So-net無料ブログ作成
病気は、親よりも子供の方が気になります。症状や状態を正確に告げることの出来ない幼児小児や乳幼児赤ちゃん新生児 などの病気は深刻に受け止められがちですね。子どもに限らず病気やケガは、個人の症状がまちまち。病気の種類は多くて、状態も変わります。
ひざ・口・膝・首・子宮・喉・心臓・性・舌・目・卵巣・鼻・爪・眼・甲状腺・肩・耳・精神・背中・心・骨・唇・足・歯・腸・血液・腎臓・胃腸・肺・脳・腕・性器などなど。症状が直接原因を表しているケースなら自分で判断することもでき、専門の病院を尋ねることができます。内臓や血液ほか多くの病気では外部に現れる症状だけでは判断が難しいケースがほとんどです。総合病院などで綿密な検査を受診し、あらためて専門医を受診することが重要になります。肥満や微熱、鼻血、尿、痛み、あざ、腰痛、ほか女性独特の悩みも多いかと思います。健康を過信しないで、正しい情報を得るためにも医者に相談し診断を受け入院などの処置をとるのが望ましいでしょう。
■ よく読まれているコンテンツ

男性の下腹部の痛むとき
毛が抜ける(抜け毛)の信じられない原因
子供(男の子)のちんちんと尿
微熱
息苦しい
寝汗のタイプと改善法

よくおこる頭痛の症状と原因 偏頭痛について [頭痛 痛みと特徴]

頭痛は、誰もが起こす身近な症状です。そのため、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、ひどくなると生活に支障をきたす場合もあります。また、頭痛の背後には、命にかかわる病気が隠れていることもあります。

一言で頭痛と言っても、その原因はさまざま。原因が違えば、予防法や対処法も大きく異なります。対処を間違えれば、かえって痛みが悪化するなど、逆効果にもなりかねません。

頭痛を起こす大きな原因には、以下のものがあります。

 くも膜下出血
 脳梗塞
 季節の変わり目
 食生活が原因の頭痛
 緊張やストレス
 複合型頭痛への対処


また、突然の激しい頭痛は「症候性頭痛」と呼ばれ、重病につながる恐れもあります。
このサイトでは、とりあえず、そこまでは取り上げません。そのような急激な痛みが走った状況なら、病院へ駆け込んでいるはずですから。



「片頭痛」と「緊張型頭痛」


■ 「片頭痛」

脳の血管が拡がって痛むのが「片頭痛」。脈打つような痛みが起こり、一緒に吐き気もともないます。


原因

「片頭痛」とは、何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きる頭痛です。脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」にいたるのです。

「片頭痛」の主な原因は、ストレスからの開放です。人間は、心身のストレスから解放されると、急に血管が拡張することがあります。休みの日になんとなく頭がずきずきすることはありませんか。そうした仕事のない週末などにが起こりやすいのが「片頭痛」です。

そのほかにも、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光など。また、音からの強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。


症状

「片頭痛」は、発作性の頭痛です。ひどいときには、日常生活に支障が出ることも。こめかみから目のあたりが、ズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛むのです。左右どちらかの片側だけが痛いということが多いですが、両側が痛むこともあります。起こる直前に、肩こりが出ることもあります。

偏頭痛は、体を動かして頭の位置を変えたりすると、痛みがもっとひどくなります。頭痛以外にも、吐き気や嘔吐、下痢などの症状があります。光や音、におい、気圧や温度の変化、こうしたことに敏感になるという特徴もあります。

「片頭痛」は定期的にやってきます。1ヶ月に1~2度、多い人なら1週間に1回。周期的に頭痛を繰り返すところが厄介です。一度始まると、2~3日間は続きます。

nice!(3) 

子供の めまいと大人のめまい [子供のめまい]

■ 子供の めまいと大人のめまい


クラッとしたり、グルグルと周囲が回ったり、グラグラと揺れたり。
眩暈(めまい)というのは、なかなか厄介な症状です。

大人のめまいの場合、その原因はわりと解明されています。メニエール病などの内耳疾患か、脳の血管障害などが大半を占ているんです。ところが、子供のめまいは、大人のケースがあてはまりません。成人や高齢者とはまったく異なるんです。

子どものめまいは、近年になって増える傾向にあります。

大人と違う症状を示すのだから、それなりの専門医が必要です。にもかかわらす、それに対応した専門医師はほとんどいないのです。めまいに限ったことではありませんが、子どもの病気は、本人から得られる情報がきわめて少ないという難点があります。母親など家族を介した情報が圧倒的に多くなるため、医師にとっても自覚症状の把握にひと苦労します。


なぜ専門医が必要かというと、めまいかどうかの判定が困難だからです。

子どもが「めまいの感じ」を訴えられるようになるのは、4~5歳ごろからでしょうか。幼い子は「めまいがする」とは自ら訴えることができません。一人立ちが遅い、転びやすい、筋緊張の低下などの症状が、2~3歳ごろに出てくることで、周りの大人がやっと「なんかおかしい」と気づくものです。

それでも、症状の原因が「めまい」だとわかる親はあまりいません。

めまいは、原因となる病気がいろいろ考えられます。子どもの場合だと新生児期・乳幼児期・学童期によって、疾患も異なります。それなのに、受診をしても、頭痛や発熱などと同じように対症療法で済まされてしまうことがほとんどです。子どものめまいは 医者であっても診断が難しいといわれます。

nice!(2) 

最近の「病気と症状」記事

  1. よだれと更年期の関係?
  2. 亀頭包皮炎の対応
  3. 人生楽しむ中高年は長生きである
  4. 笑って食べよう有機野菜
  5. 物忘れが増えたと感じたら? 原因や..
  6. 子宮頸がんワクチン副作用どころか健..
  7. 体の不調は銀歯が原因?
  8. 口周りのニキビに対する効果的なケア
  9. 尿もれや頻尿を防ぐ方法
  10. コーヒー飲みすぎはカフェイン依存の..
取り上げる予定の病気と症状

大腸 病気 入院 うつ病 高齢者 病気 歯周病 口臭 肝臓 病気 皮膚 すい臓 病気 子宮 乳腺腫瘍 頭痛 目 肩こり めまい アレルギー 腰 痛 鼻血 頭痛 偏頭痛 頭痛 熱 ひざ しこり 腎臓 肝臓 カビ 病気 群発 頭痛 筋肉 子供 頭痛 甲状腺 うつ病 頭痛 因 うつ病 病気 風邪 歯周病 症状 泌尿器 病気 おなら 病気 心臓 睡眠 病気 血尿 うつ病 休職 下痢 耳鳴り 頭痛 眼精疲労 頭痛 脳梗塞 頭痛 低気圧 頭痛 脳腫瘍 頭痛 うつ病 復職 頭痛 嘔吐 膠原病 専門医 のど 頭痛 治療 耳 頭痛 うつ病 完治 下痢が続く 原因 筋肉 息苦しい 病気 治療 咳・・・ほか
キーワード:

キーワード:病気になる 病気見舞い 病気休暇 赤ちゃん一覧意味遺伝 ibsイライラ 息苦しいうつる受け入れるうつ ed栄養思い込み 解雇彼女確率恐怖症 筋肉 休業手当 臭い 苦しい 唇の腫れ 口コミ 首を振る 首 しこり くも膜下出血 検索 結婚 検査 結婚できない 経過 甲状腺 口臭 症状 種類 食事 手が震える 障害 違い 死亡率 ストレス ステージ 睡眠 セルフチェック 咳 石 宣告 生理 早期発見 存在しない 相談 ネット 体臭 体重増加 体験談 倒れる 兆候 致死率 地域性 通院 保険 疲れた 続く 爪 疲れやすい 痛風 てんかん 抵抗力 透析 統合失調症 糖質 治る なり方 なる方法 抜け毛 眠い ネットで調べる 寝る のどが渇く 呪い 働けない 流行り 励ます ハラスメント 吐き気 鼻血 一人暮らし 暇 肥満 皮膚 費用 貧血 不安 太る 併発 ヘルペス
便秘すんなり出したい方法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。