています。

LOH症候群の原因は、男性ホルモンであるテストステロンの低下です。男性ホルモンは通常、加齢とともに緩やかに減少していくもの。徐々に減少するならそれほど問題はないのですが、40~50代で急速に減ってくる場合、LOH症候群が出現すると考えられています。LOH症候群になる。つまりテストステロンが急激低下する原因は、ストレスや環境の変化といわれていますが、はっきりした理由は解明されていません。


テストステロンが減少するとどうなるのでしょうか?、男性の身体にさまざまな身体症状が現れます。

 ほてり、のぼせ、多汗、めまい、動悸、息切れ、頭痛
 肩こり、筋肉痛、関節痛、手足のこわばり、排尿障害、不眠などなど。

ほかにも、気力の低下、意欲の減退、イライラなどの精神症状も起こりやすく、しばしば「うつ」と間違われることがあります。さらに男性にとって深刻なのはED(勃起不全)や、性欲減退などの性機能症状がみられること。これら一連の原因がLOH症候群だということです。

40~50代の男性で、こうした症状に思い至るなら、男性更年期障害の疑いがあるのです。

LOH症候群は、女性の更年期障害とは異なって、更年期を過ぎても回復しないとされます。一定時期を通り過ぎれば落ち着きが戻る女性とはワケが違うのです。男性は、重症化する前に医療機関を受診して、適切な治療を受けることが大切ですね。

先のLOH症候群の診療の手引きの中には、「AMSスコア」が掲載されてます。これは、世界中で使用されているスコアで、自覚症状からLOH症候群をスクリーニングできるチェックシートです。そうしたものも活用して、少しでも早めに気づきいてください。

もしも、LOH症候群の疑いがあると感じた場合、何科を受診すればいいのでしょうか?

女性場合、更年期障害で悩むひとのために、女性外来とか更年期外来というのが総合病院や婦人科にあります。男性では、専門の更年期障害課はないので、「泌尿器科」へ行くことになります。

ただし、大学病院や総合病院や大きな診療所では、専門外来を開設しているところもあります。男性の更年期障害に対応してくれている病院もあるので、ネットで調べてから受診しましょう。


LOH症候群の治療は、ホルモン補充療法や漢方薬の服用が主体になります。これは、女性の更年期障害と同じです。また、普段の生活でも回復させる可能性があります。男性ホルモンに効果のある食材というのがあるのです。

・男らしさのベースになる「たんぱく質」
  卵・肉(牛/豚/鶏)・魚・牛乳・豆類

・男性ホルモン“テストステロン”値を効果的に高める
  山芋
  ネギ類(玉ネギ・ネギ・ニラ・にんにくなど)
  にんじん(パセリ・みつばなど)
  アボカド(アーモンド・抹茶など)

もちろん食事はバランスが大切です。食事のほかにも十分な睡眠、適度な運動(筋トレ)、休養(リラックス)も大切です。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

恐い「男の更年期」と男性ホルモン [男性特有]

■ 恐い「男の更年期」と男性ホルモン


男性ホルモンである「テストステロン」は、メタボや糖尿病など生活習慣病とも大きな関係があるといいました。テストステロンが不足すると、生活習慣病の発症リスクを上げ、これが男の更年期に繋がるのです

そして、影響はもちろんビジネスにも関係してきます。

集中力や記憶力とも関係するのですから、仕事力やビジネス能力といったことにも無関係ではいられません。テストステロンの不足は、やる気の低下や無気力感などをもたらします。つまりしっかりと仕事をする意識が高いほど、テストステロンがしっかり出ていることが不可欠になるわけです。経営者やビジネスパーソンにとって重要な、判断力、決断力の向上にも大きな影響を及ぼすことを考えれば、テストステロンが多いこと、イコール、「できる人」の条件なのかもしれません。

能力面ばかり強調してますが、テストステロンは、社会においてどうふるまうかといった「男の生き方」にも深くかかわります。

テストステロンの高い人は、チャレンジ精神が旺盛で、冒険など自分の世界を広げる意欲の強い人です。企業家精神や、営業での新規開拓力といったこと直結していることは容易に想像できます。また、仲間と社会との協調を大切にするとか、健全な競争心の強い人でもあります。たとえ不利益をこうむったとしても、公平性を重視するし、挽回する自信を失わないこともテストステロンのなせるワザです。

そういった意味でも、テストステロンが高いとよきリーダシップを発揮できる人が多いのです。面白いことですが、どこの会社でも、テストステロンが一番高いのは社長であることが多いようです。

では、テストステロンを仕事に活かす方法はあるでしょうか?
テストステロンが作られるのは、夜、寝ている間です。したがって、いちばん高いのは朝であり、時間とともに衰えて、夕方になればかなり減っています。重要な決断をしないのなら、テストステロンが上がって決断力・判断力が高まっている朝がベストといえるでしょう。減少している夜は、大事な決断をするのに向いていないことになります。

テストステロンは、脳内のシナプスの増加を促して、記憶力の向上に結びつくという発表もあります。そうした観点からも、朝をビジネスや学習に活用することは有効なのです。昔に比べると、朝型生活や朝活を勧めるビジネス書が多くなってます。無意識ながら、テストステロン効果を活用しているのかもしれません。

そんなテストステロンを意識して増やす方法はないのでしょうか?
睡眠の効果について触れましたが、ほかにも以下のような手段があるといわれてます。

1 適度な運動をする
    筋肉が刺激されるとテストステロンが作られる
2仲間とともに行動する
    チームスポーツなどがより効果的
3ストレスを解消する
    ストレスはテストステロンの大敵
4夜更かしをしない
    夜寝ているときに作られる
5女性と接する
    世代は関係なし初めて会う女性と話すだけでも効果あり
6学生時代の友達と会う
    ストレスフリーな利害関係のない友人関係が大切
7パワースポットに出かける
    とにかくここにくれば元気になれる場所を見つける
8海に入る
    海はテストステロンを上げる。プールではない
9「臭い話」で盛り上がる
    意外にも嗅覚の刺激は効果的
10ゲームをする
    神経伝達物質ドーパミンがテストステロンを高める。刺激が大事!


新しいことに挑戦するなど、「いまさら」なんて言わないチャレンジも必要です。刺激のないマンネリは男性の能力を衰えさせるのです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

「男の更年期」は女性より深刻らしい [男性特有]

■ 「男の更年期」は女性より深刻らしい


男性ホルモンの「テストステロン」が低下することによる「男性更年期障害」。

近年では、深刻なうつ症状の原因として注目されてきてます。女性更年期ほどには認知はされていませんが、40代以上のビジネスマンに急増する傾向があります。。

実は、「男の更年期」は女性以上に深刻という話しがあります。


よく知られている女性の更年期障害は、一般的に40代後半から50代。症状は、のぼせ、多汗、動悸、立ちくらみなどを訴える人が多いようです。また、イライラや不安感、ヤル気が出ないといった精神症状もあって、気分が左右される弊害があります。

更年期障害の真っ最中の女性にとって難儀この上ない症状ですが、女性の場合は閉経の前後5年以内の一過性のできごとと言い切れます。程度の差はあるものの、どの女性も通過する症状であり、時期がくれば必ず治まります。

しかし、男性の更年期障害は、テストステロンなど男性ホルモンの減少に伴う「病気」なんです。じっとしていてよくなることはなく、それどころか正しい対処をとらなければ、一生涯続くこともあるのです。


そんなヒドイ症状なのに女性と比べてなぜ、男性更年期はあまり知られていないのでしょう。
これは、男性の矜持に関係します。「男性ホルモン不足」という響きは、男性機能の低下に結びつけて考えられることが多くあります。そのことが「男性の隠しておきたい真情」に触れるため、更年期についての啓発を遅らせた面があると考えられてます。

男性は単純なので、「男性ホルモンの治療」といえば「精力増強!」と思い込んでいる人が多数です。うういうところからも、うつ症状と結びつけられることはまれです。そんな複数の勘違いが絡まった結果として、男性更年期についての正しい知識の普及を遅らせているようです。

たしかに、あながち間違いではありません。男性ホルモンであるテストステロンの不足は、男性機能の低下とも大きく関係しているからです。しかし、大多数の男性にとっては、さまざまな精神症状のほうがより深刻な問題といえるでしょう。


最近になって、特にビジネスマンに男性更年期障害が急増しています。その原因はどこにあるのでしょう。

一般的な見地か考えれば、競争の激化、成果主義の導入などにより、企業社会がより高ストレス化してきたことも背景にあると思われます。男性ホルモンのテストステロンは、強いストレスがある環境下の体内では作られません。ストレスにより、テストステロンが低下してしまうのです。


そんな男性更年期ですが、具体的にはどのような症状があるのでしょう。

・精神症状
  健康感の減少、不安、イライラ
  うつ、不眠、集中力の低下
  記憶力の低下、性欲の減少などなど

  40代以上の男性には、心当たりがあるかと思われます。

・身体症状
  筋力低下・筋肉痛、疲労、ほてり・発汗
  頭痛・めまい・耳鳴り、性機能低下
  頻尿、「朝立ち」の消失


テストステロンというホルモンは、メタボや糖尿病など生活習慣病とも大きな関係があります。テストステロンが不足すると、生活習慣病の発症リスクを上げるともいわれています。決して軽くない病気なのです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

恐怖。あなただけが知らない「男の更年期」とは [男性特有]

■ 恐怖。あなただけが知らない「男の更年期」とは


疲労やストレス、それにウツ。
どれも、心が思うように動かず元気が損なわれる症状です。

40歳を過ぎた男性は通常、疲労を感じた場合は上記のどれかのせいだと思い、ついで年令のせいだと決め付けます。でもじつはもっと恐い症状が原因かもしれないのです。


・「うつかな?」と思ったときに疑う病気


「最近まったくヤル気が出ない」
「気分が落ち込む」
「ちょっとしたことでイライラする」

そんな風に、仕事をする意欲がわかず、なにもかもおっくうで、「オレって、ひょっとしたらうつ?」とひとり悩んでいないでしょうか。たしかに、その推測は正しい場合も多いようです。厚労省によれば、日本の気分障害(うつ病や双極性障害を含む)の患者数は、1999年の44.1万人から、2014年には111.6万人に急増しているそうですから。

実際、一般的に社内で「うつ病」を発症する人が多くて、ビジネスパーソン全体のなんと3%もが「うつ」ともいわれています。現代においてうつ病は、ビジネスパーソンにとってきわめて身近で深刻な病気となっているのです。しかし「ヤル気が出ない」という「うつの症状」の原因が、必ずしもうつ病であるとは限りません。じつはそれ以外の病気の可能性もあるのです。

それは、男性ホルモン(テストステロン)低下による「男性更年期障害」。

近年ではこれこそが深刻なうつ症状の原因として注目されています。女性更年期のようにまだあまり認知はされていませんが、男性更年期障害が40代以上のビジネスマンに急増していってます。


・うつ病だと思い込んでしまいがち


男性更年期障害の症状には個人差があって、体調不良で寝込んだり、気分が落ち込んでうつ病と思い込んでしまうケースもあります。

うつ病患者の多くの人は、男性ホルモン「テストステロン」の不足に陥っているのに、ほとんどの医者は、その可能性すら考えません。症状が改善しないことから、大量の抗うつ薬を投与してしまい、かえって悪化させていることすらあります。抗うつ薬のなかには、テストステロンを下げるものもあるので、誤診が症状を悪化させることもあるのです。


女性ホルモンが低下する女性の更年期障害は有名ですが、男性の更年期障害も、原因は似たようなものです。

男性ホルモンのうち、主にテストステロンというホルモンも、40歳を過ぎると徐々に少なくなっていきます。あまり大きく減ってしまうと、元気がなくなって気分が落ちこんだり、イライラしたり、朝起きられなかったり、不眠になったりします。身体面でものぼせたり、汗が出たり、冷え性になったりと、さまざまな健康障害が起こります。これが「男性の更年期障害」なのです。

更年期障害というと、なんとなく「女性特有のもの」と受け取られがちですが、男性にもおこるのです。
しかもそれば、女性よりも深刻になることもあります。

nice!(8) 
共通テーマ:健康

前立腺がんの原因。かかりやすい人は誰 [男性特有]

■ 前立腺がん


前立腺(ぜんりつせん)は、男性のみに存在する生殖器です。膀胱の真下にあって、尿道を取り囲むかたちで存在しており、精嚢も隣接します。大きさはクルミほどの器官です。その前立腺にできるガンが、前立腺がん。子宮がんや子宮頸がんが、女性特有なら、前立腺がんは男性特有のがんです。

メカニズムとしては、前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失って、無秩序に自己増殖することにより発生します。ほかのがんと同様に、遺伝子の異常が原因といわれていますが、正常細胞がなぜがん化するのか、まだ十分に解明されていません。

がん細胞は、リンパ液や血液の流れで運ばれ別の場所に移動して、そこで増殖することがあります。転移といわれる現象で、前立腺がんは近くのリンパ節や骨に転移することがあります。また血液に運ばれることから、肺や肝臓などに転移することもあります。

早期に発見されれば、手術や放射線治療で治癒することが可能です。進行が比較的ゆっくりということがあるので、かなり進行した場合であっても適切に対処すれば、通常の生活を長く続けることができます。



■ 原因は?

ガン化の詳しい原因は分からないといえ、どういうことから前立腺がんになるのかは、統計的にわかっています。


まずは年令
60歳以上の男性では、年齢の増加とともに急激に患者数が増加します。ホルモンのバランスの変化が原因ではないかと考えられています。早期の発見が望ましいのですが、早期では自覚症状がほとんどありません。したがって、発見・治療するには、血液検査でPSA値をチェックするしか方法はありません。
危険年齢は50歳。この年令以上は危険水域を考えて、定期的に検診などでPSAを測定しましょう。


血縁者に前立腺がんにの人がいる
家族(とくに父または兄弟)に前立腺がんの方がいる場合は、本人も前立腺がんになる確率が高いといわれています。もしも、家族の中に前立腺がんになった方が何人もいるのなら、概ね、50歳くらいの若い時期に発症している場合は、注意が必要です。

種族の違い
人種の違いでも、がんになりやすさが変わります。血液中の男性ホルモンの濃度の違いから、黒人種、白人種、黄色人種の順で、前立腺がんにかかりやすいと言われています。これには地域差も関係します。同じ黄色人種でも、ハワイ在住の日系人では日本在住の日本人よりも前立腺がんが多いといわれてます。

しかしこれに関しては、食習慣や生活環境の影響もあると考えられますが、PSA測定をうけた人の割合も違うので、一概に断定できないかもしれません。


nice!(0) 
共通テーマ:健康
男性特有 ブログトップ

最近の「病気と症状」記事

  1. 子宮筋腫ってどんな病気?
  2. 肌荒れや便秘の原因は、善玉菌の減少..
  3. 便に血が混じっているとき!
  4. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  5. 何度もできる、甘いカラダのチェック
  6. 加齢臭について
  7. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  8. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  9. ■ かかとが痛い症状と考えられる病..
  10. ダニよけ対策は住居全体で。アロマも..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法