So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

コーヒー飲みすぎはカフェイン依存のリスクも [その他の健康情報]

■ コーヒー飲みすぎはカフェイン依存のリスクも


お茶やコーヒー、最近ではエナジードリンクにも含まれている「カフェイン」。

コーヒーなどを飲んでカフェインを摂取すると、ストレスが軽減したり、記憶力がアップしたりといった効果があることがわかっています。意識するしないに関わらず、眠気覚ましにコーヒーを飲む人もいますよね。

実はこのカフェインは、ドラッグと同様に強い依存性を持っているそうです。摂取し続けると健康上の問題が生じやすくなるという研究結果がでているんです。



ジョンズ・ホプキンズ大学医学部の研究者たちは、カフェイン研究雑誌で「カフェインは世界中で最も普及しているドラッグだ」という主旨の論文を掲載しました。どうやらカフェインは、これまで考えられてきたよりも中毒性が高いそうで、カフェインを摂取する習慣が一度身についてしまうと、なかなかやめられなくなるということです

この論文によれば、アメリカに住む成人のうち90%以上は、日常的にカフェインを摂取していて、1日の平均摂取量は約200mgであるとのこと。

アメリカでは、食品医薬品局(FDA)で1日あたりのカフェインの適正な摂取量を推奨しています。その上限は、400mg。アメリカ国内の一般的なコーヒーショップのMサイズコーヒーには1杯あたりおよそ300mgのカフェインが含まれています。そして、エナジードリンク缶1本のカフェイン量はおよそ160~240mgほど。
つまり、コーヒーやエナジードリンクを1日に2杯以上飲んでしまうと、摂取量の目安を軽くオーバーするんです。

論文共著者であるアメリカン大学心理学部教授は言います。

「アメリカ人の多くがカフェインの被害を受けていない一方で、カフェインを含む食料品のいくつかは健康に悪影響を及ぼす可能性があり、日常生活に支障をきたすだけでなく、カフェイン依存症になってしまいカフェインの摂取をやめられなくなるという問題があります」

カフェインを摂取し続けていると、心臓病をはじめとする心血管疾患や、女性の場合は妊娠時に合併症を引き起こすことがあると言うのです。

カフェインを過度に摂取すると中毒症状を起こすことはマウス実験でも知られてます。カフェインの中毒症状には、神経衰弱になったり、不眠症や、消化不良、頻脈、筋収縮などを引き起こしたりといった、さまざまな症状があります。

マウスの場合は実験ですので濃度は方法が特殊ですが、慢性的にカフェインを摂取しているとカフェインを一時的に絶った際にちょっとした副作用というか禁断症状を起します。

 頭痛、疲労感、眠気、憂うつ感、
 集中力低下、吐き気、むかつきなど


さらに、カフェインの摂取量目安を超えて過度にカフェインを含む食事をしている場合、カフェインの摂取量を減らすことが難しい。その結果本人には原因不明の健康問題を引き起こしやすくなるとのこと。つまり、カフェインの過剰摂取が体に悪いと知っていても、コーヒーを飲む習慣がついてしまうと、簡単にはやめられなくなってしまうというわけです。


困ったのとに、カフェイン摂取ではプラスの効果もあります。健康状態の改善や、注意力アップ、社交性の向上につながるとされます。よく考えれば、これらはコカインを摂取した際の効果に似ています。カフェインの摂取でプラスの効果が得られることにより、継続的に摂取するようになってしまうのです。

こんな危なっかしいのに、コーヒーなどカフェインを多く含む飲料が、コカインのように禁止されない理由はなぜでしょう。それは、コーヒーは社会に十分受け入れられてしまっているから。カフェイン依存が健康に悪影響を及ぼすという事実が忘れられがちであり、不眠症などの病気にかかった際、カフェインが原因だと考えることは非常にまれです。


思い当たるところあるなら、カフェインの摂取量を徐々に減らしていきましょう。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

最近の「病気と症状」記事

  1. よだれと更年期の関係?
  2. 亀頭包皮炎の対応
  3. 人生楽しむ中高年は長生きである
  4. 笑って食べよう有機野菜
  5. 物忘れが増えたと感じたら? 原因や..
  6. 子宮頸がんワクチン副作用どころか健..
  7. 体の不調は銀歯が原因?
  8. 口周りのニキビに対する効果的なケア
  9. 尿もれや頻尿を防ぐ方法
  10. コーヒー飲みすぎはカフェイン依存の..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法