So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

完熟アロエまるごと純しぼり
前の2件 | -

亀頭包皮炎の対応 [陰茎の病気]

亀頭包皮炎の症状と原因について、数回に分けて投稿してきました。
大人も子供も関係なく、炎症になる可能性がありますが、原因については年令や生活によってかなり左右されるようです。

でも、原因はどうあれ、亀頭包皮炎にかからない・悪化させないためには、普段からの心がけが大切となります。


人間の体は、どうして普段は細菌や真菌に侵されることがないと思いますか?
その理由は細菌と真菌が均衡状態を保っているからなのです。

何らかの原因から均衡状態が崩れると、どちらかが勢力を拡大し細菌バランスの秩序が保てなくなってしまう。その秩序の乱れが、「炎症」という結果になって体に現れるのです。

 細菌が勢力を拡大
 >> 白血球や免疫が働いて細菌を攻撃

 真菌勢力が優位
 >> 白血球や免疫では殺せない

だからといって、細菌が力を持てばいいのかというわけでもないのが難しいところです。ともかく、細菌のバランスが崩れている間は炎症が止むことはありません。延々と炎症は続いてしまい、悪化の一途を辿ります。


・患部は清潔に

患部は清潔にすることが基本です。部屋の中でも、汚れている場所にはいつの間にかカビが生えていたりするものです。ペニスを不衛生な状態にすれば、細菌と真菌の均衡を壊して、菌を繁殖しやすい環境を作ることになります。日頃からペニスを清潔に保ってください。

キレイにするのは良いのですが、洗いすぎには注意が必要です。石鹸でゴシゴシ洗っても、真菌は皮膚に根をはっているので取れるものではありません。結果として細菌が消滅して真菌だけが残ってしまいます。真菌と細菌のパワーバランスが崩れてしまうと、真菌だけが増殖して真菌性亀頭包皮炎は一層悪化します。ペニスを洗う際は、お湯でサッと洗う程度にしておきます。


疑わしい場合は必ず病院へ!

真菌性亀頭包皮炎は、たいへん再発しやすい病気です。
カンジダ由来のものであるなら、条件が揃えばほんの数時間で発症します。包茎の人はとくに再発率が高いので要注意。医師の正しい治療を最後まで根気良く受けることが重要です。

症状がよくなってきたからといって薬を勝手にやめてしまったり、処方薬がなくなったから市販薬に勝手に切り替えると、症状の長期化につながります。この辺は、水虫の治療にも似てますね。

何度もいいますが、疑わしい症状が出たらすぐに病院へ行くことです。そして医師の指導のもと薬の使用を正しく行ってください。同時に、治療中は性行為を控えるように心がけましょう。パートナーへの感染を防ぐためにもくれぐれも護ることです。

タグ:病気 陰茎
nice!(11) 
共通テーマ:健康

人生楽しむ中高年は長生きである [その他の健康情報]

■ 人生楽しむ中高年は長生きである


世の中とはじつに勝手なものです。
数年前までは、超氷河期と言われた就職事情は一転。2017年春現在では、売り手市場真っ盛りとなってます。

バブル期にもあった「大学生就職ツアー」のようなものまで復活。優秀な人に限定されるのでしょうが、人で不足のいま、「優秀」の定義は引き下げざる得ない現実があります。

さて。仕事が溢れているのは良いことですが、果たして全ての人が人生を楽しめているのでしょうか。身体を大切にするのは当然のこととしても、毎日が楽しくなかれば生きている意味は半減です。健康も大切ですが、楽しい生活はさらに大切なのです。

50歳以上の人を対象にした調査があります。今年就職した人が50歳を迎えるのはまだまだ先の話ですが、実は思っているよりも地球時間というのは短いのです。あっちゅーまですよ。

話しがずれました。

その調査によると、人生を楽しんでいると答えた人は以後約7年間の死亡率が低かったことが報告されたそうです。50歳が楽しければ、57歳までの人生が保障されている……という意味ではありませんが、生活を楽しんでいるいる人ほど、長生きする傾向があるというのは、面白いですね。


■ イングランドの追跡調査

ロンドン大学の研究班が、イングランドで行われた追跡調査のデータをもとに統計解析で得られた結果を、医学誌『BMJ』に報告しました。2002年に始まった「ELSA研究」という調査で得られたデータを使ってます。ELSA研究はイングランドの50歳以上の男女を対象としているとのこと。調査開始時の対象者は11,391人。これらの人々について、健康状態や死亡についての情報が追跡調査したのです。今回の研究においては解析に適する9,365人を対象としてます。


具体的には、2002年、2004年、2006年にそれぞれ行われた聞き取り調査の結果より、「人生を楽しんでいる」という指標をまとめたものです。調査項目には下記の質問もあり、これら回答をまとめることで、各時点の回答を「人生を楽しんでいる」かそうでないかの2種類に分類したのです。

 自分がしていることを楽しんでいる
 ほかの人と一緒にいて楽しい
 どちらかといえば幸せな気持ちで人生を振り返ることができる
 最近はエネルギーが満ちていると感じる

そして、対象者のうち2013年3月までに死亡した人の数を参照することで、「人生を楽しんでいる」という回答と死亡率との関係を調べてます。

ちなみに、健康状態・運動障害・うつ症状などの影響は計算上で調整してます。病気を抱えていた場合、それが原因で楽しみが消えて寿命も縮んだ……という影響を払拭してます。


・統計解析の結果

結果はどうだったのでしょうか。

全死亡率:
 「人生を楽しんでいる」と答えた年がなかったグループに比べ……

 3回中2回で「楽しんでいる」と答えたグループ
   ハザード比0.83(95%信頼区間 0.70-0.99)
 3回とも「楽しんでいる」と答えたグループ
   ハザード比0.76(95%信頼区間 0.64-0.89)


 一度も「人生を楽しんでいる」という回答がなかった人に比べ……
  3回中2回 「人生を楽しんでいる」と答えた人の死亡率 0.83倍
  3回中3回 「人生を楽しんでいる」と答えた人の死亡率 0.76倍


「分かりにくい」というか「誤差のうちだろう?」というか、とにかくある程度の傾向がでたのです。人生を楽しんでいる人のほうが死亡率が低い、という結果になってます。

調査方法や、データ扱い方(処理のしかた)に納得しきれない部分はあります。でも、生活が楽しくなければ、不摂生の可能性は高くなりますし、病気にかかったときにも消極的な気持ちになりがちです。

健康を意識すらしない人もいますが、健康のために規則正しい生活を心がけるのは大切です。
とにかく、ほどよく「楽しむ」という心の余裕を忘れないようにしいたいですね。。


nice!(7) 
共通テーマ:健康
前の2件 | -

最近の「病気と症状」記事

  1. 亀頭包皮炎の対応
  2. 人生楽しむ中高年は長生きである
  3. 笑って食べよう有機野菜
  4. 物忘れが増えたと感じたら? 原因や..
  5. よだれと更年期の関係?
  6. 子宮頸がんワクチン副作用どころか健..
  7. 体の不調は銀歯が原因?
  8. 口周りのニキビに対する効果的なケア
  9. 尿もれや頻尿を防ぐ方法
  10. コーヒー飲みすぎはカフェイン依存の..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。