So-net無料ブログ作成
検索選択
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

瞬発性脳血栓症とは [身体の信号]

■ 瞬発性脳血栓症とは?


命に関わる病気は、たくさんあります。でも、「脳血栓」のように、早急な対処が必要な症状というのは、思いのほか少ないかもしれません。

ここでは、瞬発性脳血栓症についてお話しますが、その前に、普通の脳血栓について、おさらいしておきます。


・脳梗塞とは?

脳梗塞というのは、文字が示す通り、脳に栓ができてしまう症状です。脳の血管が極度に狭くなったり、何かが詰まって塞いでしまいと、脳に栄養や酸素が行渡らなくなって、脳の組織が部分的に死んでしまう。そんな病気です。脳梗塞は脳軟化症とも呼ばれます。壊死した脳細胞は溶けてしまうことから、こうした呼び名があるのです。

脳は、身体のあらゆる部分を司る司令塔。なので、脳梗塞の症状の現れ方は個々によって違ってきます。障害を受けた部分によって、身体が動かなくなったり、意識を失ったりと、その症状は様々なのです。

脳梗塞は、いきなり起こってしまうイメージがありますが、徐々に症状が進行して、脳血管性痴呆になる場合もあります。命が助かったとしても後遺症が残ることも多く、介護が必要なケースも少なくありません。命の危険があるとともに、後遺症のリスクもあるという、人生に負担を強いる病気といえます。


■ 瞬発性脳血栓症とは?


さて、上記の「脳血栓」を念頭において、「瞬発性脳血栓症」についてお話します。


人の心臓は、一年365日休ますに働き続けてます。
その回数は、一日24時間でほぼ10万回。またはそれ以上の回数鼓動します。これだけの回数、ドクンドクン言ってますので不整脈も起こります。健康者でさえ、10万回の内、数回~数十回程度の不正常はごく普通におこると言われています。

さて。心臓の構造は左右の心室と心房から成ってます。
心室の拍動信号が弱まるのがいわゆる「心室細動」で、極めて危険な状態です。
いっぽう、心房の信号が弱まるのが「心房細動」です。


心房細動は、短時間で頻度が低いならば直接的な命の危険はありません。「気分が悪いなぁ」といった感じで治まってしまうようです。

ところがこの細動に伴って、微細な血栓(血液凝固)を生じることがあります。できた血栓が、脳の微細血管内で詰まると、脳血栓症を起こします。これは脳卒中の症状であり危険な兆候です。血栓ができる原因は、心房細動だけではありません。いわゆるエコノミー症候群などもその一つです。血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。


極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって、ごく短時間に外れて回復する。
これが、瞬発性脳血栓症なのです。


この症状は、四十代前後くらいからみられるようになり、加齢と共に血管が老化することも手伝って、危険度は増していきます。血栓は大きくなるほど危険です。血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては、命取りになるし、助かったとしても後遺症を残すこともあります。

血栓が脳で詰まったものの、一瞬で血管が開通すれば「瞬発性脳血栓症」で留まります。しかし、塞がったままになると、意識がなくなります。直ちに病院へ運ばないとそのまま命が無くなる危険がありのあるのです。


瞬発性脳血栓症は、血栓症の前触れといえます。
次のような症状が出たら、脳血栓の兆候があるので、病院へいくことをオススメします。


 片方の手足がしびれる
 ろれつが回らなくなる
 文字が思うように書けない。
 物が二重に見える
 急に手の力が抜け、持っているものを落とした
 めまいがして真っ直ぐに歩くことができない
 人が話していることをよく理解することができない
 力はあるのに歩くことができなかったり、立っていることができない
 片側の目に幕がかかったようになり、一時的に物が見えにくくなる


前兆があったときでも、20分前後で症状が治まってしまうことも多いですね。おかしいと思いつつも、すぐに症状がなくなるので、気に留める人が少ないのが現状です。また脳梗塞患者のうり、70%以上は前兆なしで突然起こると言われます。いいほうに考えれば、前兆があったほうが発見が早くなり、致命傷になりにくいというメリットがあるのです。


大事に至らないために、重要なのは心房細動を防ぐことです。
そのためには、血流を良くするために普段から食べるものに気をつけましょう。

上記のような前触れがあるなら、医者にかかる必要があるのですが、そこまでいってないなら普段の生活の中で改善することが可能です。運動・食事・睡眠ですね。血液をサラサラにする食べ物やサプリメントも有効です。

nice!(3) 
共通テーマ:健康

nice! 3

最近の「病気と症状」記事

  1. 子宮筋腫ってどんな病気?
  2. 肌荒れや便秘の原因は、善玉菌の減少..
  3. 便に血が混じっているとき!
  4. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  5. 何度もできる、甘いカラダのチェック
  6. 加齢臭について
  7. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  8. かかとが痛い症状と考えられる病気 ..
  9. ■ かかとが痛い症状と考えられる病..
  10. ダニよけ対策は住居全体で。アロマも..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法