So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

尿もれや頻尿を防ぐ方法 [脱水症状]

■ 尿もれや頻尿を防ぐ方法


困った尿漏れ(尿失禁ともいう)や、しょっちゅうトイレに生きなくなるひん尿。
年齢のせいものあり、完全に治すのはかなり難しいといわれます。
それでも、ちょっとしたことを気に掛けるだけで、完璧でなくとも徹底的に近いところまで防ぐことができます。

すでに病院で治療して人も多いでしょう。自力の療法もありますが、それだけでなく、そもそも膀胱(ぼうこう)を刺激しすぎない生活を送ることが大切です。


知っているかもしれませんが。尿漏れ対策はかなり生活の基本的なところで改善できます。食事や水分のとり方、服装などの生活習慣をほんの少し変えるだけでも、膀胱への刺激を減らすことができしますし、尿漏れなどが改善していく人も多いのです。


・食べ物


大切なのは食生活です。膀胱を刺激しやすい代表的な食べ物は3種類あります。

 1 トウガラシやワサビなどの辛味の強い香辛料
 2 ミカンやグレープフルーツ
 3 酢の物などの酸味が強い食品

また、チラミンというアミノ酸が含まれているチーズやチョコレート、チロシンというアミノ酸が含まれている納豆、ほかには、グルタミン酸を含むうま味調味料。こうした食品も膀胱を刺激しやすいことがわかっています。

 とはいえ、膀胱を刺激する食べ物が全部悪というわけではありません。とうぜん個人差はあるようで、ある人にとっての刺激物が、別の人の刺激物とは限りません。なので、食べてみて急に強い尿意が現れるということがないのであらば、わざわざ控える必要はありません。

 もちろん一般論として、辛い食品やしょっぱい食品は、のどが渇きます。結果として飲む水の量が増えてしまいがちなので、食べる量には気を付けましょう。


・飲み物

 飲めば出る。当たり前ですが難しく節水するのも考え物です。たしかに水分のとりすぎは禁物なのですが、減らしすぎても膀胱が刺激されるのです。

 尿漏れや頻尿のある人は、ついつい水分をとる量を減らしたがります。ガブガブ飲みすぎはよくありませんが、がっつり減らしたほうがいいわけでもありません。カラダのことなので、単純な話ではないのです。

 成人の大人体が1日に必要とする水分摂取量ですが、朝昼晩の食事のほかに1~2リットル程度といわれます。これを超えた量を取る、つまり2リットル以上飲んでしまうと、尿トラブルが起こりやすくなると考えられます。

 そこで気になるのが下限です。減らせばいいかと安易に考え、1リットル以下に制限してしまうのは大きな問題。水分をとる量が極端に少ないと、尿が濃くなります。膀胱が刺激されて、逆に、尿意が強くなる場合もあるのです。また、適正な水分量をキープしないと異常が起こります。脱水症状などで体調が悪くなったり、膀胱炎を引き起こしたりする場合もあります。

 きちんと食べていれば食事からの水分は、それなりです。気を付けたいのは、食事以外からの水分摂取。万が一、1リットルよりも少なくなっていると考えられるなら、意識して増やすよう心掛けてください。特に飲みたい気分が遠のく冬こそ注意です。


・何を飲めばいいの?

 適量の水分を摂取するとして、では、どのような飲み物を選べばいいのでしょう。
 よく言われるとおりの、コーヒーなどの中には膀胱を刺激する成分が入っています。ほかにも、飲み過ぎない方がいいものが意外とあります。

 緑茶、コーヒー、ココア、コーラなど
  カフェインが入っているために、膀胱が刺激されて尿意が起こりやすくなる

 お酒
  アルコールを飲み過ぎないことは大切。
  尿漏れや頻尿の対策には必須な処置。


 アルコールのうち、特にビールやワイン、紹興酒は、要注意。利尿作用が大きいカリウムが含まれていて水分どころか脱水につながります。

 カリウムが少ないお酒は、日本酒や焼酎、ウイスキー、ブランデーがあります。なかでも、日本酒に含まれるカリウム量は、赤ワインの約20分の1とも。だから言って20倍の量を飲むのは間違いです。こうしたアルコールを適度に飲めば、脱水の恐れがなく、楽しく酔えるということです。


 刺激物にお酒。
「尿漏れ対策」という割には、なぜか晩酌のおすすめみないた記事になってしまいました……。

 膀胱を刺激しないことは大切ですが、膀胱が縮みすぎて、貯める尿が少なくなるということもよくあります。
 その場合に有効なのが、膀胱拡張計画!

 一日中、家にこもっている日など、いつでもトイレに行ける環境にあるとき、おしっこをガマンしてみましょう。限界の限界の限界まで。トイレにいかいのです。

 尿意があっても、いつもちょろっとしか出ない人であれば、かなり有効な方法です。
 1時間でトイレに行く人は、2時間ガマンしましょう。

nice!(4) 

nice! 4

最近の「病気と症状」記事

  1. よだれと更年期の関係?
  2. 亀頭包皮炎の対応
  3. 人生楽しむ中高年は長生きである
  4. 笑って食べよう有機野菜
  5. 物忘れが増えたと感じたら? 原因や..
  6. 子宮頸がんワクチン副作用どころか健..
  7. 体の不調は銀歯が原因?
  8. 口周りのニキビに対する効果的なケア
  9. 尿もれや頻尿を防ぐ方法
  10. コーヒー飲みすぎはカフェイン依存の..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法