So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

痛い陰部の腫れやできもの [女性特有の病気]

■ 痛い陰部の腫れやできもの


女性の陰部に痛みがはしったり、おできやしこりができたりしてませんか。痛みかたも、ずきずきしたりちくちくしたり、痛みよりもかゆかったり。場所も、奥のほうだったり、入り口のひだだったり。陰部におこった違和感を放っておくのはよくありません。

陰部(デリケートゾーン)は非常にデリケート。炎症が起こりやすくて、ときには痛みを感じることもあります。そんな、陰部に痛みを感じたときはどのような病気が疑われるのでしょうか。

陰部における痛みや症状はさまざまです。原因も思いのほか複雑にからんでいることがあります。陰部に痛みを発生させる疾患について、いくつか紹介しますね。これらの症状に疑いがあるようであれば、すぐに専門の医療機関に相談するようにしましょう。また、異常が起こっていても痛みがない症状もあります。痛みがないからと安心することはできません。



・陰部に痛みを起こす主な病気は?

外陰潰瘍(がいいんかいよう)

激しい痛みが起こって、外陰部に炎症性の潰瘍ができる病気です。性器ヘルペスや梅毒など、性行為の際に感染する疾患が原因となります。感染している菌が問題なので、何が原因で潰瘍ができてしまっているのかを調べる必要があります。痛むことが多いのですが、痛みを感じないものもあれば、かゆみや痛みを感じる場合もあります。

バルトリン腺炎

陰口の左右にあるバルトリン腺に細菌が侵入することで炎症が起こる炎症です。初期に気づくことは少なく、腫れてからの違和感や痛みをともなうようになってから気づくのがほとんどです。発熱することもあります。基本的には抗生物質の服用で治療しますが、再発することも多いという厄介さがあります。場合によっては切開する必要も。


■ 女性の外陰部と膣の構造


女性の外陰部は、3つの孔(あな)があります。 前から尿道、膣入口部、肛門ですね。大陰唇というふっくらとした皮膚の盛り上がっていて、その内側には小陰唇というひらひらした部分があります。両側の小陰唇の中央にあるのが膣入口部です。膣入口部から内側に少し入ったところには処女膜があります。処女膜はいわゆる「膜」として膣にふたをしているのではありません。実際には膣入口部をぐるっととりまく輪っか状の部分のことです。

膣とは、子宮と外陰部をつないでいる筋肉質の狭い筒状の器官。とても伸展性に優れています。長さは10センチから13センチほど。表面は粘膜に覆われており、その表面や子宮頚部から分泌される液体で常に湿った状態にあります。

・生理でも痛む

子宮が、チクチク痛んだりするという女性はかなり多いようです。生理中はもちろんですが、生理前や生理後に子宮が痛んだり、排卵時に痛むという人もいます。そんな子宮や膣、陰部の痛みは妊娠と関係あるものだったり、感染症や腫瘍によるもの、または、婦人病と無関係の虫垂炎などの疾患でもチクチクすることがあります。


・性交時

性交時に慢性的に膣が痛むとき、一番多いのが「誘発性膣前庭炎」です。成人女性の約12%の人が患っているというくらいよくある症状です。膣の入り口の前庭部と呼ばれている部分が刺激されることで痛みを感じます。

誘発性膣前庭炎の原因は主に3つ。一つは真菌感染などの炎症反応によって、前庭部に痛みを感じる痛覚神経が増加すること、二つ目は遺伝的なもの、三つめは避妊薬を長期間服用した場合などのホルモン変化です。



・陰部の痛みの対処法

とにかく気になる症状を感じたなら、専門医に相談しましょう。抗生物質や抗ウイルス薬の服用が主な治療法となり、患部に外用薬を塗ることもありますが、早め処置が完治につながります。かゆみが気になる場合でも、できるだけかかず、刺激を与えないようにしましょう。ヘルペスのような病気ではかくことで水泡が破れて、痛みが起こったり、炎症が激しくなってしまうことがあります。

・陰部の病気を予防したい

病気を防ぐために日常的に気をつけたいことがあります。それは、陰部を清潔に保つこと。毎日しっかり洗って、下着は清潔なものをつけましょう。また、疲れやストレスをためないことも大切。きちんと睡眠をとるのを心がけます。

セックスから感染することも多いので、感染を防ぐといった意味でもコンドームを使用するようにしましょう。コンドームをしていても感染するケースはありますが、リスクは大幅に減少します。

タグ:女性 痛い 陰部
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

最近の「病気と症状」記事

  1. よだれと更年期の関係?
  2. 亀頭包皮炎の対応
  3. 人生楽しむ中高年は長生きである
  4. 笑って食べよう有機野菜
  5. 物忘れが増えたと感じたら? 原因や..
  6. 子宮頸がんワクチン副作用どころか健..
  7. 体の不調は銀歯が原因?
  8. 口周りのニキビに対する効果的なケア
  9. 尿もれや頻尿を防ぐ方法
  10. コーヒー飲みすぎはカフェイン依存の..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。